David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「村山槐多の全貌」展~岡崎市美術博物館

2011-12-18-Sun
岡崎で村山槐多(かいた)の大きな展覧会をしています。

「村山槐多の全貌展」です。

ご存知でしょうか?

最近の、本をあまりよまなくなった人たちはあまり知らないかもしれないと思うのですが、なんというか、「おたく」という言葉が流行する前のおたくみたいな人たちは必ず「名前くらいは知っている」ような……とでもいうか、読書や詩や版画などを少し踏み込んでしている人たちは「名前くらいは聞いたことがある、しかし、その作品にはあんまり触れていない、いや、触れようとしてもなかなか出くわさない」というような作家(というより画家?)です。

わたしも知ったようなことを書いていますが、名前くらいしかほとんど知りませんでした。大学時代に、友人の一人が「わたしの知り合いがムラヤマカイタが好きと言っていたが、出人さんは知ってる?」と聞かれたことを思い出す程度です。その時、「ムラヤマカイタ」と聞いて、「村山槐多」の字を想起することができなかったことを思い出します。正直そのとき槐多の絵の一つも見たことはなかったと思います。ただ、当時乱歩全集を読みかじっていたので、たぶん槐多の名前はどこかにひっかかっていたはずなのですが。江戸川乱歩がどんなに槐多の「二少年図」を賞賛しようが(購入して自室に飾っていたそうです)、実際の絵をみたことがなければ、なかなか記憶にとどまらないのですね。こちらに引用のあるブログを見つけましたのでリンクします。
→ 偏在する乱歩・A‐I→乱歩が愛した村山槐多の「二少年図」 - 飾釦

たとえば、あの江戸川乱歩によってこのように愛されて語られた時、槐多の「二少年図」は伝説となります。いったい、どんな作品だろうと……。ま、今回の展示でそれが見られます。また、槐多のデスマスクも展示されています。たとえば、こういうところから槐多に近づく人も少なくなかったと思います。だって、あの江戸川乱歩ですから。

こう書くと画家という感じなんですが、小説も書いていまして、「悪魔の舌」は近代の怪奇小説の代表として、いろんな作品集に採られています。わたしもこれは読んだことがあります。今では青空文庫で読まれますね。わたしも舌は長い方で、学生時代は二枚舌を洒落て、「俺の舌は二枚分ある」などとうそぶいていたことがありますけれど、ま、ニンニクは好きで今日も食べましたけれど、人肉を食べたいと思ったことはありません(って、書くまでないですよね)。
→ 青空文庫:村山槐多 悪魔の舌 村山槐多 悪魔の舌

こんな怪奇で幻想的な小説を書いた村山槐多ですが、どっちかというと、作家の側面よりも画家としての方が有名だったようなんです。どうも、槐多を認めて世に出したのは、詩人であり彫刻家であった高村光太郎ようです。当時流行した「デカダンス」という言葉があったのですが、ま、槐多はまさに、このデカダンスを生きた芸術家だったようです。何か通じるところがあったんでしょうか。

□■□■ NOTE □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
開催場所 岡崎市美術博物館(マインドスケープ・ミュージアム)
開催期間 2011/12/03~2012/01/29(月曜日休館(祝日の場合はその翌平日)、年末年始休館有)
入場料:一般1000円、小中学生500円
※ ただし、「かいた」さんは無料招待だそうです。確認できるものが必要。詳しくは下ページを。
参照 → 槐多展特設ページ
                □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


愛知ラーメンといえばスガキヤだと信じていたんですが~台湾ラーメン

2011-11-13-Sun
スキマ記事というか、おもしろ小ネタを紹介しているExcite Bitが、名古屋の台湾ラーメンを紹介している。
 → 名古屋名物の台湾ラーメンとは(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース

記事よると、

名古屋人にとって麺といえば味噌煮込みうどん、きしめん、スガキヤラーメン、そして台湾ラーメンの4品。名古屋人はこれら食文化の存在を疑うことなく育つのだが、他県の人によれば、なぜ台湾ラーメンが名古屋名物なのか腑に落ちないらしい。中国人の友人が日本を訪れて名古屋名物を聞いてきた際も、「台湾ラーメンだね」と答えたら同じツッコミが返ってきた。

とある。
そうなんだよ。名古屋のラーメンと言えば、わたしは、絶対に「スガキヤラーメン」だと思っていた。だから、以前、もう、ほんとうにずいぶん前だが、こんな記事を書いた。

