FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

映画:「ミュンヘン」~コロナで

2006-02-07-Tue
スピルバーグの最新作「ミュンヘン」を見てきました。
 → 公式サイト
この公式サイトに入ると、沈鬱な音楽が流れるのですが、映画のトーンはそこにあると思います。

△ポスター撮ってきました~。
1972年9月5日ミュンヘンオリンピック開催中、選手村で、イスラエルの選手団11人が襲われます。襲撃したのはパレスチナの「黒い九月」と名乗るゲリラたちです。その場で射殺された者もいれば、人質として一端空港に連れて行かれながら、人質となった選手11名は全員死亡します。

これだけでもドラマになりそうなんですが、そこからがこの映画のスタートです。イスラエルはこの事件に激怒して、この事件への対応策として「報復」を選択しました。この事件のゲリラ首謀者11人を殺害しようというのです。しかも、「イスラエルに手を出したら後悔することになる」ということを知らせるため、爆弾で殺そうというのです。

標的となった11人は別にいっしょにいるわけではないので、彼らの居場所を突き止め、爆弾をしかけ爆死させる---そういう作戦ですね。その任務を果たすため、イスラエル機密情報機関“モサド”は5人精鋭チームを編成します。急遽、そのリーダーに任命されたアブナー(エリック・バナ)がこの話の主人公です。アブナーには出産を控えた妻がいます。

映画は大きく分けると二部に分けていいと思います。イスラエル選手団が襲われ、アブナーが招聘されチームが作戦を実行していく段階。これは、あたかも「ミッション・ポッシブル」を見るような、着実に標的に近づき、着実に暗殺に成功する、そういう、手段は手荒ではありますが、いささか痛快ともとれるタッチで進んでいきます。

イスラエルのために戦う、仲間の悲しみのために戦う、愛する国のために戦う、愛する者を守るために戦う---おそらくそういう気持ちから、テロにはテロでいう手段でも作戦に参加していったアブナーや仲間たち。そして、スタートを切れば、「生死をかけたミッションの達成」という一種のゲーム的な感覚というか、ハンター的な感覚というか、ひとまず大義名分はどうあれ達成感に酔うようなところも出てくるわけです。

しかしながら、家族がいて、まさに妻がわが子を出産した時期に、いつ戻れるかもわからない作戦の地で、殺害を実行し続けていかなければならないアブナーは、次第に自分たちの任務に疑問を感じるようになるのです。パレスチナ側にも家族や正義がある、情報提供者にも愛する者やその生活がある、みんなが幸福になりたいし、愛する者をなくせば悲しいわけですね。当然ながら。--目には目をの考え方で、相互に永遠に続く報復合戦でいいのだろうかと、アブナーは考えるようになるのです。そして……。

場所はミュンヘン。イスラエルとパレスチナの話ですが、もちろん映画はそれだけではない普遍的なテーマ、愛と平和と悲しみを扱っていると思います。

映画の原作は20年近く前に、「標的は11人」という題名ですでに翻訳されてます。
標的(ターゲット)は11人―モサド暗殺チームの記録
ジョージ ジョナス 新庄 哲夫
新潮社 (1986/07)
おすすめ度の平均: 4.67
4 無知な私でも読めた。
5 ”スパイ”から連想されるイメージが変ります。
5 イスラエルヒットチームの行動をスリリングに描く秀作


にほんブログ村 映画ブログへ

COMMENT



私も見たい!!

2006-02-09-Thu-00:26
見て来られたんですね~
私もこの映画は是非見たいと思ってます
この前は、楽しい映画を見たくて「有頂天ホテル」を出かけたついでに見て来ましたが・・・まぁ~レンタルでも良かったかなー。と思ったのが、感想です(爆)
海外のラブコメディのような!バカ笑い出来ることを期待したのですが・・・やっぱり、そこまでは無理でした。
少し前の映画シンデレラマン見ました!?(前にも聞いた!?) とっても感動するらしいのでレンタルで見たい映画です

☆ノエルさん

2006-02-09-Thu-00:53
「the有頂天ホテル」は見たいと思っています。見られるかわからないけど。

発音って「ザ」じゃなくて、「ジ」なんですよね、母音から始まるから。

すごい桜

2006-04-04-Tue-14:04
すみません。「ミュンヘン」の話じゃないんですけど。
この桜と赤信号っていう写真。インパクトありますね。
例の子犬に負けていません。おみごと。v-63

☆薬剤師さん

2006-04-04-Tue-19:03
お褒めにあずかってあれなんですが、この写真はわたしの作品ではありません。わたしがFC2に来てよかったなぁって思ってる、いくつかあるうちの一つが、この写真の作者のブログを知ったことです。

作者はBADRUNです。ブログ内の検索でBADRUNに書いた記事を見つけてくださるとうれしいです~。そして、BADRUNのすばらしい作品を見に、ブログへ訪問してみてください!

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/648-aeb0ae86

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

ミュンヘン

●『ミュンヘン』164分。2006年2月4日公開。『宇宙戦争』の後の監督作品としては地味な感じがするけど気になる。一作ごとに話題作に主演のエリック・バナ、007出演前のダニエル・クレイグも見れる。これってアカデミーとれそうなのかな?映画チラシ評価■...

