David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ITmediaNEWSを嗤う~GoogleAdSense問題(4)

2006-06-02-Fri
FC2のGoogle AdSenseの非表示が解消されたのは、何時とはっきりはしていないのだが、各所の書き込みなどから、5月31日の午前7:00頃であった。未だにその理由は判然としていない。「犯人探し」というとなんだが、今後必要とされる運営側の対策やユーザーの心構えを知るためにも、「どこのブログでも起こりうる問題」と指摘されていることもあり、その本当の原因(複合的なものかもしれない)は、ぜひ知りたいものである。

特にAdSenseのユーザーたちは、4日間の非表示期間の代償として、それを知る権利も、また、あるいは義務さえあるかも知れないと思っている。個人情報などで公開しづらい部分もあるかとも思うが、再発防止の観点から、Google側にも、またFC2にも、なんらかの見解を発表することで、この問題にひとつの区切りをつけてほしいところである。

さて、「ITの今が見える、明日がわかる」というキャッチコピーのITmediaNEWSは、このGoogle AdSenseの非表示を記事にした。(→ 「FC2の全ブログでAdsenseが利用不能に」

その内容は、5月29日付けの、FC2ブログインフォメーションの「AdSenseに関して」をリライトした程度のものであった。それはいい。その時点で、誰にも本当の問題がどういうものなのか、「手違い」なのか、「非表示(配信停止)」なのか、「ID停止」なのか、本当のところはわかっていなかったのだから。それは、「復活」についても予想できなかった。むしろ、復活を絶望視する声が大半だったと言えるだろう。

ところが、31日の時点でAdSenseの表示は復活した。31日FC2インフォメーション(スタッフブログ)の「AdSense復活」で、それは告知されている。だのに、「ITの今が見える、明日がわかる」というキャッチコピーのITmediaNEWSは、それを伝えていない

これはどういうことなのか?と、わたしはITmediaNEWSの記者に聞きたい。

29日のFC2インフォメーションの非表示の告知記事(「AdSenseに関して」)は18時過ぎに書かれ、ITmediaNEWSの速報への掲載は21時半。その間およそ3時間半。一方、復活の告知記事(「AdSense復活」)方は、31日の朝9時前に発表されたにもかかわらず、現在(6月2日深夜0時過ぎ)の時点で、それを伝える記事がITmediaNEWSには見られない。

これでいいんだろうか? それどころか、まだその「利用不能」の記事がアクセストップ10の9位にランクインしているのだ。

ITMEDIAtop.jpg
   ITmediaNEWStopページより引用

こんなにユーザーが関心があることであるのなら、その経過をきちんと追跡し、復活したときにはそれを記事にして読者に知らせてこそその価値があるのではないのだろうか。それがニーズに応えるということではないのか。

もし、あるサービスの停止や不調をだけ報道し、その回復を報道しないとしたら、それは非常に不十分な報道である。恣意的になされるとしたら暴力にさえなりかねないから、力のあるものほど注意をしてもらいたい。FC2社の営業妨害になりかねないばかりか、Google社に対する営業妨害にさえなりかねないのだ。

ま、ことを大げさにするつもりはないが、センセーショナルな時だけ記事にしたり、恣意的な報道などはしない方がいい。少なくとも3日を経過しても、関心度9位に位置されるようなニュースであるのだから、きちんとその後の経緯について書いてこそ、責任のある報道と言えるだろう。

ITの今が見えることも、明日がわかることも大切だろうが、なにより自分自身の今を見つめることもまた大切であると、ま、自戒を込めて書くことにしよう。

ブログランキング



なんとなく趣旨が一致するんでsugarさんところの「しかるべきフィードバック」にトラックバックします。

COMMENT



トラックバック

2006-06-02-Fri-03:06
えーと、まだ届いていないようです。

良い記事だと思いますし、出人さんのトラックバックのスタイルを承知で言わせていただくのですが、私は「言及リンク」文化圏のど真ん中に住んでいてそれを自分のブログ上でかなり「主張」もしているため、この記事の「何となく趣旨が一致するんで」は言及としては非常に物足りないです。
追記:
と言いつつ、今送信した私のトラックバックも改めて読むと言及というには弱いのでおあいこかもしれません。わぁ、やっぱりトラックバックって難しい。まだまだ試行錯誤の日々は続きます。

☆sugarさん

2006-06-02-Fri-08:57
さっそくありがとうございます。届いてませんか。昨夜はとても重く、記事を書くのにも実は不安なくらいでした。

「三題噺」というのがありますよね。落語で観客から3つの題をもらって、それで即興的に話を作っていくという一種の芸です。芸=技術といってもいい。

sugarさんが実際そのおもしろさを認めるかどうかわかりませんが、ブログの記事の中にはいろんな要素があるんですよね。sugarさんの記事とわたしの記事を比べたときに、というかなにも我々二人でなくていいわけですが、「テーマが同じで意見まで同じ」「テーマが同じで反対意見」「同じ意見だが、まったく扱っているジャンルが違う(たとえば、伝統文化を見直そうという点では共通しそうだが、こっちは大相撲でむこうは歌舞伎だとか)」ま、このくらいまでが、sugarさんの「言及リンク」に値するんでしょうか? さらには、「お互い三題噺で、たまたま同じ素材を扱っている」だとか、発展的な内容だとか、当然ですが、ほかにもあるでしょう。

今回のは「フィードバック」というか、プロなら自分で自分の記事にフィードバックしろ(というのも用語上あれなんですけどね)というか、「ランキング」という形で読者のニーズをとらえているのなら、ちゃんと追加記事を書けということなんで、ま、リンクにはぴったりだとわたしは思いましたよ。

「なんとなく」って書いたのは、むふふ、一種の謙遜です(笑) なんか、タイトルがいかにも傲慢なので、こうしないとバランスが悪いかなって~(ホント?)

2006-06-02-Fri-09:34
うん。報道の無責任さというのは、最近話題のW画伯盗作疑惑問題なんかでも感じますね。・・・ってか、「画伯」とかのほぼ死語に近いような用語が出てくる時点で、「お前ら面白がっておちょくってるだけだろう」と勘ぐってしまう。つまり、これで騒いでるマスコミや世間のどのぐらいが、そもそも美術に関心があったんだろうかと。要するに、みんなで面白おかしく騒ぐ「ネタ」を提供するのが報道だって言うのなら、「某巨大匿名掲示板」(笑)と大差ないんじゃないのでしょうかね。

☆囚人さん

2006-06-02-Fri-09:38
そうそう。大差がないですよね。お里が知れるってやつかもしれません。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/846-931527c7

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

報道の責任

先日の「Google AdsenseがFC2ブログ全体で表示されなくなった件」については、ヤフーニュースやITmediaNEWSなど、いくつかの大手メディアで取り上げられたようです。「誰でもブロガー、誰でも
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。