「B級」という言葉をご存じでしょうか。たぶん、だれもが聞いたことはあると思います。B級、つまり「Bクラス」。A級にはなれない、一流になれない、二流のものです。

今回のランキングオンラインの番長企画は「安くて旨いB級グルメを教えて。集まれ!B級グルメ番長」なんです。

ありますよ。愛知県には。これぞ、B級グルメの王者みたいなラーメン店が。創業60周年、押しも押されもせぬ超大型の、B級中のB級のラーメン店。なんと、スガキヤです。東海地区、関西・北陸地区、静岡地区で直営303店舗、FC5店舗の合計308店舗(平成17年4月現在)を展開する、ラーメンと甘党の超大型チェーン店です。
 → 過去記事:「「スガキヤ」~これぞ愛知らーめん(2006-02-26)」


今でこそB-1グランプリとか人気だが、今さら売り出さなくても十分に認知されてる、B級中のB級、子どもから大人まで庶民の味方である。特に、運動部の高校生にはほんとうにありがたい存在だった。だから、今でも、愛知のラーメンはスガキヤラーメンだと思ってるけれど、台湾ラーメンも認知しないといけないらしい。

わたしも、愛知県に住んでいるから「台湾ラーメン」を食べたことは、もちろんある。しかし、正直わたしには辛い。食べられないことはないが、特に注文する気にならない。台湾人はこんなラーメンが好きなのか? それはわからないが、実は、台湾ラーメンは台湾オリジナルの味ではなくて、名古屋で考案されたラーメンだというこことは、わたしも聞いたことがある。

今回の記事は、その名古屋発の「台湾ラーメン」のルーツを紹介しているものだった。


福島民報の論説記事を読んで~「福島差別問題」

2011-09-25-Sun
先日書いたこちらの記事(→「福島の花火の使用中止に思う~「にっしん夢まつり・夢花火」」)に、くまのさん(仮名)から、非公開コメントがよせられました。9月22日付けです。

当ブログでは「非公開コメントは管理人の判断で公開させていただくことがあります」というローカルルールを公開しておりまして、これを今回のくまのさん(仮名)のコメントに摘要させていただきます。なお、文章部分は完全なるコピーですが、リンク部分にはリンクが生きるように手を加えてあります。

今回の件は、同じ東北民としてこのようなことが根底にあるのかと思います。
(福島民報)http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4127&mode=0&classId=3&blockId=9889471&newsMode=article

「セシウムさん問題」の東海テレビ
「沿岸民はなぜ津波に襲われるのにそんなところに住むのかわからない」と放言した蒲郡市長
誤解による不安を「論理的に」振りまく放射線防護は専門外な中部大教授武田某
(屋内の密閉された環境でも放射性物質って付着するんでしょうか)
そして今回の日進市。

ちょっと多くありませんか?愛知県。

このコメントより

つまり、くまのさんは、福島民報の文章を踏まえて、今回の件の背景には愛知県民が歴史的に差別文化を持っていて、東北に向けて発言させたのだというご意見だと思われます。

引用中に紹介された福島民報の論説記事には、東北圏の歴史には差別はないが、京都、福岡、愛知には歴史的に差別の土壌があり、今回の原発事故後の対応について、その三地域が東北差別をしたのは歴史的必然であるとういようなご意見のようであり、その見方にはくまのさんにも共感されたようです。

正直に書きますと、愛知県民が歴史的に差別文化を持つなんて、そもそもわたしは思ってもいませんでしたので、新鮮な視点でした。賛同するとか、甘受するとかでなく、多角的な視点を知ること自体を喜ばしいことだと思っていますので。非公開コメントを選ばれたくまのさんには、ぜひ、公開でコメントしていただきたかったと思います。

で、わたしの意見ですが、この四つは別の問題だと思っています。ただし、日進市と武田教授の話は別にしなくてもいいとは思いますけど。

反論になるとは思いませんが、福島民報の記事に書かれていないことで、大村愛知県知事の瓦礫受け入れ発言が問題になったことがあります。先日(4月のことだと思います)、大村知事が宮城県などの瓦礫を年間15万トン受け入れて処理をすると発言したことがありました。やっぱり武田教授やその他の大学の先生、県民の間からは反対、疑問、不安の声が起きています。
→  【愛知】がれき受け入れに苦情殺到 「放射能ごみを持ち込むな」「農産物への風評被害が広がるじゃないか」と電話口から怒気を含んだ声:remix2ch Blog 【愛知】がれき受け入れに苦情殺到 「放射能ごみを持ち込むな」「農産物への風評被害が広がるじゃないか」と電話口から怒気を含んだ声:remix2ch Blog

これがご指摘のような差別事件かといわれると、そんなことはないと思います。別に東北地方を差別してるなんてことは全くないでしょう。本当のところ。瓦礫に放射能があるからいやなんです。東北のものでも、関東のものでも、九州のものでも、静岡のものでも、放射線に汚染されたものだから嫌だというだけのことです。それが、正しいことか、当然か、冷淡か、そういうことはわかりません。別にいじめや差別ではないと思います。独善的で、利己的という非難であれば、そういう指摘はわかりますが、東北地方だから差別してるわけではありませんよ。

