FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

【祝!世界一】王ジャパンWBC優勝

2006-03-21-Tue
WBCで優勝しました。WBCなどと聞くと、ボクシングの団体だと思ってしまうのですが、「ワールド・ベースベール・クラシック」というのだそうでして、直訳するとどういう意味? と思っていたら、ヤフー知恵袋に一応質問が出てました。

→ヤフー知恵袋:「WBCのクラシックとは何を意味するの?」

回答の中では、メジャーリーグで、夏のオールスターゲームを別名「ミッド・サマー・クラシック」と呼び、同様に秋のワールドシリーズを「フォール・クラシック」とも呼んでいるということを踏まえて、「重要な公式の試合」という位置づけだろうとしていますね。ワールドカップと並ぶ何かいいネーミングがほしかったのでしょうけれど。

ま、日本はこれだけ野球熱があるのだから、優勝してもおかしくはないのですが、やっぱりアメリカ人にとって、野球でアメリカが優勝しないことには納得がいかないのではないかなぁと思いますね。

そもそも、松井が出場しなかったんじゃないですか? 井口はともかく(笑) あれはなんなんでしたか? ヤンキースにどういう思惑があったのですか? 日本に松井が出るとアメリカにとって都合が悪いからだなんて、思ってもみませんでしたが、こういう結果が出ると、あれれ、そういうことだったのかなぁ~とかんぐってみたくなります。ゲスカンでしょうけれども。

それに、なんですか、あの審判。王監督が「野球発祥の国で、ああいうことがあってはいかんでしょう~」とおっしゃるとおりです。ほかに審判がいないんじゃなくて、もっともアメリカに有利に判定する審判を選びに選んだんだんじゃないんだろうかって疑いたくなりますね。これもゲスカンなんでしょうけれど。

ほんと、「日本の選手選考」、「日程(アメリカが1位でくると想定してのアメリカ有利の日程だったらしいですよ)」、「審判の選考」、どれをとってもアメリカが有利になるように設定してあったとしか思われません。なんだか、大国アメリカの薄汚さが本当に露見してしまうような、いやな大会でした。

そこへいくと、やや時期的には遅れて始まった、日本の国技でありますが、モンゴルの横綱に年間最多勝や連覇記録を書き換えられ、ブルガリアの大関を称え、大関とりを目指すモンゴルの若者にも冷たいことをsることもなく、かたやカド番の日本人大関にあたたかい声援を送る、これぞ大和魂、日本人の美学ってなもんであります。

それに比べて、あの審判。まさか、一人の審判がこんなに日本で有名になるとは誰が予想したでありましょうか~。ボブ・デービッドソン(それにしてもコヤツがデービッドだったとは~不覚です。お詫び申し上げます)。厚顔無恥とはコイツのためにある言葉だと思いました。

これがアメリカのやり方なんです。ほんと、今回のWBCを通じて、イラクや中東の国々の気持ちを理解した日本人は、少なくなかったに違いありません。しかも、それをスポーツでやるのですから。アメリカ人は何よりフェアープレイを賞賛し、フェアープレイを求めるそうです。フェアでないことは悪であるという価値があると。そかし、そういう価値感ができあがってきた根底には、このボブ・デービッドソンのような、薄汚い身びいきの思想が脈々と流れているからではないのでしょうか。移民たちが共同で社会を作っていくなかでは、そういう身内びいきというか、そういう薄汚さがどうしてもでてしまいがちで、結果フェアプレイをことさら尊ぶ文化ができたのではないかと、ま、WBCを通じて、ゲスカンしてしまったわけであります。

おりしもBSE絡みの牛肉輸入再再開問題をめぐる議論にもうかがえるのです。背骨の混入が一例か二例あったときに、「欠陥車1台ですべてのクルマの輸入をとめてもいいのか?」という論理を使ったアメリカの高官がいました。わたしはその理屈を、ちょいとすごいと思いました。確かに、人はミスをする。そのひとつをとりあげてすべてを否定するのはおろかな考えだというのもわかるのです。

しかしながら、2塁の塁審がセーフと宣告しているのを、わざわざアウトと口を出すデービッドソンのような人間をみたときに、やはり、ああしたアンフェアなことをフェアだとごり押しするアメリカ的な嫌なやり方を感じとらずにはおられませんでしたね。