ミュンヘン

昨日の夜に映画を見てきました。レイトショーで1,200円。本当は「博士の愛した数式」を見ようと思ったんだけど、先に原作本を読んだことのあるカノジョに却下されちゃった。本で感動したから、そのイメージを大切にしたいんだと。仕方がないから、別の機会にひとりで見よう

「ミュンヘン」

「ミュンヘン」謀略史観的な書物では、モサドといえば世界中の情報工作機関の中で最も優秀で最もプロ意識の高い冷徹な集団として描かれるが、この映画に登場する工作員たちはそれにはほど遠い。水も漏らさぬ完璧な計画を立てるでもなく、表情ひとつ変えずに敵を始末するわけ

【劇場鑑賞12】ミュンヘン(MUNICH)

1972年ミュンヘン・オリンピック世界は11人のアスリートが殺されるのを目撃したこの映画は、その後の物語である。

ミュンヘン

1972年、パレスチナのテロリスト集団がミュンヘンオリンピック開催中に起こした歴史的な大事件とその報復行動を追う、事実をベースにした作品。スピルバーグは社会的影響などを考慮して、何度も監督要請を辞する態度を取っていたが、やっとここに長年の構想が完結した。イス

ミュンヘン

(ネタばれ注意) スピルバーグ が世界にはなつ衝撃の問題作! ってことで予告編ともども楽しみにしてたわけだけど、実際には良くも悪くも 私の想像とすこしばかり違っていた・・・ いわゆるスピルバーグお得意のエンターテイメント的装飾はほとんどない 観る者はあ

あなたはミュンヘンで感動したかい?

スピルバーグのミュンヘンを見ました。実話にもとづく映画は、本当に重いですね~。映画のような話だとよく言いますが、本当の話なんですね。もう少し歴史的背景を勉強しようと思いました。ミュンヘンは、おすすめできます。

ミュンヘン

ミュンヘンも マンハッタンも ターゲット  なぜ今ミュンヘンなんだろうか。もちろん時間が経たなきゃ描けない時代を左右する事件は、いつか歴史が判断するまで待たねばならないかもしれない。しかし、そんなことは、ここでは言いたくない。 娯楽大作を生み続けるスピ

「ミュンヘン」テロの狂気と正義

「ミュンヘン」★★★☆エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、ジェフリー・ラッシュ主演スティーヴン・スピルバーグ監督、2005年、アメリカ1972年ミュンヘン・オリンピック開催中に、パレスチナゲリラによるイスラエル選手団襲撃事件が起こった。人...

『ミュンヘン』

「今はいがみ合っている者同士でも、人間的なコミュニケーションを続ければ、いつかはそれが、殺し合いの抑止力になる」そう感じさせられるシーンがいくつも。

ミュンヘン-(映画:今年33本目)-

監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、キアラン・ハインズ、マチュー・カソヴィッツ、ハンス・ジシュラー、ジェフリー・ラッシュ、アイェレット・ゾラー、ギラ・アルマゴール、ミシェル・ロンズデール、マチュ....

社会派超大作「ミュンヘン」見てきました

 30個目のアカデミー賞受賞なるか?スティーブンスピルバーグの「ミュンヘン」を見てきました。

『ミュンヘン / MUNICH』 ☆今年20本目☆

『ミュンヘン』公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/syriana/原題:MUNICH製作:2005年アメリカ監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/キアラン・ハインズ/マチュー・カソヴィッツ/ハンス・ジシュラー/ジェフリー・ラッシュ....

ミュンヘン(映画)

この作品をすばらしい映画だと評価するのはとても悲しいことだけど・・・{/kaeru_shock1/}爆発の音が重苦しく、心臓の底から臍の奥へと響く。いよいよ計画を実行する直前の逃げ出したいような震える時間・・・次々とこなしていくうち、穏やかだったメンバーの顔が異様な表現

『ミュンヘン』

スティーブン・スピルバーグ監督、エリック・バナ主演。1972年9月5日、ミュンヘンオリンピック開催中、イスラエルの選手団11人を虐殺したパレスチナゲリラ『黒い9月』への報復のために編成された、イスラエルの暗殺チームのリーダー、アヴナーの、命を懸けた闘いと苦悩を

ミュンヘン 06年169本目

ミュンヘン2005年   スティーブン・スピルバーグ 監督エリック・バナ , ダニエル・クレイグ , キアラン・ハインズ , マチュー・カソヴィッツやっぱり、こういうのが、今のスピルバーグなのね。ミュンヘン五輪で実際に起きたテロの映画化。  

映画評:ミュンヘン

1972年9月5日未明。 ミュンヘン・オリンピック競技場内の選手村に、“黒い九月”と呼ばれるテロリスト集団が侵入した。 “黒い九月”...

映画評:ミュンヘン

1972年9月5日未明。 ミュンヘン・オリンピック競技場内の選手村に、“黒い九月”と呼ばれるテロリスト集団が侵入した。 “黒い九月”はAK-47ライフルで武装し、イスラエル人選手が宿泊する部屋に乱入。 ほぼ二日間、イスラエル人選手を...
HOME