FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

「アマレスプロレス」

2005-03-30-Wed
昨夏のアテネ・オリンピックの女子レスリングの活躍は記憶に新しい。ところで、この「レスリング」という言い方だが、日本では「プロレス」のイメージが強いためでもあるのだろう、「アマチュア・レスリング」もしくは「アマレス」などと呼ばれている。

だが、オリンピックの種目名は「レスリング」であり、おそらく「プロレス」が誕生する前には、「レスリング」といえば、プロもアマもなく、今の「アマレス」のことを示し、「アマチュア・レスリング」などという呼ばれ方もなかったはずである。

以前、知プラでも回答したことがあるのだが、「プロレス」と「アマレス」ほど、「プロ」と「アマ」のルールが違う種目はない。同じ格闘系のボクシングや相撲、球技のサッカーやバスケット、野球、ゴルフなど、おあよそプロ化されている種目を想起しても、ここまで別物になっているものはない。
 → 知プラ:「プロレスのプロって?」 ※知プラの回答はこれ。まだ、回答の書き方も下手だし、シンボルの「象さんキャップ」もなかった。

この回答にも書いたけれど、「プロレス」と「アマレス」があまりに違うものだから、プロじゃないけど「プロレス」がやりたいという人たち(多くは学生だが……)が登場してくることになる。たとえば、「学生プロレス研究会」のリンク集なんてのがある。いくつかリンク先を訪問してみると、「研究」といっても、多くは「実習」である。理論や評論でなく、体験実習という研究手法なのだ。
 → 学生プロレスリンク集

以上のような、「プロレス」と「アマレス」、「アマプロレス」が、今までの、わたしが知っている「レスリング」の世界だったのだが、先日新聞(読売新聞)を読んでいて、もう一つの動きがあることを知った。もう一つの組み合わせ。つまり、「アマレス」のプロ化である。浜口京子がプロ宣言をしているかどうかしらないが、いわば、元来の「アマレス」をショーアップして見せていこうという取り組みである。
→ ヨミウリオンライン「スポーツイラストレイティッド」

このリンクがいつまでもつかわからないので、本当は原文をコピペしたところだが、著作権の関連があるので内容を紹介する。題名は「“真剣勝負プロレス”で稼げ」で、「スポーツイラストレイテッド誌」の記事の紹介である。

自分たちのスポーツの「プロ版」に強い反発を感じてきたアマレスチュア・レスリングの選手たちが、ついに才能と強さを大勢の観客に披露し、報酬も得るチャンスを得たというのである。テレビ中継される「リアルプロ・レスリング」という、アマレスの真剣勝負にWWE的な見せる要素を加えたものが誕生したのだ。

3月27日に第1回が開幕(9週間行われる)、7選手で構成する8チームが賞金総額は25万ドル(約2650万円)をめぐって戦うというのだ。フリースタイルとグレコローマンの混合したルールを採用、攻撃性を促進する工夫(攻撃的なものを高ポイント)がなされている。

創設者の一人が、交通事故で兄弟6人を失いその慰謝料の一部を、自らがかかわっていたアマレスのプロ化に投資したというわけである。名づけて「リアルプロ・レスリング」。アマレスの持つ純粋なスポーツ性の魅力を生かしながら、真剣勝負のプロのレスリングを、ショーアップしてみせっていこうというこの取り組みは、全米のレスリング愛好者の期待を受けてスタートした。

およそ、そのような内容である。

そういえば、アテネ五輪の前後に女子レスリングが注目され、異例に、テレビで取り上げたこともあった。よく似たとりくみといえなくないが、アマレス自体の競技人口は日本とアメリカでは比べものにならない。スポーツ性の高いプロ格闘技の誕生の続報を待ちたいものだ。

※ついでなんで、「浜口京子選手はプロ?」ってのを、知プラしときました~。→ここです。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/48-f02a959c

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

柔道か柔術か(22)

 レスリングは古代ギリシャで行われたスポーツだ。 ソクラテスもプラトンもアリスト
HOME