アメリカの正義や公正さなど信じていたら、日本は騙されます。「日本の選手の選考」、「日程」、「審判の選考」すべてはアメリカが有利なようにしくまれていました。牛肉の輸入再再開だって、同じなんです。自分が有利なようにアンフェアでもやる、それがアメリカの基本的なやり方だと、今回のWBCは教えてくれたと思います。

そういう意味でも、WBCは本当に有意義な大会であったと思わないではいられません。

そういうしくまれた不利の中を、王ジャパンはよくやりました! すごいです! で、まったく失礼な話なんですけど、今回の監督、長嶋さんじゃなくて王さんだったからよかったんじゃないかと、巨人ファンであるわたしは思います。WBC自体の人気は、あるいは長嶋さんで行った方が盛り上がったかもしれません。野球もいろいろおもしろかったかもしれません。ただ、あそこまできちんとやりきれたかどうかというと、長島ジャイアンツのことを思うと、ちょっとあれなんですよね。歯を食いしばって苦境に耐え、きっちり成果を残すということは、ひょっとしたら、長嶋ジャパンではなくて、王ジャパンだったからこそできたのではないかと、ま、失礼な話ですが、勝手に考えています(え、長嶋が嫌いかって? とんでもない~。ミスターはミスターです、大好きですよ~)。

よくやった、王ジャパン~。

ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



全く同感ですね

2006-03-21-Tue-22:06
いちいち頷きながら拝見いたしました。
今後世界大戦が起きるとしたらきっかけを作るのは勿論…とか、凄い事まで前にもまして思った私でした。
ジャイアンには失礼ですが全くジャイアンだよなと思うのです。
正義感はあるのでしょう。しかしそれは自分が絶対的に優位になった上での正義って気がします。
今回のような事でどんどん化けの皮が剥がれていく感じがします。

そうそう

2006-03-21-Tue-22:07
模様替えされたんですね♪
とっても良いですね。

☆あふろやんさん

2006-03-22-Wed-00:06
アメリカね~ わたしの仕事場でも、「アメリカやっぱ嫌い」って言ってる人いますからね~。あんな審判で勝ってうれしいのか~?ってな感じですわね。

模様替えは、場所中限定です。

素晴らしい~

2006-03-22-Wed-16:03
いやいや、素晴らしい記事でした。今、↑の記事を全て大きくうなずきながら読みました。全てにおいてまったくもって同感です。特に自分たちこそ正義・公平・平等・・・と勝手に思い込み、実はずるがしこくて自分たちを守ることにかけては右に出るものなし!みたいなアメリカ人がうじゃうじゃいるところで生活している私は、なるほど!良くぞ言ってくれました!出人さん!!!と感激しています。アメリカ人という人種はとにかく根拠のない自信に満ち溢れ、一事が万事ご都合主義を貫く、とんでもない人間の集まりです。(誤解しないでくださいね。特に私の周りにそういう奴らが多いってことで、もちろんアメリカ人の中にもいい人たちはいますよ。少数ですが。。。)
それから私も王ジャパンで大正解だったと思います。長嶋ジャパンなら優勝してなかったかも。。。根拠はないけどね。とにかく王さんのチームで優勝できてよかったです。おまけに相撲における大和魂、日本人の美学にまで話が及ぶとは。。。出人さん、さすがです。はぁ~すっきりした。

☆ぶりとちさん

2006-03-22-Wed-21:08
ああ、「一事万事ご都合主義」ね~それはアメリカだけじゃないのかも。

いずれにしても、あの準決勝への出場の決まり方、もうだめだってところから、拾ったような形で進出できたこと、あれが、チームとしてまとまる最大の要因だったみたいなことが言われています。もっともと思いました。野球はチームでするものですからね。

うふふ。熱い。

2006-03-23-Thu-15:36
 なるほど。
 私は、日本の心理面の弱さがモロに出た大会だと思います。

 日本-アメリカのタッチアップなんて、翌日のアメリカの新聞各紙のボブ審判の叩き方と、その汚く拾った勝ちに対する批判が並んだとズームイン朝の逸見レポーターが紹介していました。
 
