David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TagClick使用感~過去記事だっておもしろい

2006-07-16-Sun
FC2ブログのことでなくて、メニュー部分に表示しているTagClickのこと。

6月中旬にを導入して、新記事はもちろん登録しているし、過去記事もそれなりに登録を続けてきて、現在130本を超える記事を登録した。この「導入」の記事番号が#879(削除記事や未公開設定記事を含む通し番号)、今この記事の番号は937なので、約60本の新記事と約70本の過去記事を登録してきたことになる。

過去記事の登録にあたっては、検索などでヒットしてきたものを優先している。わたしが読みなおして、自画自賛だが、なかなかおもしろいと思うものもある。また、需要があるもののほうがいいということも言えるのだ。まだまだ全記事の2割にも及ばないが、わたしは大まじめに全記事を登録したいと思っている。

タグとは何かとういことを、使い始めたわたしはまだよく理解していないかもしれない。わたしは「登録キーワード検索」なのだと理解している。文献データーベースの技術で、論文や書籍などのデータベースを作るときに、それぞれのキーワードを登録しておいてそれでピックアップすることがあるが、まさにそうした使い方をしている。

必ずしも記事をカテゴリー分けをするものではない。たとえば「名古屋場所の事件史に見る、猛暑と力士の心理状態に関わる考察」とういような記事を書いたときに、この記事が「大相撲」に関わるものか、「スポーツゴシップ」に関わるものか、「気象」に関するものか、「生理学」に関するものか、書き手の立場や心づもりは一つかもしれない。スポ芸系ゴシップの観点で書いているか、学術的な観点で書いているか大きな違いだ。

しかし当然だが、読み手はそうではない。いくら、わたしは気象と精神状態という観点で研究していると書き手が言おうが、読み手もまた真剣にゴシップの記事を書きたいために、真剣にその文章を読むことだってあるわけである。そこに、書き手の想定しているカテゴリーと、読み手の需要との食い違いが生じる。それは今さらごとで、どこにでも起きる極めて当然の現象だ。

一方でネットの全文検索(というかかな)は、技術革新がもたらしたすばらしい検索技術だが、実際、ちょっとした例示やたとえで引用した言葉までもヒットさせてしまう。たとえば「『大相撲名古屋場所の事件史に見る、猛暑と力士の心理状態に関わる考察』という論文を書いたとき」と、一例で書いた論文のタイトルがある。その実態はどこにもないのに「名古屋場所 事件 猛暑」という組み合わせでヒットさせてしまいかねないのだ。

それを「登録キーワード」は回避できる。登録者がキーワードにしなければいいのだ。もちろんここにもまた新たなスパムの心配がついてまわるのだが--。TagClickがそうしたことを想定しているかどうかは、まだ始まったばかりのサービスであり、わたしも使い出して間もないのでよくわからない。

現在わたしの登録記事は約130本、タグは200個以上。そのうちの40個をタグパネルに表示してある。--TagClickのメニューで提供されたタグ50個表示のスクリプトを、40個表示に勝手に直して貼り付けてある。こうすることによって、表示は10個減るのだが、以前問題だった「枠をはみ出す」ということは回避できているように思う。とりあえず、「はみ出し問題」はこれで解決。

そこで、使用感として次の2点をTagClickにメールしておいた。

1)登録時、過去のタグが見つけにくい。
タグが増えてくると過去タグが100を超えてきてみつけにくい。50音順表示かJIS番号順表示など、一定のルールで表示してほしい。

2)来訪者にも全タグ一覧を見せたい。
ユーザーがジャンル分けなどの加工可能なぺージで、アレンジすることによって、ブログ来訪者が閲覧するページができないか?


これが実現するとかなり楽になる。そして、それが実現したら、「自ブログ内外における、タグを組み合わせによる検索」を今後の可能性として要望してみたいと思ってはいる。そもそもそういうものではないのかもしれないし、すでにそういう想定で動いているのかもしれないけれど……。

ブログランキング


Glim:「FC2版ワード検索考」にトラバしました。

COMMENT



自分辞書

2006-07-16-Sun-10:31
どうも初めてのコメントかも知れない(^^;
実はタグクリックの事は、ほとんど知らないですが、多くの人が自分で登録した自分辞書みたいな物を造り、それをリンク出来たらお互いに利用され便利だと思いますね。
私が考えたデータベースも登録した記事が相互にリンクし合い利用される事で埋もれてしまいがちな過去記事が役立つんじゃ無いかと思ってあの記事を書きました。

まぁ~既存のサービスを使いながら実現と言うのも今の状況ではベストなのかも知れませんね。

2006-07-16-Sun-13:41
いいかもしれませんね~自分にも来て下さる方にも!
私はカテゴリーを三つにしてるので最近三つからツリー式に小分け出来たらと思ったりもしてるので・・・
千代大海や名古屋場所と、固有名詞も入ってるって事は随時変更可能なんですね!?(^^;ゞ

☆有希之武さん

2006-07-16-Sun-14:55
どうも、召喚したようで恐縮です。

FC2ブログもタグ機能実現すると思うんですけどね、ま、一朝一夕にはいかないのでしょう。モノマネでなく工夫を懲らそうとすればなおさらです。

☆ノエルさん

2006-07-16-Sun-23:57
ノエルさん。そうですユーザーが、自由なタグを記事にんどんつけていきます。これは、TagClickのユーザーぺージでするのですね。

たとえば、大相撲の取組結果の記事を書くとしますね。わたしがよくやってるような。そして、その記事のタグとして、こんな言葉を登録しておきます。
「大相撲 名古屋場所 朝青龍 露鵬 把瑠都」
すると、これだけがタグとして登録されます。次の日には、
「大相撲 名古屋場所 朝青龍 露鵬 把瑠都 栃東」
次の日は
「大相撲 名古屋場所 朝青龍 栃東 白鵬 千代大海 把瑠都」
という具合になります。
「大相撲 露鵬 暴行事件 出場停止」
「サッカー ジダン 暴行事件」

すると登録したこの5つの記事のタグができてくるのです。4本の記事のうち出てきた「大相撲」と「名古屋場所」は、メニューでは大きな文字で表示されます。次に多かった「朝青龍」や「露鵬」などは、その次のおおきさのフォントで表されています。そして、そのタグたとえば「露鵬」をクリックすると、「露鵬」というタグのついた記事の一覧が出るわけですよね。

だから、対戦結果をタグにすることもできます。
「大相撲 春場所 白鵬×魁皇 千代大海×雅山」
「大相撲 夏場所 白鵬×魁皇 千代大海×稀勢の里」
「大相撲 名古屋場所 千代大海×稀勢の里 白鵬×雅山」
おわかりでしょうが、こういう具合にタグをつけてやると、「対戦成績データベース」みたいなことができちゃうんですね。

タグとどういうふうにつけるかで、後の展開が変わってきます。後で直せます。今、わたしも試行錯誤です。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/937-cefac81c

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

日曜日でも点滴・・・

なぜか開いてます・・・。普通の町医者のはずなのに、検診もしてるし・・・そんなもんかなぁ・・?夕べは出かけてて、朝帰りだったから寝てないんです。。一晩中堕ちてたみたいで、身体がすごくきついし・・・。それでも、決死の覚悟で車を動かして病院へ....
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。