David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「薔薇園まで」

2006-06-06-Tue

八日の月はおぼろとかすんで
街灯さえあちこちでぼうっと浮かんで
星空も見えず
彼方の町の光の海も滲む
そんな夜だった。

ハンドルを握るわたしが
あのとき道を間違えたのは、本気だったから。

その先にある橋を渡ってしまえば、
もうそれは、間違いではなくて、
本当の輝きになるはずだった。

水銀灯が寂しく光る、
二人だけの薔薇の苑が、
そこに広がっていたはずだったのだ。

芳しい甘い匂いと華やかさあふれる色彩、
そして、かすかにくれないの固い棘のある世界--。

甘美な薫りに酔い、
蜜をなめ絡みあったとしても、
わたしの唇にも
君の柔肌にも幾多の棘がささり、
痛み、血を滴らすに違いない。

それには君の軽く巻いた髪は黒く、
その夜のスーツは白すぎたのだ。

純白。

そっと目を閉じて、
君の髪の香りに酔い、
そっと見送ろう、後ろ姿を……。


bara01.jpg


ブログランキング

COMMENT



2006-06-11-Sun-13:09
ロマンチックですね~色々想像できる感じが良いです
後で撮ったバラを載せたくなりましたv-353
男性は、やはり髪の香り・・・気になったり好きだったりするのでしょうね~

☆ノエルさん

2006-06-11-Sun-17:47
すべてが気になりますよね。
髪型、香、色、つや。
目の輝き、笑い、唇の色……。
すべて、すべて、すべて。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/857-680b7908

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。