David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイバーバズがBREOを送ってきた~「ステマ」雑感

2012-05-30-Wed
少しまえのことですが、「ステマ」(ステルスマーケティング)って言葉が浮上しましたね。ちょっとブログで何か紹介記事書いて、ブログ主はポイントとか謝礼をもらったりすることがあります。簡単に言えば、ネタとして取り上げてもらった側は、ま、こういうクチコミで宣伝してもらって、ネット上で評判になるってことでに、ま、メリットがあるってわけですね。

ま、ブログ全盛期には、そんなブログがごろごろしていました。

もちろん、そういうことにはまったく関わらないブログもありましたけれど、ま、アフィリエイトなどを含めて、なんらかの形でブログで収入に得ていることは珍しくなく、なかにはステルスでなく、つまり広告なりなんなりと明示しい紹介記事を書いてるブログあったし、ステマ記事を買いてるブログもたくさんありました。

私自身もブログの一つの方針として、新しいブログの可能性の追求というか、やれそうなことをいろいろと取り組んで、それをネタに記事にするといううことをときおりやっていましたので、正直、そう多くはないと思うのですが、所謂「ステマ記事」を書いたこともあります。消してないので残っています。

検索サイトGoogleは作為的に話題を作ることで検索順位が上がることをアンフェアと考えていました。「ステマ」の手法によって、特定のページへのリンクが増え(紹介記事を書くということはリンクをはるということですからね)、そのページが検索で優位になることは以前から認めておりませんでした。広告が悪いというのではありません。

実際は金を出して広告として書いてもらってるのに、それを隠して、いわば一般の記事(書き手のあくまで自発的な動機による記事)として偽装することを問題にしていました。リンクが多いとうことは、リンク先のページの人気度が上がるとうことですので、アンフェアなわけです。「ステマ」の否定ですね。

で、こうしたアンフェアな記事を書くと書き手にペナルティが架せられます。Googleは各サイトを評価していたGoogle Page Rankingをしているのですが、このランキング値を落とされることになります。つまり、Google検索をしたときに表示される順位が下げられることになってしまうのです。所謂「食べログ」のステマ騒動は今年の3月中旬のことでしたが、わたしのブログが、Google自身が依頼した「ステマ記事」の影響で、Googleによって、Googleのページランキングを下げられたのは、2009年の2月のことでした。

→ 過去記事:「Google急上昇ブログパーツのプロモーションが……」って。(※シリーズ化すると思ってなかったのですが、これがシリーズの(1)にあたります)
→ 過去記事:「ブログパーツは外すけど記事は削除しない~Googleブログパーツ紹介問題(2)
→ 過去記事:「さっそく、PageRankが「0」に~Googleブログパーツ紹介問題(3)
→ 過去記事:「GoogleがCyberBuzzに依頼したのは2回目です~Googleブログパーツ紹介問題(4)~週別集計

この記事の元々の依頼者はGoogleでした。サイバーバズを介してブロガーにGoogleの新機能紹介の「ステマ記事」を書いてもらったのです。結果、それがGoogle自身のポリシーに反するということで、そもそも自分で頼んでおきながら、記事を書いたブログのGoogle Page Rankを下げるということになったわけなんです。

当時はブログの人気をひどく気にしていたので、納得がいきませんでしたが、その点Googleは非常に厳正でした。ダブルスタダードではありませんでした。自分のミスだからと言って、特別の配慮はありませんでした。わたしのブログも、ランクが「0」に落とされました。

当時は、いいとか悪いとかいうのは、個人の考え方によというようなムードがかなりあったのですが、この事件によって、「ステマ(の類)」はダメという概念は、この頃から次第に定着してきたと思っています。まだ「ステマ」なんて言葉は、こんなに認知されていませんでした。いや、ひょっとすると、言葉自体ができてなかったかもしれません。

多くのブロガーたちは、広告記事(紹介して謝礼をもらうという記事)は、広告やPRなどと明示しなければダメということを学んだはずです。逆に言えば、宣伝である旨、明示してあれば、ステルスではありません。問題なしというか、ただの広告ですね。

その後、時代が流れ、今ではすっかりブログが衰退してきました。わたしの私生活の問題もあって、ちょっとそのあたりをフォローできかなったのは残念ですが、Twitterに乗り換えられる部分は、手軽で短く、タイムリーなコミュニケーションという意味で、どんどんTwitterにと変化していきました。ブログの注目度も減り、ブログの記事による広告って手法があまり成り立たなくなったのかもしれません。

「ステマ」という用語も、ブログの記事ではなく、食べログのような、ユーザーの口コミで評価をしたり、ランキングしたりしているサイトの問題として騒がれるようになりましたが、要するに「自作自演」であり、一種のサクラ的手法であり、ヤラセでもあるわけです。そういう本質を理解していれば、そういう騒動になる以前から、根本的な問題ははっきりとしているのでしょうが、ユーザーを含めて、知らず知らずのうちにそうしたものに加担しているということがあるのでしょうね。

