David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G1 CLIMAX 2006名古屋決戦~行ってきました!

2006-08-11-Fri
もう、昨日(10日)のことですが、愛知県体育館に「G1 CLIMAX 2006」シリーズを見に行ってきました。入りは悪かったですね。見たところ7割じゃないでしょうか。

第1試合
○P.デヴィット・裕次郎組
(1/15)
内藤哲也宇和野貴史・●平澤光秀組
平澤選手のペアが宇和野に変更になっていました。わたしは平澤選手を応援しましたが、全体的にはプリンスの動きのよさ、技のキレが目立つ試合になりました。名前もデービッドでわたしと同じでいいしね。裕次郎は成長を感じます。宇和野はアピールというかパフォーマンスが今ひとつです。平澤選手は、なんとうか、まだまだです。関節技を磨きぬいて、藤原組長のようになって欲しいと思っています。そのためには、飛びつき腕ひしぎでやられるのも、ま、いいですね。

第2試合
田口隆祐・井上亘・E.サムライ・○タイガーマスク組
(1/30)
邪道・●外道・稔・獣神T.ライガー組
8人タッグは華やかで、メキシコのルチャを彷彿とさせる空中戦もあったのですが、サムライに対してCTUサイドの遺恨があって、それを集中的にあびせかけているようでした。コーナーのマットを外して、サムライ一人を徹底的に叩きつけていました。子どももたくさん見に来ていて、ダーティにサムライを痛めつけるライガーや稔を応戦しているので、ま、わたしとしては複雑でした。田口、タイガー、稔、ライガーが目立ち、お気に入りの邪外は今ひとつでした。
g1_tigsam.jpg


第3試合
飯塚高史・○永田裕志組
(1/30)
●石井智宏・矢野通組
これだったら、わたしは矢野と永田のシングルが希望です。飯塚はお客の反応を見られませんし、石井はあいかわらずアシスト志向な感じです。石井はもっとパフォーマンスして、矢野を食うくらいのアピールをしたらおもしろくなると思うのですけどね。矢野の胴タックルの上手さはわかりましたが、もっとレスリングできるのだから見せて欲しいですね。反則させてもよし、レスリングさせてもよしという、タイガー・ジェット・シンのような選手になってほしいです。永田は他の三人よりやはり一枚も、二枚も上です。

第4試合
○曙・長州力組
(1/30)
越中詩郎・●B.S.マシン組
ボノ・タイガーってのを小耳に挟んでいたので、ちょっと期待したのですが、普通の曙でした。勝ってもダンスなし~。越中はお客へのアピールがうまく、地味なマシーンとの白黒コンビも案外いけると思いました。長州・越中・マシンの三人をコーナーポストに重ねておいて、体格からのぶちかましは、長州も虫の息だったのでしょう。結果、その一撃で3人が弱っているところをボディプレスでマシンを葬りました。もっとプロレス覚えて、身体を締めて行って欲しい。蹴り技も一つ。ストンピングでもいいけど。
g1_akebono.jpg


第5試合
G1 CLIMAX Bブロック公式リーグ戦
○天山広吉
(1/30)
●山本尚史
山本にいくらか成長の跡が見えたのはいいと思います、粘ったし、善戦しました。天山の攻めをよく耐え返していましたしね。ただ、カバーが早すぎる。技がネタ切れで抑え込みに行くって感じなんですわ。そうじゃなくて、髪の毛でも引っ張って起こして、打撃でも、投げ技でももっと続けて出して、それを天山が何度も返すような展開に組み立てないとまだまだですね。山本は全敗の勝ち点0でリーグ戦終了。その結果はトバネにしたらいい。もっとスピードを! 天山は勝ち点6で決勝T進出決定です。

第6試合
G1 CLIMAX Bブロック公式リーグ戦
○金本浩二
(1/30)
●真壁刀義
真壁はちゃんとプロレスしてました。押し気味でした。ま、金本が受けていたと言えばそうかもしれませんが、途中かなり金本はヤバかったと思います。真壁がしなくてもいいグランドでのチョーク攻撃とかして、金本を回復を待ってやっていたと思えるくらいです。ま、金本が勝った方がファンも喜ぶし、興業としても成功なのでしょう。真壁に期待するんですけどね。金本・真壁ともともに決勝Tへの進出権を残します。

