David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高村光太郎忌に考える著作権

2006-04-02-Sun
昨日はエープリールフールでありまして、ブログ界では、seesaaの「【完了】Seesaa ブログ、待望のプレミアムプラン設定のお知らせ」が話題になっていました。ヤフーはこんなおもしろい企画です。

さて、今日4月2日は、日本近代詩の父といわれた詩人高村光太郎の命日です。連翹忌(れんぎょうき)などとも呼ばれているようです。

高村光太郎詩集
高村光太郎詩集
posted with amazlet on 06.04.02
高村 光太郎
岩波書店 (1981/01)
売り上げランキング: 204,036
おすすめ度の平均: 5
5 色褪せない物

高村光太郎は1883年に彫刻家の高村光雲の長男として生まれました。父によって彫刻家の道を歩まされました。光太郎の作品のいくつかは、碌山美術館関連ページで見ることができます。彫刻家の名前など知らない人が多い日本では、比較的有名な彫刻家の一人と言っていいでありましょう。

ただ、光太郎を有名にしたのは、おそらく彫刻ではありません。詩です。おそらく、詩集『道程』におさめられた同タイトルの作品と、『智恵子抄』の『レモン哀歌』あたりが、もっとも著名で、人気の二作品ということになろうかと思います。

  
 『道程』

僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
ああ、自然よ
父よ
僕を一人立ちにさせた広大な父よ
僕から目を離さないで守る事をせよ
常に父の気魄を僕に充たせよ
この遠い道程のため
この遠い道程のため


   ――  参考:「台東区」の高村光太郎特集のページ――


道程
道程
posted with amazlet on 06.04.02
高村 光太郎
日本図書センター (1999/12)
売り上げランキング: 356,653


「自然」、たとえば、広大な海を「命の母」と言ったりします。また、大地を「母なる大地」などとあらわすことがあります。このように「自然」を「母」ととらえるか、あるいは光太郎のこの詩のように「父」ととらえるかで、自然観も決まってきますし、また、それまでの自分の出生や成長に関して、父と母のどちらから強い影響を受けてきたのかということも知ることができるかもしれません。

光太郎の場合、この詩で「自然=父」というとらえかたをしているわけで、彼の人生への父親の影響の大きさを感じないではいられません。まさに、生まれながらに父と同じ彫刻家の道を進むと決められていたあたりを考え合わせると、そのとおりだったと思うのですが。

しかし、この『道程』の中で、父なる自然に光太郎は高らかに宣言します。「僕の前に道はない/僕の後ろに道は出来る」と。たとえ父であれ、だれかが敷いたレールの上を歩くことを拒否するのです。そして、自分で確実に道を作っていこうという決意を述べる。

さらに「父よ/僕を一人立ちにさせた広大な父よ/僕から目を離さないで守る事をせよ」と続けます。父への感謝と今後の自分との関わりを示しています。成長した子どもから、父へ送る独立の言葉であるわけです。すばらしい作品ですね。これぞ、信念の人光太郎をよくあらわしている作品だと思います。

一方、『レモン哀歌』。詩集『智恵子抄』の中でも、智恵子の死の瞬間を詠んだもので、賢治の『永訣の朝』と時々比較して論じられたりする作品です。

智恵子は心の病でした。若かったころは、明治の時代にありながら日本女子大を卒業し、進歩的な女性の雑誌「青鞜」の表紙を描くような、光太郎と同じく自立の思想を持つ女性でした。

しかし、彫刻家で詩人などといっても生活は貧しく、それでいて芸術家は理想を曲げるわけにはいかなったでありましょう。また、智恵子の実家が破産するなどということもあり、知恵子の心労も大きかったにちがいありません。智恵子は発狂してしまいます。

智恵子抄―詩集
智恵子抄―詩集
posted with amazlet on 06.04.02
高村 光太郎
日本図書センター (1999/04)
売り上げランキング: 202,620
おすすめ度の平均: 4.81
5
5 大切なモノは失ってはじめて気づく
5

光太郎はそれは切に智恵子の回復を祈ったに違いありません。しかし、残酷なことに死の瞬間まで、智恵子が正気が戻ることはありませんでした。おそらく、実際には。しかし、そんな智恵子が、実は死の瞬間にレモンを欲しいと言って、智恵子がレモンをガリリと噛むと、そのレモンの「トパアズ色の香気」が、それまで狂っていた智恵子の精神を一瞬にして正常にし、全身を健康な力を蘇らせて、さらに一瞬の後、智恵子は旅立った--という詩を詠むのですね。それが『レモン哀歌』なのです。