って、こんな回想を書いたのは、サイバーバズからの特別企画が届きました。【Ripre】のキャンペーンです。

2012年2月にリニューアルした口中ケア タブレット『BREO[ブレオ]』をプレゼントするから紹介記事を書いてみてというものです。

breo_img1.jpg

Ripreキャンペーンに参加中

ウザいにもほどがある、楽天ダイレクトメールを全削除する

2012-04-18-Wed
うざくないですか? 楽天のダイレクトメール。

以前から、インターネットで本などを購入するのは俄然、Amazonで、オークションはヤフオクだったんですが、先日ちょっと旅行の予約と思ったところ、けっこう直前ギリギリでも楽天が対応してくれたのをきっかけに、楽天を利用するようになりました。使ってみると、楽天はけっこう便利で時々楽天ショッピングを利用するようになってきました。

プロ野球の楽天も元気があるようです。クレジットカードの楽天カードのほか、楽天bank、楽天Edyなど、リアルな決済も、インターネット決済もおサイフケータイもほんとうに楽天の勢いを感じます。思わず、楽天を中心にして考えて、ポイントなどもまとめいけば、かなりメリットがあるのではないかと考えるようになってきたのですが、今ひとつ踏み切る気にならないのですね。

それは、楽天のサービスを使えば使うほど増えていく、ダイレクトメールです。いつの間にか、連日数十通も楽天のダイレクトメールや楽天市場関連ショップからのダイレクトメールが届くようになってしまいました。

おそらく、楽天側にメルアドの申請に関して瑕疵はないのでありましょう。すべてわたしが何かのサービスの利用の過程で、合意の上申し込んだということになっているのでしょうね。ですから、楽天様が悪いなどとは申し上げておりません。ただ、結果として連日数十通もダイレクトメールが来るようになってしまったのはウザいし、こんな面倒くさい会社と取引するのは御免被りたいと思うようになりました。

楽天には申し上げたいものです。

企業イメージをダウンしてまで、多量のダイレクトメールを送るのは、戦略的に逆に失敗では?


ま、これで楽天市場はショップを増やし、ユーザを増やしてきたのかもしれません。成功の要を容易に捨てたくはないのでしょうが、たぶん、同じように感じる人はわたしだけではないと思いますよ。ヤフー知恵袋にもたくさんの相談が届いています。

→ ヤフー知恵袋で「楽天 メール」で検索

はてなが、今ごろ始めたブログ

2011-11-23-Wed
11月7日から、はてなが新ブログを始めました。
→ はてなブログ

いくつかのブログサービスが撤退するなかで、なんとなく「今ごろ」という感じがしますが、既存の「はてなダイアリー」を設計し直して、「シンプルでモダンなブログ」を目指すということのようです。

・新しい設計:一から設計し直すことで、シンプルでモダンなブログを実現しました
・デザイン:すっきりとして使い勝手の良いデザインにこだわりました。カスタマイズも簡単に行えます
・見たまま編集:HTMLタグやはてな記法を知らなくても自由に書ける、リッチテキストエディタを用意しました。もちろん、はてな記法を使った編集も可能です
・選べるドメイン:「hatenablog.com」や「hatenadiary.com」など、複数ドメインの中から好きなドメインを設定して利用できます。またブログごとに任意のサブドメインを取得できます
・フィードバック:ブログ上部の「フィードバック」をクリックすれば、いつでも開発チームにメッセージを送ることができます

→ はてなダイアリー - はてなブログとは はてなダイアリー - はてなブログとは


ブログのブームが終わり、ユーザがtwitterやFacebookなどに流れていて、ま、ブログはもう衰退するという見方もあり、閉鎖するサービスこそあれ、新しく始めるなんてちょっとびっくりしました。

ポイントは「すっきり、シンプル」なんでしょう。これは、すでにブログでユーザーの支持を得ている、アメーバやFC2ブログのとの差別化です。そうしたものを目指した最大の目的は、スマホで書けるブログなんでしょうね。従来のブログサービス(FC2ブログを書いてきた経験で言います)、PC+ブロードバンドを前提にしたサービスだったと思います。PCとインターネットが非常に身近になって、個人ホームページ(Webページ)と掲示板の時代がその前にあったのですが、ブログサービスの使い勝手のよさが、面倒なホームページをデザインしなくても手軽に洒落た個人ページができるということで支持を得たのですね。それは、ブロードバンドの普及と並行的に進んでいったのです。