武田教授の論理について、人情としてどうなのかわかりませんが、わたしは一応理解しています。武田教授だって福島県で被災された人、放射線による被害を受けた方をお気の毒だと考えていると思います。しかし、それと同時に、原発事故の原則は「止める、冷やす、閉じ込める」ということも事実なのです。3月の福島原発の連日のテレビ中継でも言われ続けていたことで、それは、別に今も変わったわけではありません。放射能で汚染された水、瓦礫は閉じ込める対象だと、武田教授は言っていると理解しています(もちろん、閉じ込めたまま外の施設で処理することが可能であれば、持ち出しも持ち込みも認めるものと思われます。いたずらな拡散はよくないという指摘ですから)。ちなみに、武田教授は愛知県の出身ではありません。現在は中部大学の教授で、その前は名古屋大学大学院の教授というのはそのとおりのようです。ただし、それ以前はほとんど愛知と関係がなく、首都圏で学ばれ、研究活動をなさっていたのだ思われます(参考→ wikipedia)。武田教授を愛知県や京都の差別の歴史と関係付けるのは、ちと無理筋かと思います。

あと、蒲郡市長の発言も問題になってますね。これね。
→ 東京新聞:「三陸に家立ってるのおかしい」 愛知・蒲郡市長:社会(TOKYO Web) 東京新聞:「三陸に家立ってるのおかしい」 愛知・蒲郡市長:社会(TOKYO Web)

一言でいうと市長としての自覚が足りません。一応陳謝しているようです。
→ 蒲郡市長:陳謝 三陸海岸に家「おかしい」発言で 愛知 - 毎日jp(毎日新聞) 蒲郡市長:陳謝 三陸海岸に家「おかしい」発言で 愛知 - 毎日jp(毎日新聞)

発言した市長自身が陳謝しているわけで、同じ県民であるというだけの理由で別段わたしが弁護する必要は感じません。ただ、東北を差別してますかね? 東北のことを語っていますが、「福島民報」の指摘する東北差別なんでしょうか。東北のことを語っているので東北を差別してるように聞こえるかもしれませんが、そんなだいそれたものではありません。

記者会見では、市側が海抜10メートルのラインを記した蒲郡市ハザードマップ改訂版を記者に配布。記者の1人が「なぜラインは10メートルなのか」に対して担当職員が答えに窮しているとき、横から口をはさむ形で「(改訂版は出したものの)蒲郡には東日本大震災のような大津波は絶対に来ない」と発言した。
 → 東愛知新聞:本日のニュース(20110907) 東愛知新聞:本日のニュース(20110907)

市長が言いたかったのは、「三陸海岸の地方には先祖伝来の大津波の言い伝えがあったが、蒲郡地区にはそういうものはないから堤防は10メートルで十分」ということで、担当職員を弁護したかっただけだろうと読みました。それを強調したくて口がすべったのが、ああいう形で騒動になったのだと思います。

3・11の大震災の直後に、石原都知事の天罰発言がありました。これも被災者を傷つける発言と問題になり、知事は撤回しました。問題があるかないかは別として、石原都知事は今回の震災を、日本に起きた大変な事態だと受け止めて、(たぶんご自身を含めて)調子をこいてた現代日本人全体に罰が当たったくらいに感じたんだと思います。石原都知事が撤回したものをわたしが自分勝手に解釈していいかどうかはわかりませんし、「罰(ばち)」「天罰」みたいな言葉は被災者に対して不適切だというのは思いますが、なんだろう、文明過信というか、暴走というか、不遜というか、傲慢というか、科学の力と金さえあれば何でもできるみたなところところが現代日本人の一面にあって、それに対する自然からの警鐘というか、継承伝播されるべき知識や技術、伝統文化に対する再評価の必要性みたいな感じ方があってのことだと思います。金原蒲郡市長の発言にも「どうして先祖の言い伝えを守らなかったのか」という、石原都知事の感覚と近いものがあるかもしれないなと思いました。

もちろん、そういうことを指摘するのに、被災者感情を考えて発言しなければならないのが政治家ですので、考えて発言してもらいたいとは思いますが、果たして、福島民報の論説記事が指摘する「東北差別」って、こういう石原知事や金原市長の発言も含めているのでしょうか?

