David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「ナイロビの蜂」~コロナで

2006-05-16-Tue
すごくいいです。先日「デュエリスト」みたのですが、どちらを勧める? と聞かれたら、もちろん人によりますが、本作「ナイロビの蜂」を勧めます。

映画のチラシには「雄大なアフリカの大地を舞台に、喪失感の只中に満ちてくる愛の奇跡--。本年度アカデミー賞4部門ノミネート! 世界が絶賛し涙した、壮大なラブストーリー。」「ラブストーリー」が売りになっているのですが、う~む、実際はけっこう重厚な社会派ミステリーですね。しかも国際モノで、アフリカが舞台です。ちょっと偏見といわれてしまうかもしれませんが、日本人が国際問題を考えるとき、対米国、対近隣アジアについてはよく考えても、あんまり対アフリカの問題って、一般的には考えないんじゃないでしょうか。おそらく、国政選挙でもそんなことを訴えても票に繋がらないというか。

そういう点から言って、「アフリカの援助を扱った社会派ミステリー」なんて、もう、そういう設定だけで、いくらいい作品であっても人気が出そうにないです。ちょっと違うけど、民族差別の問題を扱い、同時にテロの問題を扱った「ミュンヘン」の方が、同じ社会派で国際ものにしても、まだ、客が入りそうです。

この両者の匂いは、そういう点では似たものがあるのですが、そして、俳優は「ミュンヘン」の方がおそらく有名だとわたしは思うのですが、作品としては「ナイロビの蜂」の方がよくできていると思います。この両者のどっちを勧めるかと聞かれても、やはり、わたしは「ナイロビの蜂」です(もちろん、テロとか、ミュンヘンオリンピックの事件に特別に興味がある人には別です)。

つまり、わたしは、確かにこの設定だと日本ではウケないんで、ラブストーリーを全面に出した方が売れると判断したのではないかと思います。確かに愛の話であり、それも、夫婦間の深い愛の話です。夫婦がお互いを守るとはどういうことか?というこもと突きつけられますし、守られているという自覚ができているか?ということも問われます。同時に、一方的にどちらかが相手を守っていれば、果たして守られていいる側はそれでいいのか?ということにも関わってくると思います。

そういう意味では、深い愛の話です。そして、同時に、国際社会派ミステリーなのです。

おそらく、多くの日本人は、アフリカの貧困や苦悩に対する無知と無関心から、前半はつまらない映画だと思うかもしれません。ラブ・ストーリーなんて聞いてるとよけいに。ヒロインのテッサ(レイチェル・ワイズ)が、エキセントリックな女性に描かれていて、なんというか、愛と言っても特別な愛のような気がしてくるんです。ま、また、これ以上書くとネタバラシですんで、下のをドラッグして読んでください。

実際のところ妻テッサはややエキセントリックなところのある、手を焼く女なんですが、決して考えが浅いわけでも、スタンドプレーの好きな目立ちたがり屋でもなく、あるいはマザーテレサに匹敵するような、正義と博愛の人であり、信念の人だったわけです。そして、アフリカの弱い人たちを助けたいのと同じくらい、いや、それ以上に夫ジャスティンを深く愛し、大切にしていたことを、ジャスティンはテッサを亡くしてから知るわけです。そのまさしく命がけの愛に応えるために、ジャスティンは行動しなければならなかったのですね。だから、ラブ・ストーリーと言ってもけっして間違いではありません。いや、むしろ正しい!※

一押しです。ぜひ、ご覧下さい。

→ 公式ページ(アフリカの民族音楽風のBGMが鳴ります。映画のあらゆるところに出てくるイメージソングです。哀愁が漂います。いい曲です)
「ナイロビの蜂」オリジナル・サウンドトラック
サントラ ロンドン・セッション・オーケストラ アユブ・オガダ
東芝EMI (2006/04/28)


原作はこちら
ナイロビの蜂〈上〉
ナイロビの蜂〈上〉
posted with amazlet on 06.05.16
ジョン ル・カレ John Le Carr´e 加賀山 卓朗
集英社 (2003/12)
売り上げランキング: 52,873
おすすめ度の平均: 4
4 評価は難しいが・・・
2 ル・カレらしくない作品
5 ル・カレって確か


ブログランキング

COMMENT



TBありがとうございました

2006-05-17-Wed-20:48
そうですね~
確かに"愛の話"ではあるのですが・・・・
友人に勧めるときは、ラブラブストーリー期待しないように、言ってます(^^;)

☆canさん

2006-05-18-Thu-08:14
そうそう。コメントありがとうございます。

燃え上がるような恋の話でも、切ない悲恋物語でもなく、深い愛の話ですよね。いずれも、ラブトーリーには違いないですけど。「いわゆるラブストーリーが好きでない人にもお勧めできるラブストーリー」というか、なんかそんな言葉思いついたら、すごいいい映画みたいじゃん。あ、いい映画だと思いますけど。音楽と。

初めまして

2006-05-19-Fri-23:55
TBありがとうございました
私もデュエリスト観たんですけど、確かに勧めるならコチラの映画の方かもしれないですw

この作品には色々なテーマが織り込まれているような気がしますね☆
とても感慨深いものがありました

☆みもりさん

2006-05-20-Sat-06:51
いらっしゃいまし。

「ナイロビの蜂」は意外によかったです。名作の香もします。

2006-05-25-Thu-00:28
お勧めいただいたし、観てきました!
背景はとてもシビアで複雑でしたが、
とても切ない愛の叙情詩的映画だなって思いました。

☆keeponさん

2006-05-25-Thu-06:41
いい作品ですよね。燃える愛的「ラブストーリー」でなくて、深い愛的「ラブストーリー」です。それも、二人にしかわからない愛の話ですね。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/814-e565ffed

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

ナイロビの蜂

観て良かったレイチェル・ワイズがオスカーを取ったと知った時から是非観たい、と思っていたこんな風に"映画館で観てよかった"と心底思えた映画も久しぶりのような気がする冒頭で妻が殺され、夫がその謎をさぐる・・・という展開こういう手法の映画って時間の流れ

ナイロビの蜂

最後の最後で。。。ウルッときてしまいました。 サスペンスともラブストーリーとも紹介されてるこの作品。大人のサスペンス色濃いラブストーリーって感じでしょうか。。。 妻の死と製薬会社絡みの陰謀、そして最後に真実の愛。 しっとり心に染み渡ってきました。 アフリカ

ナイロビの蜂

なかなか見応えのある作品ではあったと思います。けれど、評判のような傑作かということになると疑問も少々...。英国外務省の一等書記官、ジャスティンは、ナイロビの空港で、スラムの医療設備の改善に取り組む仕事の関係でロキに向かう妻のテッサを見送ります。数日後に

ナイロビの蜂

渇いた大地から届く,深い愛のラブストーリー。

ナイロビの蜂★★★☆☆

大相撲も終わり、ホッと一息です。レディースデイを利用して仕事帰りに観て来ました。お話・・・ところどころ頭が混乱しました(^^;ストーリーは公式サイトを参照くださいませ。これは私の見方ではラブストーリーになります。ただその背景があまりにも国際問題の色が濃い

情熱に救いを見出す「ナイロビの蜂」

 予告編を見た段階では、ラブロマンスなのか、サスペンスなのか、あいまいな感じで、観ようか止めようか迷っていた「ナイロビの蜂」(フェルナンド・メイレレス監督)。会社の後輩に「よかったですよ」と勧められ、彼が言うならと思って、観に行ってよかった。映画会社の売
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。