ハードとそのハードに適したサービスとういことはむしろ当然のことであって、twitterなどの流行は、スマートフォンの普及と無関係ではありません。ああ、これでブログの時代が終わる、やめて次のスタートを切ろうというのも一つの見識です。また、FC2ブログは、得意の柔軟な対応で、従来のブログに「スマホ対応テンプレート」「スマホ対応プラグイン」なんてのを付加することで適応しようとしました。これは、携帯電話(ガラケー)からのブログ作成が増加したときの対応法と同じです。当然の対応法の一つでしょう。そして、はてなのように、従来のはてなダイアリーというブログを持ちながら、スマホ時代を前に必要な機能、デザインを見つめなおし、作り直すということは、当然あっていいというか、それこそが、あるいは最大の柔軟な対応かと思いました。

だから「フィードバック」機能がついていて「「フィードバック」をクリックすれば、いつでも開発チームにメッセージを送ることができます」なんてのは素敵です。これって、FC2ブログが成功してきた最大の要因の一つだと思っていて、新しいブログサービスをユーザーの声を受け入れる形でともに育てていったというところがあります。「はてなブログ」は、ベータ版で積極的にユーザーの声を聴こうとしているのです。

スマホ時代に必要なサービスは何か? そういう視点から、すっきりといいシステムができあがることを、お祈りします。

プライベートモードではpingやRSSが停止するがTwitterで更新通知は可能~FC2ブログ

2011-10-24-Mon
Yahoo!知恵袋で、FC2ブログに関する質問について回答を書くことがたまにあります。もう、ずいぶん長いことFC2でブログをやっていて、それなりに意見も言ってきたので、FC2ブログのことならなんだって知っていると思っていたのですが、全くの思い上がりであり、たしかにそれなりに詳しかった一時期はあったものの、その後どんどん発展し、それに取り残されていたというのが実際のところです。

Yahoo!知恵袋で回答するとなると、よほど知っていることでもないかぎり、確認してから答えるようにしているので、まさに「いい勉強になる」という感じではあります。もっとも、そんなことしないで記事を書くほうがいいわけですが、なんというのでしょう、そう、時に人はしたり顔で教える立場になりたいものなのでしょう。

さて、前置きはこのくらいにして、先日、限定公開記事やプライベートモードに関する質問に答えるために、自分のブログでテストすることがありました。これというのも、わたしのFC2ブログ生活のなかで、あまり限定公開記事やプライベートモードを使ってこなかったので、もう一度確認しておく必要があったのです。もう、質問はどんなものか忘れてしまいましたが、さっさっと限定公開記事を書いて、数日間設置して元に戻すことで回答的には十分でありました。ここで、FC2ブログのプライベートモードや限定公開記事について、少し整理しておくことにします(普段使っていないと混乱してしまいますので)。

◎プライベートモードとは、ブログ全体にパスワードをかけて、そのパスワードを知っている人にだけ、ブログの閲覧を許可する機能です。
 → FC2ブログ公式マニュアル:「【ブログの設定】 アクセス制限 プライベートモード

◎一方で、限定公開記事というのは、ブログの一部の記事だけを公開の制限をして、やはりパスワードを知る人にだけ記事の閲覧を許可します。ただし、「ブロとも」(相互に信頼し合ったブログの友達)はパスワードなしでも閲覧することができます。
 → 同:「記事にパスワードを設定する

ここでいくつか体験してみてわかったことを書いておきます。マニュアルには書かれていることもありますけれど、ま、実体験を交えて書いてみます。

一つは、プライベートモードにするとRSSはどうなるかということです。そもそも限定的な相手にしか読ませたくないものなので、pingやRSS配信は一切行われなくなります。※公式マニュアルにあります。

実際わたしも、確認やその他の利便性をために、いくつか自分のRSSリーダーに自分のブログを登録しているのですが、このことを確かめることができましたが、いざプライベートモードを解除しても、一部のRSSリーダーでの受信がなくなりました。他にも同様のものがあるかもしれませんが、わたしが確かめたのは、My-Yahoo!のコンテンツとして登録するRSSリーダーです。プライベートモードの解除後もブログの更新を表示しなくなりました。数日待っても復活しませんでしたので、コンテンツの登録をしなおすと再び表示するようになりました。

次に、プライベートモードと限定公開記事との併用についてです。

意味あることかどうかはユーザしだいなんでしょうが、いちおう併用できます。ただし、両者のパスワードを同じものにしておくと意味をなしません。プライベートモードで許可している人たちのなかで、さらに一部の人にだけ一部の記事を読ませたい場合は、その記事に別のパスワードを設定しておく必要があります。これも公式マニュアルにあります。

なお、RSSやpingの配信は限定公開記事では無効になりません。ブログ全体をプライベートモードにして初めて停止する機能ですので、普通に公開モードで運営しているブログで、一部の記事だけ限定公開にしても、タイトルはRSSにて配信されます。

RREVHOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。