David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観劇:「モリー先生との火曜日」~加藤健一事務所公演

2013-06-08-Sat
いい芝居でした。

加藤健一の出ているお芝居は「木の皿」「詩人の恋」などを見てきていますが、いずれもテーマ性のある作品でわたしとしては好きなのですが、見終わったあとの爽快感というか、幸福感は、この「モリー先生との火曜日」が一番でしょう。
 → 過去記事:観劇:「木の皿」~加藤健一事務所公演
 → 過去記事:観劇:「詩人の恋」~加藤健一事務所公演
 
「木の皿」は老人問題、「詩人の恋」は戦争犯罪がテーマだったと思いますが、何か、出口がない沈鬱なムードになりがちでした。もちろん、現実の世界にはそういうことも少なくありません。そして、今回は難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)になった老人の話です。もちろん、それは深刻な話で、テーマは「死」もしくは「大切な人との永遠の別れ」ということになるでしょう。そういう意味では「悲劇的な話」の要素が強いはずなのですが、しかしながら、おそらく見終わったあと、すべての人が温かい気持ちを抱いて、生き生きと劇場をあとにしたでしょう。

この難病ALSも、先日ノーベル賞を受賞した山中教授たちの研究しているiPS細胞が、治療の道を大きく開くのではないかと期待されています。



「不治の病」ではなく、治る病気になる日も近いことでしょう。iPS細胞の研究はすばらしく、そして、多くの人を直接的に幸福にするということではあるのですが、これまた演劇は演劇で、別の意味で多くの人たちを勇気づけ、前向きにさせる、まさにそういう作品ということも言えると思いました。

moripost.png

→ 加藤健一事務所 ホームページ
→ 加藤健一事務所の「モリー先生との火曜日」の案内ページ

その他の「モリー先生」の情報はこちら。
→ Wikipedia による
→ Amazon(モリー先生) による

ちなみに、この芝居は実話を元にした二人芝居です。原作者のミッチの実体験を元にしています。原作者は当然ながら語る側で、「モリー先生」と「火曜日」をともに過ごしたわけです。主人公はモリー先生なんですが、今回の舞台では、実際の父と息子がそれを演じています。加藤健一(大学教授モリー先生役)と加藤義宗(原作者のミッチ役)は物語の上では大学の先生と学生なんですが、実際の生活では親子であり、当然ながら今まで生きてきた実際の親子としての生活があったのだろうと思います(実は、そのあたりは詳しくありませんが、舞台を見る限り、それなりに良好な親子関係の中にあったと想像します。なんというか、こういうときに引き合いに出すのはなんですが、先日お亡くなりになった三國連太郎と佐藤浩市親子みたいなことはないと思います。あくまでわたしの推測で、確認したわけではありませんけれど)。

それを知って、この舞台を見ていて一つの困惑がありました。そもそもは他人の設定のはずなのに、親子みたいだなと感じてしまうのは、配役の偶然によるものではないのかということです。それは原作者の意図なのか、それとも演出サイドというよりは、配役の妙なのかという疑問をひっかけながら見ることになったのです。それは混乱でした。正直、ここがなかなかすっきりといかなかったところです。

ところが、話も相当進んだところで、教授の方から「君を息子にしてもいいと思ったくらいだ」という言葉に触れてからは、なんだかわだかまりがすっと消えたような気がしました。親子のように感じるのは、そもそも役者が親子だったからではなくて、「教師と教え子の二人が、実の親子のように心を通わせる話」だったということです。

ああ、それは当然でした。舞台に立っているときは親子でもなんでもなくて、あくまで二人の役者なんですね。いったい、どこの誰が、「この二人は実の親子なんだ」という余分な知識を、したり顔でわたしに語ったのか、その犯人探しをしたいくらいです(笑)。知らなくっても全然困らない、少なくとも今回の観劇では、妨げになるような知識だったかなとさえ思ってしまいました。

しかし、ミッチ(義宗)はピアノがとても上手でした。実際の舞台では生演奏で聞かせてくれます。それは「詩人の恋」で加藤健一のピアノを思い出させました。親子でピアノが弾ける役者だなんて、そして息子のピアノで躍る父の素敵なダンス……。それが「良好な親子関係」とわたしが推測した、一つの大きな理由でした。

すばらしい作品です。ぜひ、劇場で御覧ください。

映画:「ひとごろし」~録画で

2013-04-06-Sat
松田優作が、臆病者の若侍双子六兵衛を演じる、山本周五郎の同名小説が原作の映画「ひとごろし」をBSの録画で見ました。


おもしろいです。全体的にコメディタッチで、こう都合良くはいくまいと思うのですが、松田優作の独特の人を食ったようなとぼけた感じがよく出ています。厳密には違うかもしれませんが、わたしは、落語を小説にしたような感じとでも言ったらどうかと思いました。

現代劇でこういう作品はありそうですが、時代劇、しもも仇討ちというか「上意討ち」でこういう趣向にしてしまうと、当時はともかく、今では観る側がそうとうげんていされてしまうような気がします。だから、最近ではこの手の作品は作られなくなったと思われ、そういう意味では、珍しい作品ということになるかもしれません。

では、ネタバレにならない程度にあらすじを少し。

主人公の六兵衛(松田優作)は、城下でも臆病で有名な若侍で、そのため本人はもちろん年ごろの妹にも縁談がありません。日頃から妹その点をチクリチクリと言われていたこともあって、六兵衛は一念発起、誰も引き受け手がないような「上意討ち」に立候補します。

