David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「スパイ・バウンド」~DVDで

2006-08-06-Sun
スパイの映画です。
スパイ・バウンド
スパイ・バウンド
posted with amazlet on 06.08.06
ポニーキャニオン (2005/06/24)
売り上げランキング: 1,973
おすすめ度の平均: 3.6
3 あぁ、やっぱり・・・
3 退屈しませんでした
5 意外な掘り出し物!おもしろかった。

DVDの特報中のヴァンサン・カッセルのインタビューによると「映画の中のスパイ」ではなくて、「ほんとうのスパイ」の映画ということになるんでしょうか。連想して思い出すのは、テロリストの映画なんですが「ミュンヘン」ですね。
ミュンヘン スペシャル・エディション
角川エンタテインメント (2006/08/18)

どちらも実話を元にしている点と、その主人公が生活(家庭)と任務の遂行のはざまで苦悩する点です。仕事と家庭とで悩むのは、実はスパイやテロリストだけでなくて、多くの職業がそうかもしれないと思うのですが、自分の仕事や任務について、きちんと家族に知らせることができないという点が、家庭生活の土台の部分で大きな影響を与えるのですけどね。その点、現在上映中のトム・クルーズの「M:i:III」にも共通しています。「いかにしたらスパイのまんま円満な家庭を作るか」という、まさに究極の不可能な課題が設定してあるとも言えるわけなんでしょうが。

ただテーマは同じといっても、ま、実際は映画のようにうまくいきません。そこもまた、映画の中のスパイと実際のスパイが違う点なんですね。

展開も「M:i:III」のような激しい撃ち合いのシーンはありません。ド派手で大音響のアクションシーンもありません。暴力的な拷問もありません。もっと静かに格闘シーンがあり、もっと静かに銃で人が撃たれ、もっと静かに薬殺され、もっと静かに爆破で船が沈んでいきます。もちろん、それなりの音はしますよ。カースタントを使って実際のスイスの高速道路で撮影したシーンもあります。しかし、「M:i:III」には比べものになりません。こういうリアルさが、ものたらないといえばそうなんですが、いいと言えばいいんです。わたしは、いいと思いました。

実話が元になっているという点については、1985年に起きた「虹の戦士号爆破事件」の実行犯である女スパイ、ドミニク・プリウールの証言を基にして作られているということです。実際彼女も普通の生活を切望する女性諜報員の葛藤に苦悩したということなのでありましょう。

出演は「マレーナ」「パッション」のモニカ・ベルッチと「ドーベルマン」「クリムゾン・リバー」のヴァンサン・カッセルです。

関連ページ→シネマオンライン:「スパイバウンド ブロダクションノート」

にほんブログ村 映画ブログへ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/979-a1a78a7a

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。