David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラ川の締め切り後に公表したかったのでは?

2006-06-24-Sat
やってくれるじゃないか、第一生命。なんだかよくわからないんだけれど、このニュース。

第一生命保険(本社・東京)が取り扱う生命保険や年金保険で、保険契約者への配当金の一部に支払い不足があり、84~05年度の22年間で約4万7000件、計約1億1570万円にのぼることが24日、分かった。うち約4万5000件、約9200万円は04年2月に社内調査で判明していたが、「契約者への返還作業を優先する」として公表していなかった。
      毎日新聞:「第一生命:配当金支払い不足4万7000件 公表せず」

ええと、そもそも配当金はきちんと払わなければいけないものなんですが、そのミスは公表しないといけないものなんですか? 

同社広報課は「公表せず不祥事を隠すようなことになり、申し訳ない」と話している

んだそうです。「不祥事の隠蔽はいけない」ということになってるんですね。そうですか。情報公開ですからね。

そもそも、保険会社とか信用がとても大切ですよね。自分が死んでるから、自分の保険金が果たして家族に間違いなく届けられるかどうか、死後まで確認できないわけですから。もうまるっと信じて、高い保険料払ってるわけでしょ。なんだか、困るなぁ。隠してるってのは、やっぱりうさんくさいなぁ。サラリーマン川柳とか詠んでる場合じゃないよね~。というわけで、一句。

  川柳を詠んでる間に裏切られ

って、誰のことってわたしのことですよ。わたしだって契約してるんですから~。もう、長いし、ちと高額。わたしの配当金どうなってるのかなぁ。どういう人が、その対象なのなのかなとおもってみると、記事によると、

04年2月に死亡保険などの入院に関係する特約で、80歳の満期時の配当金の一部が1件2万5600~200円未払いになっていたことが判明。支払遅延利息計約1900万円と合わせて、連絡の取れた契約者に返還した。数十件と連絡が取れないという。

なんだって。

ん? 80歳で満期になった人の一部にもらえるはずだった配当金の一部がもらえてなかった人がいるってことですね。そうかぁ。わたしは関係ないわ。80歳まで生きた人なんだ。ちとめでたいかもね。

あらぁ、でも、数十件と連絡がとれないって、ひょっとして亡くなっちゃったってこと? うわぁ。じゃ、川柳にしたらこんな感じ……。

 死んでから遅れて届く配当金

こういうのを見逃さず、すかさず詠むのが川柳詠みなんですよね。こういう自社関連作品をの応募されるの嫌だったんで、サラ川の締め切り後に公表したかったのでしょうか? だとしたら、計画的ですよね~。

ブログランキング

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/892-2c1cf43e

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。