FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

平成18年度春場所~十四日目

2006-03-26-Sun
十四日めを終わり、賜杯は1敗を堅持した横綱朝青龍と関脇白鵬の二人に絞られた。ところが、このそれぞれが、来場所に横綱挑戦権をつなげたい大関栃東と、カド番脱出か引退かがかかる大関魁皇と対戦することになった。

読売新聞(26日付け)によると、この栃東との対戦について「(横綱昇進は)そう簡単にはいかないよ」といい、「もう一回やりたい」と白鵬との優勝決定戦に勝って、自分の強さを誇示してでの優勝を望んでいるようである。

かたや白鵬は、海皇との対戦について「やりにくい」とコメントしたらしい。同じ一門の先輩大関という相撲界独特の考え方も影響しているようだ。もちろん、だからといって優勝をあきらめるなんてことはありえず、勝って、優勝決定戦でも勝つという気持ちはないわけはないのだが。

白鵬×若の里●
白鵬余裕。若の里との力の差が出てきた感じです。若の里はもっとあがってほしいですが、もう一度強くなってあがってほしいです。

●琴光喜×魁皇
魁皇も終盤強さが戻ってきていますよね。この強さ、白鵬やばいんじゃないでしょうかね、ひょっとすると~。

栃東×千代大海
千代大海ね~省エネ効果をこういう一戦に出してもらえるといいんだけど、今のところ省エネでないとダメって感じだから~

朝青龍×琴欧州
怪我で一方的。ま、今場所通じて怪我をおしてよくやったという感じですね、琴欧州。これで精神的な強さにつながり、また、ファンの掘り起こしにつながるとしたら、がんばってやったかいがあると思います。

大相撲全般 - 格闘技

COMMENT



2006-03-26-Sun-15:52
ピーターが青龍へ堅持したかった。

☆ピーター

2006-03-26-Sun-19:07
そうかい~ピーター。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/739-923428fa

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

平成18年大相撲春場所 十四日目

「次の夜から欠ける満月より14番目の月が一番好き」と歌っていたのは(JA○RACに見つかりませんように)荒井由実時代のユーミンだが、14番目の月荒井由実東芝EMIこのアイテムの詳細を見る我々好角家にとって14日目は、ああもう今場所も今日明日で終わりなのね。。。と一抹の

平成18年春場所 14日目

んーーーー。びすたり鼻血が出ました。栃東ね。グイグイグイ~とおっつけながらジリジ...

2006年 大阪場所 14日目

 14日目 【解説】正面(幕内)高砂向正面(幕内)北陣【アナウンサー】正面(幕内)刈屋富士雄(ラジオ)岩佐英治<副音声>【ゲスト】カトリーナ・ワッツ【実況】マレー・ジョンソンお薦めのブログ⇒贔屓力士別リンク  取り組み結果  幕下幕下研究は あみだ様 ..

春場所・14日目

把瑠都がついに14連勝。右固めてかちあげっぽく立ったら旭南海の顔面に入ったか?左は直ぐ差して返すとこまでは言ってなかったが体が大きいのであれだけでも効果ありそうね。

大相撲春場所:14日目潜入記&主な取組結果

今日は●年ぶりに(^^;)地元・春場所開催中の大阪府立体育会館へ♪ 14:55に到着すると、正面入口から相撲茶屋が立ち並ぶ通りにかけて、 場所入りの力士を待つ大勢の人だかりで(*o*;) 何とか人込みをくぐり抜けて、さっそく場内に入ると、 巨大なガラスケースには、 明日

大相撲春場所14日目、朝青龍と白鵬2人の勝負に

 大相撲春場所14日目。朝青龍と白鵬はともに万全の相撲で1敗を守った。これで優勝

大相撲三月場所 十四日目

十四日目に勝ち越しを決めたのは武雄山、嘉風、時天空。 負け越しになってしまったのは栃乃花と高見盛。 明日、千秋楽に勝ち越しを賭けるのは北桜、安馬、魁皇。 北桜の相手は三勝十一敗の十文字。 安馬の相手は八勝六敗の琴光喜。 魁皇の相手は十三勝一敗の白鵬。 そして

春場所十四日目

いよいよ大詰め。今日で満員御礼も5年振り8回目で勝ち越しを決めました。ところで横綱の土俵入りで「今日は朝赤龍と高見盛の取組みがありますので露払いは潮丸、太刀持ち朝赤龍...」と実況していましたが、対戦者同士が務めることはないのですね。志気に関わるからとかそん

十四日目!!

魁皇、7勝+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚東桜山、ダイスケ5勝!鶴竜勝ち越し☆ 海鵬7勝!把瑠都14連勝(*゚∀゚)=3 豊真将11勝目です。猛虎浪、片山、里山勝ち越し!大

モンゴル三銃士

 さあ14日目。・幕下 ヴェテラン栃天晃惜しくも負け越し。4人取っているので、後述。・十両 幕下東5枚目上林が寶智山を破って5勝目。東2枚目将司は須磨ノ富士に敗れて4勝3敗で終了。福薗・澤井は3勝4敗にとどめた。 十両寶智山・須磨ノ富士は五分。鶴竜嬉しい勝ち越し。

2006年大相撲春場所14日目

佳境だか越境だか国境だか知らないが、泣いても笑っても今日は千秋楽である。15時くらいまでには14日目まで見終わらないと話にならないって事で、今日の「相撲デー」の中日14日目、始まり始まり~。優勝争いにこそ、波乱は起こり難いと思われるんですが、そうは言っても大関
HOME