 アメリカのジャーナリズムは正義面を守っているけれど、MLBにはMLBの負けられない事情があったのでしょうし、アメリカにはアメリカの正義があるでしょうね。

 あのタッチアップも、メキシコ戦のホームラン2塁打事件も、それはプレーしてる選手が一番分かってて、しかも全世界(?)に中継されててフィルムとして記録も残るのに、アメリカの選手が誰一人として「おい、デービッドソン、カッコ悪いからやめれ」って言わなかったこと、観客がブーイングしなかったこと、王JAPANがボイコットしなかったことが不思議。

 なんだよアレ。ってボブ以外の全ての人間が思ったでしょうね。

 リーグの振り分けを見ても、ドミニカやらプエルトリコやらキューバなんて難敵を潰し合うように仕向けてますし、MBLは比較的イージーと思われる中で苦戦して敗退しましたね。
 MBLって門戸開放しすぎて、アメリカ選手が中心にいるって事が少ないんですかね?それこそドミニカやらプエルトリコやらキューバやら日本の選手が中心になってMBLをヒートさせてるのに、アメリカ人は必要以上にアメリカ人選手に幻想を持ちすぎてて、その幻想を守るためにアメリカ代表としてボブがヒールを請け負ってアメリカびいきにしたにも関わらず、幻想は崩れてしまった・・・と。

 運を掴むことこそ実力の最たる物だというのが私の持論なので、メキシコがアメリカに勝ったあの日、日本の優勝はほとんど決まったと思います。その日にふて腐れて選手たちが酒飲んだくれてぶっ倒れたのが良かったのかもしれませんね。

 ボブのお陰で、純粋なスポーツ以外の面も楽しめて良い大会でした。私はあの審判のお陰で日本人の注目がより一層WBCに注がれて日本チームに肩入れしてみる事ができた多くの日本人のうちの1人なので、密かにボブに感謝してます。

 純粋なスポーツの祭典ということではなく、サッカーのワールドカップでも変な審判が話題になって盛り上がったりする部分もあって、見世物・エンターテイメントとして見るにはあるいは良かったのかも・・・なんてね。思ってます。

 日本の野球がヒートアップしたら良いなって思いますし、今回の結果を経て、MLBも韓国も他の国々もますます野球を好きになってくれれば良いなあ。

 サッカーよりも野球が好きなんだもん。私が(笑)。

☆フクフク丸さん

2006-03-23-Thu-19:37
審判が変なほうがおもしろいなんてのは、プロレスの見すぎです(笑) 

(笑)

2006-03-24-Fri-05:51
 なんのスポーツを見るのでも、そういう見かたばかりしてます。
 楽しいですよ~。
 
 もちろん、「その競技で描かれる瞬間や流れ(=点や線、面)の芸術」にも感動しま~す。
 

☆フクフク丸さん

2006-03-24-Fri-08:31
もっとも、おそらくすべてのスポーツで、中でもレースでなくて、ゲームとして動いている球技や対人のスポーツでは、審判がどう判定するか、いつ流れを止めるか、どう反則をとるか、それをどのようにコールするかということが重要です。

公平にジャッジしていても、ストライクやアウト、セーフなどのジェスチャーに、気持ちが入っていると、選手も燃えてくるし、試合もおもしろくなってきますよね。

対人のスポーツでは反則かどうかという際どいプレーがあることがあります。最初のきわどいプレーに対して、流すか、注意するか、あるいは厳しくとるかで、その後のゲーム全体に影響することもあります。

ただ、公平であればいいというだけでなく、審判はとても重要です。プロレスを引き合いにだすまでもなく。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/729-1d0ee4b3

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

WBC

スカパでイタリア代表の試合とかちょこちょこ見てたんですけど、日本は決勝行けると思ってなかったので準決勝で韓国に勝ったのは嬉しかったけど驚いた。凄く驚いた。試合内容にも驚い

WBC キューバを下して世界一に!

WBCは、10-6でキューバを下して、日本が世界一の座に就きました!v(^^)v おめでとうございます!! 一時は、2次予選で敗退か、と思われましたが、奇跡的に準決勝進出、三度目の正直で韓国を破り、勢いでキューバを下して世界一に。8回裏に1点差まで詰寄られた時は、非常
HOME