David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「闘魂始動」1・4ドームに、曙参戦。

2005-12-30-Fri
新日本プロレス1・4東京ドーム「闘魂始動chapter1」に曙の参戦が決定しました。曙は、明日(大晦日)大阪ドームのK-1Dynamiteでボビーとやって、中3日でプロレスのリングに上ることになります。いわゆる長州力の現場監督という点でも、新年度の契約更改との絡みという点でも、いろんな意味で注目を浴びる大会だけに、成功させねばならないし、また、参加選手の気合いの入れ方もいろいろでしょうから、ま、曙とっては大きなチャンスであることに間違いはありません。

とはいっても、まさか新日あがるとは思ってみませんでした。それは驚きです。考えてみれば、K-1とはそれなりに連携がとれているようですし、不思議はないのかもしれませんが、ちと意外でした。でも、ま、レスナーよりも話題性があることは間違いありません。レスナーはプロレスファンしかしりませんが、曙は日本人で知らない人はいないですものね。

ちと、大相撲関連ブログから読みに来る方がいらっしゃりかもしれないので、吉江とか対戦相手のことを少し書いてみましょうか(そんな必要あるのかな)。

曙は第5試合で、吉江と巨漢タッグを組み、ヒロ斉藤・B・S・マシーン組と戦うようです。吉江というのは新日本プロレス所属のデブ巨漢レスラーです。が、こんな選手です(→吉江豊)。このプロフィールにはありませんが、裏拳という空手系の技もつかえ、K-1ファイターのヤン・ザ・ジャイアント・ノルキアを倒したこともあります。一応、吉江も口べたながらコメント出してます

ただ、タッグという点については、全日本でのパートナーであった武藤親方と比べると、インサイドワークやリードの面からみて落ちることは間違いありません。その点心配ですが、相手がヒロマシーンなら、そう心配することはないでしょう。いくらか、ヒロとマシーンのこずるい連携にとまどうかもしれないが、プロレスですので、みごとに吉江、曙が快勝することと思われます。


ついでですんで、他の試合のことを少し書きましょう。ただ、インディーズのことはよく知りませんので、ほんと参考にならんし、なんか、今ひとつあれなんですね。

興味があるのは、「長州が出る」というだけで第4試合。ただ、12人タッグマッチなんてそもそも、乱闘に始まって、乱闘に終わるって感じで、他のほとんどの日本人対決が、そういう感情的なぶつかり合いのレベルに終わってしまいそう。でしょう。そういう中で、ほのかに期待するのは、第8の棚橋vs柴田と第7の金本vs大谷。感情をむき出しにしても、お互い、いい試合のレベルまで持っていってくれるだろうっていう感じです。ただ、なんというか、「本気」と「感情的」ってのを混同して欲しくない。それは、PRIDEの「小川vs吉田」でも同じなんだけど、感情的になってムキになるのが、真剣で本気な戦いってわけじゃない。だれも、そんな喧嘩みたいなものは期待してないんです、そういうものを秘めながら、やはりプロとしての戦いを見せて欲しい。あとは、中邑にしろ、中西にしろ、どこまでやれるかって感じ。

いずれにしても、曙の話題性を借りてまで、無理してドームでやらなくってもって感じになっちゃってますよね。寂しいですが。ちなみの、わたしは会場まで見に行くつもりはありませんです。

第1試合
山本尚史<1/20>崔領二(ゼロワンMAX)

第2試合
邪道・外道・ライガー組<1/30>BADBOY非道・金村キンタロー(以上アパッチプロレス)・田中将斗(ゼロワンMAX)組

第3試合
稔・タイガーマスク組<1/30>石井智宏(リキプロ)・高岩竜一(ゼロワンMAX)組

第4試合
▽12人タッグマッチ
長尾浩志・後藤洋央紀・矢野通・飯塚高史・西村修・藤波辰爾組<1/45>関本大介(大日本プロレス)・佐々木義人(ゼロワンMAX)・神風(ゼロワンMAX)・宇和野貴史(リキプロ)・佐藤耕平(ゼロワンMAX)長州力(リキプロ)

第5試合
吉江豊・曙(k-1/チームヨコヅナ)組<1/30>ヒロ斉藤・B・S・マシーン組

第6試合
永田裕志1/30村上和成(ビッグマウスラウド)

第7試合
金本浩二<1/30>大谷晋二郎(ゼロワンMAX)

第8試合
棚橋弘至<1/30>柴田勝頼(ビッグマウスラウド)

第9試合
中西学<1/30>ジャイアント・バーナード

第10試合
▽IWGPタッグ選手権試合
【チャンピオンチーム】天山広吉・蝶野正洋組<1/60>【挑戦者チーム】 大森隆男(ゼロワンMAX)・越中詩郎(フリー)

第11試合
▽IWGP ヘビー級選手権試合
【チャンピオン】ブロック・レスナー<1/60>【挑戦者】中邑真輔



なんか、大混乱の軍団(団体)抗争ドラマの一大プロローグになってしまうような気がする。

新日本プロレス - 格闘技

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/561-b7ea3f6e

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

2005年を振り返って -蝶野正洋インタビュー-

スカパーのファイテングTVサムライの中の番組「ニュース侍!」で黒の総帥、蝶野正洋氏のインタビューがあったのでその話を書き出してみる。>1/4日のドームに曙選手が参加されるとのことですが?やっぱり名前もあるし、プロレスを半年近くやっているのでどれだけの選手に

[追加カード]1/4(水)新日東京ドーム、 吉江豊、曙 vs ヒロ斉藤、B・S・マシーン

1/4(水)新日『闘魂始動 Chapter 1』 東京ドーム■第5試合(30分1本勝負)▼吉江豊、曙 vs ヒロ斉藤、B・S・マシーン吉江豊「デカイ外人とやりたいという願いに一歩近づいた。今回は組みますが、ドームの後に、曙選手とのシングルマッチに結びつけて行きたい。曙選手のプロレ

そっくりでショーパート5、プロレスラー天山広吉と・・・

新日本プロレスがテレビ朝日で毎週放映されていた頃はよく見ていたが、ここ1年近く見ていない。小島と天山がタッグを組んでテンコジと呼ばれていた頃が懐かしい。もしジャイアント馬場が生きていればプロレス界は今のように混沌としてはいなかったのではと思う。それを思う
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。