FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

映画:「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」って

2005-12-11-Sun
2006年1月14日(土)に「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」という映画が公開されるます。実はこれ、ピュリッツァー賞、トニー賞などの権威ある賞に輝き、マンハッタン、ブロードウェイ、ロンドン、そして日本でも上演されて話題を呼んだ舞台「プルーフ」の初映画化作品です。
20051210185336.gif


舞台作品の映画化もいろいろありまして、最近では「オペラ座の怪人」が記憶に新しいです。もちろん、日本での知名度ははるかに「オペラ座の怪人」の方が高いでしょうけれど、作品の深さそして現代性からいえばおそらく「プルーフ」の方が興味深いものではないかと思います。
オペラ座の怪人 通常版
メディアファクトリー (2005/08/26)
売り上げランキング: 14
おすすめ度の平均: 4.28
5 ミュージックチャプター♪♪
4 映像でしかできないこと。
5 ファントム、素敵すぎ☆


「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」の監督はジョン・マッデン、主演グウィネス・パルトロワ。このコンビは、1998年に「恋におちたシェイクスピア」を生んでいます。「恋に落ちたシェイクスピア」は同年の第71回アカデミー賞で作品賞、脚本賞、主演女優賞など7部門を受賞したのです。
恋に落ちたシェイクスピア コレクターズ・エディション
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2003/11/21)
売り上げランキング: 3,784
おすすめ度の平均: 4.48
5 ただの恋愛ものと思いきや素敵で楽しくてとびきりロマンチック
5 こっちが恋に落ちたよ
5 豪華絢爛たるイギリスとシェイクスピアを描いた素晴らしい作品!

そのマッデン監督がパルトロウを主演に迎えて、ロンドンの舞台で上演し大絶賛を浴びたのが「プルーフ」だったわけです。その映画化に際しては、幾人かの女優が自分が主役になりたいもの

主人公のキャサリン(グウィネス・パルトロワ)は美貌と数学の才能を持ち会わせているのですが、天才数学者である父(アンソニー・ホプキンズ)を亡くし、喪失感や虚脱感に見舞われ心のバランスを崩してしまうのです。

全く生きる気力を失っている彼女のところに、父の教え子のハル(ジェイク・ギレンホーラ)がやって来ます。ハルの優しさに触れ、キャサリンは少しずつ心を開くようになります。人への信頼を再び取り戻し始めたキャサリンと、ハルの前に一冊のノートが登場します。そこには画期的な数学の証明が記されているのです。いったいその証明をしたのは、キャサリンが言うとおりキャサリン自身なのか? それとも数学者の父親の最後の偉業だったのか? その数学の証明(プルーフ)を巡って、若き二人の数学者と故人をめぐっての感動のドラマが始まるのです。

公式サイトの紹介文には「二度と立ち上がれないほど深く傷ついた一人の女性、キャサリンの魂の再生の物語」とあります。

どんなに順調で幸せな日々を送っている人であっても、ある日突然のできごとによって心を壊されることがあります。先日のわたしの同僚の死がそうでありました。突然愛する夫を、父を、息子を失って、妻や子どもや母は悲嘆にくれたに違いありません。おそらく、その寂しさ、辛さは今後いっそうかんじられることだと思います。

そうした家族の死や、失恋、仕事の失敗、期せずして巻き込まれる事故や事件、病気……、複雑な現代社会に生きるわれわれにとって、それはほんとうにさまざまです。

そんな中でもわれわれは生きていかねばなりません。自分を見失わずに生きていくこと、苦しみながらも誰かに支えられながら生きていくこと、人を愛しまた愛され助け合いながら生きていくこと、なくし欠けた自信やプライドを取り戻して生きていくこと、そうしてかすかな希望の光を見いだして、再び前を向いて歩き出すこと……その人間ドラマが、舞台からスクリーンへと出て展開されるのです。

キャサリンという心に深い傷を受けた数学者が、数学の証明をめぐるいくつかのやりとりの中で、人を信じ、自分を信じることの難しさと大切を、まさに証明してくれる作品です。

「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」。2006年1月14日(土)全国ロードショーです。

洋画全般 - 映画

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/505-cafad231

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

プルーフ・オブ・マイ・ライフ

月に何度か映画を観ることが、私の楽しみのひとつ♪スクリーンの中の物語は、私の夢を叶えてくれたり忘れかけた初恋を思い出させてくれる。感情移入できる映画に出会えると、鳥肌がたつくらい感動するの。

プルーフ・オブ・マイ・ライフ

上質。まさに上質。 証明のために人生をささげ、 心をえぐる日々を送る人間の話  

映画『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』応援!

エキストラの基本給は5時間まで3500円。つまり、1分でも5時間でもギャラは3500円なのです。先日、1時間で終了したので、時給3500円となり、ちょっと幸せでした♪幸せになりたい人にオススメの映画です。ヒロインのキャサリンは、『愛しのローズマリー』で、

プルーフ・オブ・マイ・ライフ

本日2本目です。母親になって演技に自然さが出てきて最近は好感を持てるようになってきたグウィネス・パルトロウ、同時期に父親を亡くしたこともありファザコンだった彼女には心に残る作品になっただろう。 若さと美貌、天才的な頭脳。誰もが羨む才能に恵まれた女性...

映画のご紹介(86) プルーフ・オブ・マイ・ライフ

ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(86) プルーフ・オブ・マイ・ライフ歴史に残る数学の証明はとてつもなく難しい。その証明を自分が考えたことを証明するのは、難しい。しかし、一番難しいのは、人を...
HOME