第7試合
G1 CLIMAX Aブロック公式リーグ戦
○中西学
(1/30)
●ジャイアント・バーナード
すでに2敗の中西は予選敗退決定的。バーナードはまだ目が残ってますから。このカードはおもしろい。バーナードがプロレスがうまいんで、中西の良さを出せるんですね。良さをださせてもらっている曙とは大違いです。中西も安心して正直なプロレスができてよかったと思います。ま、ぜひここに吉江もいてほしかったと、ふっと思いましたけれど。
g1_nakanisi.jpg


第8試合
G1 CLIMAX Aブロック公式リーグ戦
●棚橋弘至
(1/30)
○小島聡
盛り上がりました。勝者がっぷり四つの攻防という感じですが、やはり少しウェートと経験に勝る小島が上だったということでしょうか。非常に満足できるおもしろい試合でした。小島に王者の風格があり、棚橋はまだまだ若いという感じです。
g1_tanakoji.jpg


では、8月10日終了時点での星取表です。

Aブロック棚橋中西バナライ小島勝点
棚橋
中西
バーナード
ライガー
小島


Bブロック天山永田真壁金本山本勝点
天山
永田
真壁
金本
山本


各ブロック2位までが決勝Tです。

Aブロックは小島(勝点5)が中西戦を残して決勝進出決定です。対戦者中西(勝点2)ですが小島に勝てば勝ち点4になります。すでに全試合の終了の棚橋も勝ち点4です。この勝ち点4は現時点ではまだ可能性が残ります。問題はバーナード(勝点3)がライガー(勝点2)戦です。バーナードが勝つと勝ち点5となり単独2位で決勝行き。ライガーが勝ちもしくは引き分けると勝ち点4が2位のラインになります。その場合、棚橋、ライガー(引き分けだとバーナード)、(小島に勝てば)中西が同点2位になる可能性があります。

また、Bブロックは天山が1試合(真壁戦)を残し、早くも勝ち点6で決勝進出決定です。逆に山本は0点で全試合終了。2人めの決勝進出者ですが、永田が現在勝ち点3で金本戦(勝点4)を残します。金本が勝てば金本勝ち点6で決勝決定です。それ以外のケースは勝ち点5を巡る争いになりますね。永田が勝てば勝ち点5で、真壁(勝点3)の結果次第です。また、引き分けでも金本は勝ち点5になり権利を残します。真壁は天山戦です。天山を倒せば勝ち点5になります。

→ 新日本プロレス 試合結果

にほんブログ村 格闘技ブログへ

COMMENT



天の山を越えれらるか?

2006-08-16-Wed-11:50
 おひさしぶりでございます。
 天気予報でふと見ると、愛知は凄まじく暑いですね。
 私の住むところも、連日30℃前後になっています。

 G1、テンコジ対決で天山が優勝でしたね。
 この4年間で3回の優勝。世代抗争、他団体選手の迎撃などといったプロレスらしい話題で、猪木路線に振り回され続けた新日本プロレスの中のプロレスの最後の牙城「G1クライマックス」の主人公として、プロレスを守っている形にはなりますよね。

 ただ、例年、この時期を過ぎると急失速してどこに行ったのか分からない状態になっちゃうんですよ・・・天山、今度は棚橋・中邑の壁になれるかなぁ・・・ああ、そういえば棚橋がIWGPの王者でしたね・・・

 私の大好きな中西は・・・ああ・・・。

☆フクフク丸さん

2006-08-17-Thu-03:51
お元気ですか。

今でもそうしているかどうかしりませんが、気象データの気温ってのは百草箱というのでしたかしらん、あの白い小さな木の箱の中の温度を観測するんですよね。

実際、炎天下の路上の温度はもっと高かろうと思います。わたしはどうしても午前中に道場にいくのですが、少年がたびたび軽度熱中症状でダウンしています。そういえば、天山も、以前そうでした。あれは、小島戦だったのかな。

中西は、一時期よりいいと思います。バーナードみたいにプロレスのできる外人とやってるのがいちばんいい。中西。そういう意味では、曙とかわらない……。

ま、また、蝶野が出てくるらしいんで、新日本はぐちゃぐちゃでしょう~。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/990-e9321509

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

[結果]8/10(木)新日G1、Aブロック小島聡、Bブロック天山広吉が決勝リーグ進出決定!

小島聡「棚橋は実際に肌を合わせてみて、さすが新日トップレスラーだと実感した。ちょうど俺の半分くらいのキャリアなので、棚橋ならもっと凄いトップになれるんじゃないかと思う」棚橋弘至「悔しいし情けない…。ただ、自分がこういう結果を招いたなら、自分で切り開いて行
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。