David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成18年度夏場所~十四日目

2006-05-20-Sat
もう明日は千秋楽です。最近大相撲おもしろくなったと思いますが、今場所はまだ優勝が決まらず、それも、2人も1敗がいて、なんというのかなぁ、「初体験でガチガチ」って感じで、内側からくずれるっていう展開じゃないので、とても土俵がおもしろいと思います。

横綱と横綱挑戦者の二人が途中休場、大関の三人が怪我でボロボロという場所とは思えません。白鵬の安定と、雅山の勢いと、把瑠都の破壊力と、その他の力士たちのがんばりだろうと思っています。旭鷲山や朝赤龍などのがんばりや、安馬や稀勢の里などの勝ち星には繋がらないけれど、一生懸命の土俵態度も大いに土俵をもりあげているとは思います。ま、そうはいっても、まだ優勝が決まってないってのが、やっぱり一番大きいのでしょうけれどね。

あ~、千秋楽が来るのがもったいないなぁ。

把瑠都×雅山
注目の一番でして。把瑠都が雅山に合わせるように突いてきたので、雅山は意外だったそうです。おそらく把瑠都は自分の身体に自信があったのでしょう。そして、突いていくのも、意外な手だと作戦だったのかもしれません。たとえ雅山であれ、引かれてつんのめるように前屈みになったところに、把瑠都の長身の身体が上からのしかかればつぶせると読んだのかもしれません。しかし、雅山は前に崩れなかった。故意ではなかったのでしょうけれど、把瑠都の手が雅山の髷をつかんでいるようにも見えました。しかし、雅山は崩れず、その引きを逃さず、一気に押し出しました。勝敗はわかりませんが、長い相撲になるほうが雅山としては嫌だったと思うので、もうちょっと粘る展開にしてほしかった気もしています。それにしても、勝った雅山の、充実した達成感あふれる表情はいいです。わたしの好きだった、あのふて腐れた悪役の顔は、いったいどこにいってしまったのでしょうね~(笑)。もちろん、こんなにやる気になっている雅山も応援してますけど。雅山~ガンガン行け!

千代大海×雅山
白鵬は上手がとれなくて焦ったんだそうです。焦ったようには思えなかったと実況アナも解説者も言ってました。それは、千代大海にも伝わらなかったのかもしれません。戦うお互いにとって、相手の実力や、得意技、好調さというのは、本当のところまではわからない。まして内面や。白鵬が焦ったほどには、実際の千代大海は怖くなかったのではないかと思います。結果、あっさり白鵬が、危なげなく勝っちゃいました。

雅山、白鵬とも、あぶなげなく1敗を守りました。直接対決は終わっているので、明日すべてが決まります。雅山の相手は朝赤龍です。朝赤龍にしてみれば、もちろんいい相撲をとって勝ちたいのでしょうけれど、やはり、同じモンゴル出身者の白鵬の援護射撃をしようと、ま、普通なら思うと思います(人間関係はそんなに単純じゃないですけど、そこはわからないので)。かといって、雅山にとって別段とりくにい相手ではないので、ガンガン行くだけです。朝赤龍が変化するかってことが、もし雅山が固くなってたりすると、ちょっと怖いかも。

ファンの願いが届いたか、白鵬の相手は、順当なら魁皇だったのでしょうけれど、把瑠都が抜擢された形になりました。千秋楽の三役相撲に新入幕が登場するのは、三賞独占の大錦以来のことだそうです。さて、どうなるでしょう。白鵬に不安は感じません。白鵬の最大の敵は内面です。舐めてかかるか、あるいは初優勝に緊張するか。把瑠都を舐めてはかからないだろうし、緊張も今場所はよさそう。ついでに不眠もよさそうですよね。把瑠都が出てきてもうまく残してさばいていけそうだし、波離間投げみたいな引くような投げもくらいそうにないし、じゃ、朝赤龍がされたみたいな吊りも、それ以前に白鵬の攻めが効きそうです。