  
 『レモン哀歌』

そんなにもあなたはレモンを待ってゐた
かなしく白くあかるい死の床で
わたしの手からとった一つのレモンを
あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ
トパアズいろの香気が立つ
その数滴の天のものなるレモンの汁は
ぱつとあなたの意識を正常にした
あなたの青く澄んだ眼がかすかに笑ふ
わたしの手を握るあなたの力の健康さよ
あなたの咽喉に嵐はあるが
かういふ命の瀬戸ぎはに
智恵子はもとの智恵子となり
生涯の愛を一瞬にかたむけた
それからひと時
昔山巓でしたやうな深呼吸を一つして
あなたの機関はそれなり止まった
写真の前に挿した桜の花かげに
すずしく光るレモンを今日も置かう


   ――  参考:「文学者掃苔録図書館」の高村光太郎のページ――



せめて死の間際には、智恵子が長い苦悩から救われたのだと詠う、光太郎から智恵子への愛であり、願いです。

高村光太郎・智恵子―変わらぬ愛をつらぬいたふたつの魂
村野 守美 杉原 めぐみ
小学館 (1996/12)
売り上げランキング: 239,783

こんなすばらしい詩をたくさん詠んだ高村光太郎は昭和31年(1956)4月2日、つまり50年前の今日没しています。享年72歳でありました。

「死後50年」といってわたしが思い出すのは「著作権」のことです。インターネットやブログが普及してきて、ネット上にはさまざまなページがありますが、中には平然と他人の著作権を侵害しているページも少なくありません。

たとえば、光太郎は今日が命日ですので、おそらく昨日(2006年4月1日)までは、彼の作品の著作権は消滅していないのです。だから、光太郎の詩を著作権者に無断で全文転載するなどということはできないはずなのです。死後50年を経過したら可能になります。

故人ですら、死後50年は著作権が保護されているわけですから、まして、現在生きて活躍している人たちの作品を無断でブログなどに転載してはいけないのです。いくら好きだからといって、他人の著作物である歌詞や曲を自分勝手に自分のブログに貼ってはいけません。それは、写真などについても同じです。

今日は光太郎の命日です。『道程』や『レモン哀歌』を紹介しながら、著作権について書いてみました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

後で知ったのですが、著作権が切れるのは、厳密には命日が基準でなくて、翌年(の1月1日)よりということのようです。光太郎の場合、2006年4月1日とか、4月2日とかが問題ではなく、「2007年1月1日」からということです。

だから、この記事本文における詩の紹介状態は、相当マズかったことになります。申し訳ありません。自戒を込めて恥をさらしておきます。

COMMENT



懐かし~い

2006-04-03-Mon-18:30
僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
ああ、自然よ
父よ
僕を一人立ちにさせた広大な父よ
・・・・・・・・
懐かしいですね~小学校の高学年でしたか(・_・?)
教科書に出てきたのは・・・
レモン哀歌・・・これも別の意味で懐かしく
この歌は(;_;)ウルウルしたりします

何だか懐かしくホッとしたような僅かな時間・・・過去に振り返った時間でした。

☆ノエルさん

2006-04-03-Mon-21:53
光太郎は我が青春の詩人の一人でして、いろいろ、いい(笑) 学生時代、懐かしいしね~。

知らなかった事だらけです

2006-04-03-Mon-23:15
私は全然高村光太郎さんの事を知らなくて(いえ、もちろんお名前は知っていますし、詩人である事も知ってますが)、この記事を拝見して「そうだったのか」と。
昔から詩に対して興味がなかったのとか色々で、失礼ながら「智恵子さんって奥さんの事を大好きな人」位のイメージでした。だもんで今「レモン哀歌」を読んでちょっとウルっときました。

☆あふろやんさん

2006-04-04-Tue-18:59
詩人とか歌人とか、特に近代の人のことは、その人生を知るとすごいですよ。そもそもが貧しい中で文学やってる人が少なくないですからね、サクタロみたいに医者のセガレでも、萩原医院の跡を継がないわけですから、ごくつぶしみたいに言われる(のではないかと、必要以上に本人が被害妄想になったりする)など、実生活は壮絶なものがあります。

それでいて、芸術だの、理想だの、魂の自由だの、恋愛だのを語って、突っ走るわけですから、そりゃ、小説読むより、詩人や歌人の人生を知るほうがおもしろかったりしますです。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/753-edb493b3

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。