David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ノルマ」~<月別集計>

2006-06-01-Thu
あけましておめでとうございます。6月になりました。

とりあえず、Google AdSense問題も最悪の事態は回避です。おめでとうございます。

連日このことを書いてきました。わたし自身Google AdSenseをやってないので、今回はいろいろ調べないと記事にできませんでしたし、正直、ちょっとくたびれました(反省してGoogle AdSenseをしておかなきゃいけなかったのか~とまで考えています。そのうちやりそう~(笑))ので、ほんとうはこの時期ワールドカップのこと調べて、何本か記事を書きたいと思っていたのです。ドイツであるんで、サッカー素人同然のわたしなんで、早々と敗退すればなんてこっちゃないんですが、調子よく勝ち進んだときに、楽しめるようにちょっと予習しておきたいと思っていたのです。ま、それは愚痴なんですけど。

ま、そんな気分なのですが、月初めなので、集計のグラフをあげておきます。
actg0605a.gif
▲主要8ブログの月単位の更新数の比較(8ブログの平均とさらに3ブログ)
※集計はブログファンです。
このグラフは、まさに「はてなダイアリー」「エキサイトブログ」「gooブログ」「楽天」「ヤプログ」「ヤフーブログ」という大手ブログサービスを撃破してきた証しです。1年前は「はてな」と並ぶ業界8位の、それほど知られていない(わたしもWebページのカウンターを借りてるくらいには知ってましたけど、それはわたしにとってはちょっと大きなフリー素材サイトと変わらない程度の認識でした。今思えば技術的には相当違いますね)。

それが、今ではブログ界では知らない人のない(ブログやってない人にはまだまだ知られてないでしょうけど~)、国内第2位のアクティブユーザー数を持つまでになりました。先日「Amazon突破!」の記事にあったalexaのPVでも、現在、さらにMSNJapanを抜いて7位になっています。

Top Sites Japan
Browse the most popular sites on the web. Learn more.

1. Yahoo!カテゴリ
有料審査制のディレクトリ。ウェブサービスの形でAPIを公開。
yahoo.co.jp - Site info

2. Google 日本
多言語対応サーチエンジンの日本版。ウェブ、イメージおよびニュース検索、Usenet掲示板。
google.co.jp - Site info

3. Mixi
ソーシャルネットワークサイト。メッセージ交換、日記、コミュニティ作成、友人紹介機能。
mixi.jp - Site info

4. 楽天市場
各種の通販サイトをバーチャル店舗として入居させているショッピングモール。オークションや共同購入も開催。
rakuten.co.jp - Site info

5. Livedoor
ライブドアが運営するポータルサイト。企業・IR情報。
livedoor.com - Site info

6. Goo辞書
三省堂が提供するEXCEED英和と和英、大辞林、およびデイリー新語辞典を提供。
goo.ne.jp - Site info

7. FC2
コントロールパネルを用意している。CGI、PHP、MySQLに対応。
fc2.com - Site info


8. MSN Japan
マイクロソフトが運営。ニュース、ショッピング、Hotmail、メッセンジャーサービスの入口。
msn.co.jp - Site info

9. Amazon.co.jp
Amazon in Japan. Article descriptions are in Japanese, but account setup, shopping, and checkout available in English.
amazon.co.jp - Site info

10. Infoseek Japan
日本語版インフォシーク。ロボット型サーチエンジンと、特選サイトのディレクトリ。
infoseek.co.jp - Site
               alexaより

「知名度」という曖昧なものに比べたら(これはこれでネット・アンケートなどのリサーチも可能なのでしょうけど)、こうしてはっきりとした数字が出ると、反論しづらいものもありますね。

でも、とちょっとだけ気になるのは、上のグラフ、あまりにも一直線でしょう。もうちょっとデコボコあるものじゃない? って思いました。だって不特定といっていいくらい多数の人が相手じゃないですか。<日別集計>や<週別集計>のように、多い少ないがあるほうが自然なんです。

そこで、ちと思い至ったのが、FC2トラックバックテーマです。これ去年の6月6日に練習用テーマが立って以来、1年間続いている企画なんですが(わたしはこの「練習用テーマ」以外は一応皆勤です)、GW前に4月24日(第38回)に発表されて以来どういうわけか約1か月発表されず、5月24日(第39回)に復活、その後、26日(第40回)、29日(第41回)、30日(第42回)、31日(第43回)と連日、短間隔のテーマ出題となっています。

ユーザーは趣味でしていても、担当者は仕事である以上は、目的、目標のようなものはあるのは当然で、それに対して評価や反省がなされ、次の展開への検討、さらに新たな目標と方法の改善などなどの形で進んでいくものでしょうが、トラックバックテーマ担当者さまが、ひょっとしたらなにか、その大きなうねりの中に巻き込まれてしまっているのかなぁと、思わなくもない現状です。

ま、他のユーザーが楽しくついてきているのであれば、かまわないわけですが、わたしとしては、連日は困るなぁ(笑)~あくまで、1ユーザーの意見です。

上のグラフのきれいなまでの直線と、トラックバックテーマの急な方針転換に、なんとなく「ノルマ」ということばを聞いたような気になりました。あって当然だと思いますが、ま、無理せずがんばってくださいね。特に、トラックバック担当者さま~。

ブログランキング


#37「こんなサービスが欲しい」にトラックバックしています。

p.s.
公開メール状態になって恐縮ですが、トラックバックテーマ担当者さまにお願いがあります。

#41「ケータイの予測変換」のトラバテーマで、ちょっとあせっていて、うかつにも「タイトルなし」状態でトラバを送って、それに気づいたんで、タイトル入れ直して再送してあります。前のもの(タイトルなしのもの)を削除してもらえませんか? ここをお読みになられたら。

え、なんでこんなところに書くのかって? 別に、トラックバック担当者さまが、そのペースでテーマを出して、果たしてすべてのトラックバックを読んでいただけているものかテストしてやろうなんて気持ちがあるわけではありませんよ。

トラバテーマ発表ブログに「管理人あてコメント」機能や連絡アドレスなどの記載がなく、どちらへお願いしたらいいものかわからないもので、こうして記事末の追記部分にほそぼそと書いておくわけです。

よろしくお願いしますです。

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/845-0c49ad11

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。