というわけで、これは明日は優勝決定戦ですね~。間違いない~。

ブログランキング

COMMENT



2006-05-20-Sat-20:31
うんうん、とうなずきながら読んでいました。
雅山が勝ち名乗りを受けるときのあの、右斜め上に高々と手を挙げるポーズで、客が沸いたのが嬉しかったなぁ。雅山って大関になったときも大関飽和状態時代だったから全然主役っていう印象がなくて(今も大関飽和状態かw)、今場所初めて主役になってる気がします。

自分の心情としても「どっちが勝ってもいいなぁ」と思えてる分、本当に楽しみです。

2006-05-20-Sat-20:44
こんばんは。
私は把瑠都好きなんです。だからこそ今日は雅山にどうしても勝って欲しかったです。把瑠都には相撲をちゃんと覚えて、良いお相撲さんになって欲しいのです。相撲は簡単では無いということを、示して欲しかったのです。それこそが把瑠都をもっと強くしてくれると思うのです。明日もそうである事を私は願います。

2006-05-20-Sat-22:41
こんばんは~。
そうですね、上位陣の休場や不調を補って余りある、おもしろい場所になりましたね。
僕も出人さんと同じく、決定戦になるのではと思っています。というか、なってほしいですね。
決定戦になったら、白鵬も本割のときのような雑な取り口には絶対ならないだろうし、雅山も真っ向勝負のスタイルは貫くだろうし。
大相撲になることは間違いない。

2006-05-20-Sat-22:55
>安馬や稀勢の里などの勝ち星には繋がらないけれど、一生懸命の土俵態度も大いに土俵をもりあげている

豊真将と北桜を忘れてる…(汗


>あのふて腐れた悪役の顔は、いったいどこにいってしまったのでしょうね~

未だにふて腐れているというかふてぶてしさは健在のような気が…。
あのまま大関になったら、トリプルH的ヒールになれる逸材ですわ。
こうして強いと、あの所作の汚さがまた魅力的に…(苦笑





優勝争いの心理的影響は、白鵬の方が雅山より強いと思いますが、その動揺が相撲に出ていないのが白鵬の凄い所。
が、把瑠都相手に誤魔化しきれるか…というとちょっと不安でもある。
雅山の方はわが道を行っていると思います。
今日の仕切りも顔はいつも通りだったし。

両方勝って

2006-05-21-Sun-03:46
コメント&TB失礼します。
横綱と大関の二人がいない場所とは、
本当に思えないほどの盛り上がりですね。
初めて生観戦をしたのですが非常に楽しかったです。
明日、優勝決定戦までもつれてほしいですね!

2006-05-21-Sun-14:02
出人たちが、広い大相撲とかを優勝したかった。


☆mimuraさん

2006-05-21-Sun-18:38
しまった。もう千秋楽が終わってからコメントに返事を書くことなりました。取り組み前の楽しみを書けばよかった~。ま、満足でした。

☆Gacktohさん

2006-05-21-Sun-18:39
はい。把瑠都は上位の凄さを味わったと思います。雅山といい、白鵬といい。今後に期待ですね。大丈夫、ちゃんと育ちますよ。

☆きゅれんさん

2006-05-21-Sun-18:40
優勝決定戦になりました。朝赤龍も把瑠都も真っ向からいきました。そして上位は上位でした。よかったです。優勝決定戦もよかった。

☆滑稽本さん

2006-05-21-Sun-18:42
すみません。前半戦はあまり見るチャンスがなくて。がんばってる力士はたくさんいると思います。白鵬の精神面の強さは将来性があるということでもあるのでしょう。心・技・体ですから。

☆現象さん

2006-05-21-Sun-18:43
はじめまして~。わたしも名古屋観戦にいけるといいんだけど。まだ、いったことないし。

☆ピーター

2006-05-21-Sun-18:44
優勝ができるのは一人なのだよ~。賞金は十両優勝が200万円、幕内最高優勝は1000万円だそうだ。でも、金のことは言わない(by北の富士)なんだよ~。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/823-e489edb2

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

夏場所十四日目

十両はなんと栃栄関が敗れトップは5敗の豊桜関、栃栄関、鶴竜関、若兎馬関、寶智山関、皇牙関の6人と大混戦に。おまけに直接対決は、栃栄関vs寶智山関のみなので最大5人での優勝決定戦なんてことも。一方、幕内は、白鵬関と雅山関に絞られました。しかし直接対決は済んでい

夏場所14日目・また見れなかったYO!