福島の花火の使用中止に思う~「にっしん夢まつり・夢花火」

2011-09-20-Tue
なんといえばいいのだろう。 



簡単に書くと誤解があるといけないが、ま、記事を要約する形で簡単にまとめておくと、

東日本大震災の被災地復興を応援しようと福島県の花火の打ち上げを予定していた愛知県日進市の花火大会で、放射性物質を心配するクレームを受けて、実行委員会が直前に打ち上げを取りやめていた……というニュースです。

「にっしん夢まつり・夢花火」という名前で、愛知県日進市で18日の夜、約2千発の花火が打ち上げられたわけなのだけれど、福島県川俣町花火80発が打ち上げられる予定だったが、「放射能で汚染された花火を持ち込むな」「花火でまき散らすのか」といった抗議の電話やメールが20件以上寄せられ、急遽愛知県で製造された花火に差し替えられたというのですね。

福島県川俣町は国の放射線許容量を下回っているし、花火は室内で保管されるもので、まったく問題ないとして、東北地方の応援のためということもあり実施する考えだったが、直前の17日午後になって取りやめを決めたそうです。

これ、どういうことなんでしょう。非常に悲しくつらい話です。こういうことあるの何回目ですか? 送り火とか、即売会とか。こんなことを繰り返していては、誰も幸福にならないですよ。応援するつもだった人も、応援してもらえると思っていた人も……。

記事の終わりに名大の先生のコメントが載っています。

<名古屋大大学院の山沢弘実教授(環境放射能)の話>花火の放射性物質を気にして打ち上げを取りやめるのは行きすぎた反応であり、大変残念なことだ。花火は当然、食品とは切り分けて考えなければならない。こうした根拠のない考えや不安は、差別やいじめの構図につながる恐れがある。


……う~む、そうなんですか? 確かにデマという、いいかげんで根拠のない言葉が差別やいじめにつながることはあります。しかし、この場合、根拠を示して黙らせられませんか? 

武田教授のコメントです。

→ 武田邦彦 (中部大学): 日進市の花火・・・どちらが論理的か? 武田邦彦 (中部大学): 日進市の花火・・・どちらが論理的か?

武田教授が言うのはこういうことになりますね。

花火に限らず、きちんと放射線の検査をすればいいだけの話。基準を下回れば安全、基準を超えていれば使わない。その数値があれば主催者も「不安に感じることはない安全だ」と言えるし、抗議をしたお母さんたちも不安だから抗議をしたのであって、数値を出して安全だとわかれば納得するだろう。不安な人が不安だといえないようでは困る。これがもとで逆に抗議した人たちがいじめられては困る。要は、検査して、数値を示して、安全だ納得してやればいいのだと。

確かにそうですね。わたしも同感です。非難や論戦でなく、数値を示すことによって納得してもらえます。論より証拠というやつです。

川俣町は安全な地域で、花火は室内だから安全なはずと言っても、残念ながら、その「安全なはず」というのが信用できない事態になっているのですね。これは東日本大震災後の福島原発事故後の東電や政府の対応が、隠していないといいながら、なんだか信用ならないものだったからなんですね。東電や政府が、大丈夫だとか安全だと言っても、本当に大丈夫? ってことになってしまっているのです。疑心暗鬼になっているのは、あるいは愚かな考えに見えるかもしれませんが、そういう切迫した状況に追い込まれているのは、お気の毒であり、広い意味では被害者だとも言えるんですね。

国内消費に限らず、輸出でもそうなんですよ。花火なんで、同じところに保管してあった一つを抜き出して検査して、その結果を示したら、それで納得を得られると思うのですよ。出来ているのを検査して、元に戻してそれを打ち上げるってのは無理な話なのだから。

論理的に川俣町は安全地域です。そして、花火は室内保管していたものですからそもそも問題はありません。念のために、80発のうちの2発を抽出検査しましたが、数値は●●で全く問題ありません。だから打ち上げます。

と言えたら、こんなことはならなかったのです。川俣町だって、今後堂々と花火を出荷できるわけだし、そうなれば日進市の市民も本当に川俣町を応援することになったわけです。

東北が困っているから応援したい。だから、不安でも黙っていて。みんなでがんばるときに、水をさすようなことを言わないで……というのはやっぱりよくありません。

「応援イベントが抗議のために中止になった」というパターンのニュースはもうこれ以上繰り返してなりません。善意が空回りして、逆に、傷つける結果になってしまっています。結果的に、応援しようと言った側も傷ついてしまっている……、こんなバカバカしい話はない。

こんな繰り返しはやめましょう。

安全性をきちんと数値で示して、安全だからこういう協力ができるのです!

という形の応援イベントにしていこうではありませんか。

川俣町のみなさん。同じ愛知県民としてお詫びします。かえってご迷惑をかけてしまいました。しかし、応援しようとした人たちの善意も汲んであげてください。同時に、不安になって抗議や質問をした人たちの気持ちも、きっとわかっていただけると思います。その人たちだって、見えない放射能に怯えているいるという、広い意味では被害者なんです。どうぞ許してやってください。そうして、数値を示して、安全安心だというものをどんどん増やしていきましょう。どうにもならないところは、国全体でバックアップしていきましょう。


RREVHOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。