FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

「氷上のチェス」~トレノ五輪

2006-02-17-Fri
トリノオリンピックが始まって、連日のように日本人選手の惜しい結果や残念なニュースが入ってくる。選考の段階から、安藤の選考が不透明だとか、浅田の特別措置はどうだとか言われた女子フィギュアが、やはり一番メダルが期待できるのかもしれないけれど、あのスピードの清水はどうした? あのジャンプ陣はどうしたんだ、原田の失格はもうちょっとなんとかならなかったのかとか、スノボーもモーグルもあんなものだったの? って印象である。

そんななかで、腰痛そして椎間板ヘルニアの手術を克服して0.04秒差で惜しくも4位となった岡崎選手とか、大津が転倒して結果、それまでの3位が4位に終わってしまったスピードスケート女子団体の、その涙と仲間からの激励とかは、残念ではあるが、マスコミ受けはよかったようだ。

いくつかそういうものがあるものの、やはり結果が伴わないからだろうか、マスコミの取り上げ方、盛り上げ方がどうも白々しく感じるのはわたしだけなのだろうか。ひょっとしたら、報道する側も、あまりの不振さに気持ちが乗らないのではないかなとか、よけいな気を回してみたりする。もちろん、選手たちは自分自身のことでもあるので、国の代表だとか、みんなが応援しているだとか、そういうことを抜きにがんばっているとは思うのだけれど。

といっても、わたしはそれほど一生懸命にトリノ五輪を見ているわけではない。選手が悪いわけではなくて、あまり冬季五輪のことを知らないから、日本人選手が勝つくらいのことがないと見る気にならないのだ。

ところが、これは何? って思う競技があった。カーリングである。もちろん名前くらいは知っていた。そして、細かなルールは知らなかったけれど、おおざっぱなことは知っていた。磨き上げた大きな漬け物石みたいなものにハンドルをつけて、そのハンドルを持ってその漬け物石を氷の上を滑らせる、すると、仲間たちが、箒のようなものや、モップや、デッキブラシのようなものをつかってその通路を掃除するんである。なんでも、氷の表面は遠目ではつるつるに見えても実際はデコボコしていて、小石のようなものがあったりするので、掃いたり、磨いたりして滑りをよくするのだそうである。この掃き方一つで相当結果がちがうものなのだ。(参考:れっつカーリング

ふ~ん。そうなんだ。でもって、試合方法はというと、上のサイトを参考にまとめるとこんな感じ。

約40m先に描かれた円の中に自分たちが投球したストーンを投げ入れるのを目標にした氷上のスポーツ。1チーム4人で、1エンドに1人2投ずつで計8投します。相手チームと交互に投げるので、1エンドに16個のストーンが使われます。

16個のストーンを投げ終わった時点で、もっとも円の中心にストーンがあるチームが勝ちで、これで1エンドが終了します。10エンド制で、得点を競います。

ただ、得点の数え方がちょっと変わっていて、負けチームは0点です。負けチームのストーンのうちで一番円の中心に近いストーンを基準にして、それよりも円の中心に近いストーンの数が勝ちチームの得点になります。こうして、10エンドで勝敗を決するのです。

競技時間は1試合2時間から2時間半。ゲートボールのように、自分のストーンが相手のストーンをはじくこともあるので、戦略がある上、二時間半の間に氷の表面が変化をするので、投げる選手にも、掃く選手にも、ゴルフの芝読みや風読みみたいな要素があって、奥深いもののようです。


へぇ~。だから、「氷上のチェス」と呼ばれたりしてるんですね。でもね、なんか、変わったスポーツだなって思いました。戦略性もあるし、体力を使うのもわかるのですけどね、漬け物石の通り道を確保していくスポーツって、なんか、こういってはなんだけどオリンピックの競技として、ちょっとイメージがしっくりしません。

決してカーリングが五輪の種目であるのが間違っているなどということがいいたいのではなくて、むしろ、わたしのカーリングに対する知識や、スポーツというものに対する考え方の方が不足していたり、遅れていたりするのでしょうが、なんとなく、どうしてこれが五輪なの? 何を(どういう技術を)競っているの? ってことが今ひとつわからないんですね。ふだんどんなトレーニングしてるんだろうとかさ。

ま、そんなわたしの疑問をふきとばすほど、日本のカーリング選手たちが活躍し、日本でもカーリングに関する理解が広がっていくことをお祈りします。がんばれ! ニッポン!

カ-リング - スポーツ

COMMENT



トラックバックありがとうございます

2006-02-20-Mon-22:22
こちらこそ、トラックバックありがとうございました。
日本は崖っぷちな状態ですが、ここのところいい試合が続いているので見応えがありますね。
日本時間深夜に行われるスイス戦もがんばって欲しいです!

☆ふかふかさん

2006-02-20-Mon-22:29
記事本文では一言もふれてないのですが、やってると見るようにしています。とてもいい。競技がいいとか、熱狂するとかじゃなくて、あんだけ真剣な人間の顔を、まじまじとアップで見るというのが、なんだかとてもメンタル面に働きかけてきます。おまけに、なんというのでしょう、特に、カナダのキャプテンじゃないかもしれないけど、もう、目のつり上がった怖そうな感じの人の表情がとてもいい~。うっとりしている自分を発見してます(笑) 眼鏡を掛けてできるスポーツってのも、なんかいいし、わたしは、眼鏡フェチだったかもっておもってしまいそうな今日この頃です。ああ、絶対、五輪とは関係のない世界で萌え~してます。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/671-6aca78a6

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

長野からはまっています カーリング

長野オリンピックで初めて見たカーリング。NHK BSでやっていた試合を見て、その時から応援している競技です。(一時期は、自分でもやってみたくて、チームを探してみたこともあったりする)今大会、日本は女子チームだけが出場しています。カーリングは1チーム5人。1人は控
HOME