明日は家のテレビで観戦可能なので、優勝争いを見届けることが できそう。もつれてくれたのはありがたい。 安美錦は知らないうちに負け越してたのねん!残念!ま、怪我もあるから 仕方ないか。次回は本調子に戻してきてほしい。でも、相撲が相撲だけに ギリギリの勝負にな

2006年 5月場所 14日目

 14日目                         「どうなる終盤戦・きょうの一番!」                                        【解説】正面:武蔵川 向正面:楯山【アナウンサー】正面:藤井康生<ラジオ>岩佐..

大相撲夏場所14日目 明日はぜひとも決定戦を!!

今日はのんびりと幕下から見ていたんですが、幕下上位のあたりで寝てしまい、十両あたりもうとうとしながら見てました。十両はどうやらミスターエスカレーター須磨ノ富士が陥落な

大相撲・今日の一番(平成十八年夏場所十四日目)

●北桜 押し倒し 嘉風○

平成18年夏場所大相撲14日目

 14日目。今場所最後の“観戦前記”…って言うかいつもと同じ。・幕下 龍皇(西1)は4勝3敗で終了。十両昇進は?・十両 光法勝ち越し。鶴竜5敗を守る、海鵬負け越し。春ノ山勝ち越し、潮丸6敗。寶智山5敗を守る、大雷童負け越し。琉鵬勝ち越し、栃栄5敗。皇牙5敗を守る、

夏場所の十四日目やに

平成18年夏場所十四日目。激しく眠い。三重県人なんと、今日の幕内正面解説は武蔵川親方(元・三重ノ海)で、向正面解説は楯山親方(元・巨砲)ではないか。二人とも三重県出身

国技を堪能

友人と相撲観戦。初めて両国国技館に足を踏み入れた。といいうか大相撲を生で見ることが初体験で興奮する。和服を召した方が多い中、外国人も多く見る。観客も関取も邦人とのシェアは同じくらいだろうか。幕下上位の取り組みから見始めた。十両に入ると力士の体つきが変わ

平成18年夏場所 14日目

今日はボテッボテッじゃなくてドシッドシッだったーーーー。雅山がかっこよく見えたー...

2006年大相撲夏場所14日目

さっきまでの豪雨が嘘のようなピーカン。そして十両は勝ち越し即ち優勝戦線。荒れ放題だが、17時過ぎにはさっきまでの晴天が嘘のような豪雨。そしてすぐにピーカン。……対処のしようが無い天気である。14:56に場所入りした把瑠都。子供のサインくらいすぐに書いてや

≪大相撲五月場所≫白鵬と雅山、優勝決定は千秋楽に

大相撲・雅山1敗守る 夏場所14日目、雅山(右)は把瑠都を押し倒して1敗を守るhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060520-04446229-jijp-spo.view-001 大相撲・1敗守った白鵬 夏場所14日目、白鵬(左)は千代大海をはたき込みで破り、1敗を守るht

皇国の興廃この一戦にあり……夏場所14日目

十文字に左下手を取られて、右上手を取った栃乃洋。波離間投げよりも珍しい決まり手、「栃乃洋の上手投げ」が見られると思いきや……

夏場所・14日目

当たりは北桜。嘉風は下から宛がい左を差そうと試みますが何度も切られてしまいます。右上手に手がかかり横に泳がせて送り出し。嘉風勝ち越しです。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。