相手は、丹波哲郎演じる、凄腕の武芸者仁藤昂軒です。腕はいいものの、傲慢で遠慮ない振る舞いが藩内の反感を買いトラブルに発展、火の粉を振り払っただけにしろ、謀反の人斬り事件ってな格好になってしまうのはいたしかたなく、仁藤昂軒は逃げるように旅立ちます。

その昂軒を探し出して討てというのが上意つまり藩主の命令であり、これが「上意討ち」ってわけですね。剣と槍の達人で、六兵衛が一人で立ち向かっても、100回やっても100回負けるだろうというほど、勝敗は誰が見てもわかっています。藩サイドも、殿様が「上意討ちだ」と言い出したものの、誰一人として引き受けるものはいませんでした。仁藤昂軒は武芸の腕を買われてお抱えになっていたほどの腕であり、誰であっても上意討ちを果たせるとは思われなかったからなのです。

上意討ちの命が出たものの、誰一人と適当な人材がいない。このままでは、臆病者と無能舎の集まりということで、藩のメンツは丸つぶれになってしまいます。藩内の一の臆病者の六兵衛が手を挙げても、最初は誰もとりあわなかったのですが、誰も追っ手として向かわないよりは、ダメでも行って討たれてきたほうがまだましと、六兵衛の申し出は受け入れられることになります。

映画:「おっぱいバレー」~録画で

2013-03-31-Sun
「おっぱいバレー」をBSでやってましたんで、録画して見たのですが、タイトルの割にいい映画でした。

劇場公開当時は、わたしもよく映画館に通っていた頃だと思いますが、ま、このタイトルでは、正直、チケット買えませんでした。小っ恥ずかしくて。ま、思春期の男子にとって、若い美人先生が部活の顧問になって、「勝ったらおっぱい見せてくれる」なんて約束したら、本当にもう、ぜったいにがんばちゃうと思うのですけどね。そういう意味では、どストレートなタイトルで、すべての男のハートを射抜いたというか、掴んでいると思うのですね。「いい意味で」というよりは、「おバカな感じで」なんですけど。

しかしながら、だからといってチケット買ってまで見るかというと、なかなか、おっさんはそこまで行かないと思うのですね。わたしのように、小っ恥ずかしいということもあるでしょうし、まさか、綾瀬はるかがそんなことするわけはないと、なんとなくわかってしまうではありませんか。

だから、この、非常にノスタルジックで、ほのぼのとした青春映画を、それを求めているならいざしらず、「綾瀬はるかのおっぱい」というだけで見に行くことはありませんでした。

でも、実際はけっこうヒットしたようです。

公式サイトを見ると、「このタイトルでまさかの涙! 満足度90パーセント、オススメ度95パーセント」なんて言葉がありますが、ま、その通りです。ほんとうに、このタイトルで、どストレートな、青春ほのぼの、さわやか(?)感動作です。女性にも、オススメします。


 → 公式サイト

加えて、公式サイトを見ると「このタイトルで、まさかの実話」とあります。素晴らしいですね~こんな中学生たちは、もう、うらやましいわ。わたしなど、中学生時代から、江戸川乱歩を耽読していたわけでして……。

以上、映画の感想です。内容に関する記述はほとんどありませんが、実話ですから、なんというか、極めてリアルで常識的な展開です。だから、このタイトルで、安心して見られます。それに、懐メロ青春ミュージック満載ですんで、おっさんやおばさんにはさらに楽しめます!



映画:「フィッシュストーリー」~録画で

2013-03-28-Thu
先日、ロシアの隕石落下は、実際の上空通過の映像もあって、テレビも、ネットもちょっとした騒ぎでしたね。



あんな隕石(「分解直前……直径は数mから15mと見られている」→Wikipedia)でも、通過落下時の衝撃でガラスがバリバリ割れたりして大変な被害でしたが、これが巨大隕石の落下や彗星の衝突だったりしたら大変深刻な事態になりかねません。恐竜の絶滅は、巨大隕石が落下して、地球の環境が変化したからというのが有力なのですが、どうやら、今年は彗星の当たり年(?)のようなのです。当たり年といっても、その通過を肉眼で観測できるくらい、比較的大きな彗星が地球の近くを通過するというようです。衝突するわけではないようなんで、ご安心を……。



隕石落下 → 彗星衝突 という繋がりなんですが、「巨大彗星衝突」の映画を先日BSでやってました。

伊坂幸太郎原作の「フィッシュストーリー」です。

『アヒルと鴨のコインロッカー』に続き、中村義洋監督が伊坂幸太郎の同名小説を映画化。売れないパンクバンドが作った1曲が、数年後、数十年後に生きる人々の運命をつなぎ、やがては世界の危機を救うというストーリー。バンドメンバーに伊藤淳史、高良健吾、渋川清彦らが扮し、熱いパフォーマンスを披露。斉藤和義プロデュースによる音楽も要注目。
 → 「フィッシュストーリー」ぴあ映画生活


この「世界の危機」が、まさに、巨大隕石の衝突なんです。一個人の力ではどうしようもないできごとを、一見それには無関係な、幾人かの、平凡な(?)、日本人が解決していく(することになる?)話です。そのキーアイテムが、売れないバンドの訳ありの曲「フィッシュストーリー」なのだってわけで、それが題名です。



全く予備知識なく、というのはつまり、巨大彗星衝突の話だなんてことさえ知らず、キャストさえ知らず、ま、適当にHDに予約録画をしておいて見ましたが、これがまぁ、快作でした! 巨大彗星で地球が滅亡してしまうなんてのは、どうしようなく絶望的な話なんですが、ま、そういう不可避で、絶望的な自然現象を前に、果たして、人はどうすべきなのか? どう過ごしたらいいのか、そういうことを考えることも、ま、一応はできる話でもありますし~。


 
RREVHOME NEXT

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。