David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしの誕生日~別に今日じゃないけど。

2006-08-04-Fri
わたしの誕生日は学生時代にはけっこう重要な日でした。そしてそれは、昭和から平成になるにしたがって、がらりと意味が違ってくる、そんな日だったのです……って、ちょっと、大げさですが、わたしの誕生日は冬休み最後の日だったのです。その日で冬休みが終わって、明日から三学期……そういう日でしたね。

ところがある年から事情が変わりました。三学期最初の日、つまり、三学期の始業式の日になったのです。これはちょっと微妙でしょう。学生にとって、自分の誕生日が休みであるか、学校があるかというのは微妙に違うような気がします。どっちがいいかは、人それぞれなんでしょうけど。

ま、少なくとも、わたしはずっと休みだったんで、
「今日、ボクの誕生日なんだよ~」
ってクラスメイトに言って、
「おめでと~」
って自然に言ってもらうってなチャンスがなかったんですね。


それがある年からはそうではなくなったんです。いつか? ほんとうに若い人は知らないでしょうけれど、平成になってから変わったのです

昭和の時代は一般的に冬休みが1月7日までで、3学期が1月8日からだったんです(雪国をのぞく)。ところが平成になってからは、冬休みが1月6日までで、3学期が1月7日からになりました(もっとも、もうそんなものを気にする年ではなくなって、とっくに学生ではなくなっていたのですが、なんか自分の誕生日だけに妙に印象的なのですね)。

もう、平成も18年になると、昭和は何年まであって、何日まであったのか?ってなことが、体験してないのでわからないって人も随分いますよね。昭和は64年までありました。昭和64年の1月7日に、先の天皇の崩御されて、翌日(1月8日)から平成だったのです。

だから、わたしの誕生日は毎年冬休み最後の日でもあったのですが、昭和最後の日でもあったのです。

じゃ、どうして平成になったらそうなったのか。それは、今の天皇の誕生日が12月23日だったからです。それまで、12月24日に2学期の終業式をして、25日から冬休みだったのですが、23日を天皇誕生日が旗日になると、毎年24日に終業式のためだけに出てくることになるんで、そんならいっそのこと24日からを冬休みしてしまって、その分1日早く3学期を開始すればいいだろうって、ま、お役人が考えたのですね。ある意味正しい配慮です。

ただ、おかげでわたしの誕生日は、それまでの冬休み最後の日から、3学期最初の日へと明暗別れることとなったのです。それが昭和から平成へと変わる事情でそうなって、なんとその日が偶然にも、昭和最後の日だっただけに、なんとなく印象的なのですね。

そういえば、昭和天皇の靖国神社の合祀に関するして、私的な述懐を側近がメモしていたものが発表されて話題になっています。確かにそれは本音かもしれません。しかしながら、その私的な本音よりも、それを生前公表しなかった、発言しなかったという昭和天皇の判断、意志を尊重せねばいけないと思うのですね。側近にボソリと言ったことを、側近がメモしたのはいいとして、それを公表してしまっては、昭和天皇の判断、意志を裏切ることになる。なんらかの配慮をし、考えがあって公開しないでいた、その配慮をだいなしにしてしまうことなのですね。

靖国の合祀についての昭和天皇のスタンスを考えるとき、(たまたま発見された)私的な述懐のメモを重視するのか、公式にはノーコメントで通した(ということですよね)を重視するのか、どちらでなければならないか、微妙なところです。

もうじき原爆忌です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Glim.「わたしの誕生日w」にトラバしています。

COMMENT



昭和と平成

2006-08-04-Fri-23:12
なんか読んでいて羨ましいと言うか、一つの時代が終わると同時にそれが自分にも影響すると言うのは、誰にでも体験出来る事じゃないですからね。
私にとっては、夏休みが無くならない限り無理ですけど(笑)
自分にとっては昭和の方が長く生きている為か、未だに平成になじめない部分が有りますね。
確か平成になってから、自分の生年月日を西暦で数えるようになりました。
自分らの世代は、どうしても昭和で数えてしまうらしいので、未だに「今年って昭和で言えば何年?」って言う友人がいます。(マジ
まぁ~天皇の事では、同じ様な意見を持ってますね。
昭和天皇自身が理由をハッキリ言わなかった事にはそれなりの考えが合っての事であり、それを理由に参拝を反対すると言うのも違うような気がします。
激動の時代を生きた人から見れば、そう簡単に結論が出る話では無いですし。
って、ちょっと真面目な話になりましたが、それぞれの人に同じ数だけの誕生日の形が有るって事でしょうね。
楽しい思いでの日の人もいれば、思い出したくもない人も居る。
そんな節目的な意味合いを誕生日と言うのは持つのかも知れません。

☆有希之武さん

2006-08-04-Fri-23:35
もう、昭和に未練ありまくりです(笑)。もちろんわたしも、昭和の方が長いんですけどね、いろいろなことから、昭和に愛着がありますよ。

 夏蝉や昭和も遠くなりにけり   出人


コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/975-35056c5d

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。