FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

「もんば飯」~書籍紹介『放送禁止歌』

2005-12-29-Thu
『悪役レスラーは笑う』をおもしろく読んだが、先日書店をぷらりと歩いていたら、同じ森達也の『放送禁止歌』が平積みになっていたんで、へぇ売れてるのかと思って、買ってきた。

放送禁止歌
放送禁止歌
posted with amazlet on 05.12.29
森 達也
知恵の森 (2003/06/06)
売り上げランキング: 3,262
おすすめ度の平均: 4.62
5 幾重もの<驚き>が織り込まれて
5 まだ大丈夫
5 規制するのは誰?


放送禁止歌とは何か? なぜ、放送禁止なのか? 誰が決めるのか?--本書は、放送禁止歌をめぐるドキュメントを放送しようという、つまり、放送禁止歌を放送しようというドキュメンタリーの企画を通して、監督である筆者が追究し、出くわし、気づいた数々をまとめたドキュメンタリーです。

この手法は「悪役レスラーは笑う」でも使われています。つまり、番組の企画をする、問題意識をどうもつか、視点をどこにおくか、テーマをどう据えるかなど。そして、そのために、いろいろと調べていく。関係者の取材する。結果として、番組ができる(場合によっては「悪役レスラー」の時のようにできない)。しかし、すべてが番組にできるわけではないし、テレビ番組として発表しなかった部分にもおもしろい点はたくさんあるのですね。わたしはその放送を見てないから、比べてどうってことは残念ながら言えませんけれど。

さて、あまりネタバラシになっても、この本を読むおもしろみを奪ってしまいますので、あまり細かくは書きませんけれど、放送禁止歌ってのはある種の日本のマスコミ(主としてテレビ)の思考停止の一つの現れということになってくるんだと思いますね。放送禁止歌の扱いをめぐって、そういうところにまで迫っていきます。

また、日米比較というわけで、デーブ・スペクターとの対談もあるのですが、それまたけっこうおもしろいです。「小人を規制して、巨人を規制しないなんて片手落ち」なんていうブラックな指摘もありまして、ま、おもしろいです。アメリカにまつわる誤解と、日本人の横並び意識みたいなものを、ここでも確かめることができます。ま、日米の比較と言うことになるとどうしてもそういうことになりがちです。

また、テレビ番組化の過程で、幾人かの放送禁止歌の作者(歌手)たちに、実際に歌ってくれないか? と頼むのも、また、おもしろいと思いました。テレビ局の関係者にも放送禁止歌をどのようにとらえているかインタビューします。また、制定しているとされる民放連や、きつい糾弾や抗議をくりかえしてきたと言われている部落解放同盟にも筆者はインタビューに行きます。それが再現されているのですが、なかなかいいかげんというか、共同幻想というか、思考停止と問題意識の欠如が浮き彫りにされる感じに、驚かされます。

今回の記事タイトルの「もんば飯」はおからご飯のことだそうです。実態がどんなものであるのが、わたしにはわかりません。これまた、どういう過程で、どういう基準で「放送禁止歌」になってしまったのか、よくわからない「竹田の子守歌」の、いわば幻の一節、

久世の大根めし 吉祥の菜めし
またも竹田のもんば飯

からです。まんぞくな飯が食えなくて、大根めしや菜めししか食べられない地域がある、しかしそれはまだ、もんば飯を食うところよりかまし……差別される側が差別する側にまわるという連鎖、その悲しさをものがたる一節と言えるでしょう。それは、差別だけでなく、現在の子どもたちのイジメなどにも起きてくる現象であり、一つの人間の性なのかもしれません。

紙ふうせんの「竹田の子守歌」に当初盛り込まれなかった、そして後に発掘されたのこの一節は、それを歌い筆者はそれを指摘するのです。「竹田の子守歌」紙ふうせんの「Saintjeum」というアルムに収録されています。

また、「封印された竹田の子守歌」のページでは実際に聞くことができますし、放送禁止になってしまった事情も説明されています。




どこかの番組かなにかで取り上げられたのかもしれませんけれど、OKWaveの「竹田のもんば飯ってなんですか?」というQ&Aのページから、よく訪問者がいらっしゃいます。

どなたかが、回答欄にこのページのURLを貼りつけてくださっているのですが、どうも、その回答には不十分なような気がして、その後見つけたリンクを追加しておきますね。

だが、女性は「竹田のもんばめし」など、ムラの貧しさを象徴する歌詞を気にして後藤らの提案を拒んだ。「もんばめし」は、おからのこと。雑穀に混ぜて量を増やす。かつてのそんな暮らしぶりが唄に乗せて知られてしまう。女性は「ムラの恥をさらした」と悩んでいたという


上は毎日新聞夕刊すとーりー:H18.8.21からの引用ということのようです。こちらのページから。


この毎日新聞の記述でも、実際の「もんば飯」はわかりません。「飯」とあっても実際に米が入っていたのか、おからと雑穀だけを混ぜたもので米粒は入っていなかったのか、そのあたりはわかりません。歌詞の中での貧しさの象徴という意味はわかるのですが、実物はわかりません。

COMMENT



☆有限会社ロジカル・コミュニケーションさん

2006-01-14-Sat-15:07
(有)ロジカル・コミュニケーションのブログさん、トラックバックありがとうございました。しかし、「ISOマネジメントシステムを活用した経営コンサルティングを展開している有限会社ロジカル・コミュニケーションのブログページです」となにかまともなページのわりには、記事内容とはほとんど無関係のトラックバックをなさるのですね。そういうのって、どうかと思いますよ。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/557-a08dd7cb

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

横並び意識

マネジメントシステムの構築・支援の仕事をしていると、どうしてもマネジメントシステム規格の多くが「組織がそのマネジメントシステム規格に適合していること」を公にする「認証制度」があるために、「認証まではどの程度の期間が必要でしょうか?○ヶ月ぐらいと聞いていま

「森達也 現代を語る」

上映会と講演会「森達也 現代を語る」に行った。途中参加だったので、「放送禁止歌」の上映から観る。これは、テレビで早朝枠に実際放映されたドキュメンタリー。実際のミュージシャンが歌う映像もあれば、映像なしで曲だけ流し、黒い画面に歌詞だけが流れるも
HOME