David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本代表帰国~W杯

2006-06-24-Sat
FIFAW杯ドイツ大会から日本代表が帰国した。わたしのサッカーも終わった。わたしはサッカーが特別に好きではない。totoも一度も買ったことがない。

ただ、ワールドカップは見るようにしている。今回は時間的に寝てしまったものもあったし、早く寝て目を開けたときには、あのブラジルに1-0でリードしていて夢かと思った、その後また眠りについたこともあった。しかし、楽しく見て、話題にしようとしている。ワールドカップは、わたしにとっても特別な大会だ。

そんなわたしが見ても、ブラジル戦はもちろんのこと、オーストラリアもクロアチアも、実力差は歴然としていたという感じだった。もちろん、個人技や体格差、体力差を補う連携やチームワークを日本は持っているということだったのだが、その連携ができているなんてとても思えなかった。本当に苦しい展開ばかりで、GK川口の英雄的な活躍に頼らざるを得なかったのだ。まだまだだというのが正直なところじゃぁないのかなぁ。

詳しくないのになんだけど、テレビでいろんな人が解説しているのを聞いて、「韓国だったワールドカップに出てから、1勝するまでに4大会かかったのですよ」というサッカー解説者中西哲生の言葉に、わたしは納得する。おそらく、テレビやその他マスコミ、及びスポンサーなどの売り上げなどの事情によるものと思うが、大会前の日本代表への期待というか、身びいきは過ぎたものがあったのではないかと思う。

もちろん、「応援」というのはそういうもので、ま、試合する前から「1勝できればいいほう」などと本音で語っていても(わたしの知り合いにはこういう人が幾人かいた)あまり盛り上がらないモノだ。それは、サッカーW杯に限ったことではなくて、こないだのトリノ五輪だってそうだったし、いろんなスポーツでも、いや、受験だって、営業だってそうなのだ。

そうではあるが、それは時に選手にプレッシャーであるし、また、知ってていう人はそういうことはないだろうけれど、実際知らずに、大きな期待を寄せる人は、失望や裏切られ感があるのではないだろうか。そんな気もするのだ。

4年後のワールドカップに向けて、新しい戦いがスタートした。フランスのトルシエ、ブラジルのジーコ。日本はやはり、まだ、ブラジル的な個人の対応力ではなくて、ヨーロッパ的な知的な展開の方がいいのではないか、と、そんな気がした。体力、体格でヨーロッパのチームやブラジルに見劣りする日本には、やはり組織力だと、もちろんわたしは素人だけれどそう思った。誰が監督としていいかなんてことは言えないけれど、ビジョンをはっきりして、組み立てていって欲しいと思う。

ガンバレ! ニッポン!!

ブログランキング



FC2トラックバックテーマ「サッカー!残念だったね」に参加です。

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/891-7c171878

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。