FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

「水道管ゲーム」の思い出

2005-11-27-Sun
わたしは音楽も歌も、スポーツもあまり得意でなく、晴雨読の生活を理想としていたが、ゲームなどは好きでよくやった。わたしがこのように育った背景としては、「両親が働きに出ていてわたしがおばぁちゃん子であったこと」「ある夏4つほどの上の子どもが、近くのそう深くもない川にはまって死んでしまったこと」などがあげられる。

地元で、子どもが事件に巻き込まれたりすると、公園から子どもが消えるというが、ま、わたしの場合は田舎で、時代もほのぼのとした時代だったのだが、やはり川にはまって子どもが死ぬというのは衝撃だった。それも、祖母にしてみれば孫とはいえ、預かっている子だ。目の届くところにおいておきたかったのも無理はない。おっつけ、わたしは、部屋の中で本を読んだり、絵をかいたり、トランプしたりということになるわけだ。

さて、「水道管ゲーム」をしたのは大学時代の思い出である。言葉で説明すると、プレイヤーには手持ちの水道管カードと手直しレンチを使って、スタート(ハンドルのカード)とゴール(蛇口のカード)を結びつければよいのである。

ところが水道管カード(パイプの絵が描いてある)には、「縦直線」「横直線」「L字」「T字」「十字」「栓」などがある。また、それぞれに「スチール制のもの」と「銅制のもの」、「破損水漏れのもの」がある。

順番にカードを「ハンドルカード(蛇口のハンドル)」から、継ぎ足していって決まった枚数をおけたら、「コックカード(水の出口)」を置いて完成するというゲームである。もちろんすんなりとは行かない。自分のところだけでなく、他人のところに出してじゃまができる。というか、そこがおもしろいのだ。順調にのばしている相手のところに「水漏れカード」を置いてじゃまをしたらり、いきなり「十字カード」を置いて分岐を増やしてやったり、「L字カード」を置いて計画外の方向に向きを変えてやったりする。途中破損(水漏れ)があったり、つながっていない部分、栓がされてなく開放されたままの部分があってはゴールカードがおけず、パス(新たなるカードを引く)せねばならない。


およそこんなゲームである。文章で書くとなんか難しいが、一度やってみるとルールは簡単ですぐわかる。ネット上で感じをつたえるページはないかと「水道管ゲーム」で検索すると、この「水道管ゲーム」のページなどはよく感じを伝えているし、実物の写真もあってわかりやすい。

水道管ゲーム
水道管ゲーム
posted with amazlet on 05.11.27
トミーダイレクト (2003/10/30)
売り上げランキング: 7,592
おすすめ度の平均: 5
5 レトロでアメリカン! 誰でも楽しめるゲーム♪
5 デザインもすき!


これ、大学時代に流行って、授業の待ち時間、昼食後の時間などに研究室でよくやっていた。楽しい青春の一コマである。最近はゲームといえばどんどんテレビゲーム化される。ほんらいカードでやっていた、トランプとかUNOなどもテレビゲーム、パソコンゲームとなっている。

わたしが、FC2に来る前にブログをもっていたNAVERもハンゲームの関連会社かなにかで、さまざまな無料ゲームをやっていた。わたしもいくつか楽しんだものである。ばばぬきなどはちゃっとしながらできるのでおもしろい(あ、ハンゲームをするには登録が必要です(ここ)。UNOやばばぬき、などほとんどのゲームが無料でプレイできます。一部アイテムなどで有料なゲームもあるようですが、わたしはそういうものはしたことがありません。それからわたしが申し訳ないということでもないのですが、WIN・IEユーザーしか相手にしておりません。あそこ)。

で、実はハンゲームで、ずいぶん前のことだが「ハンゲームにしてほしいゲーム」を募集したことがある(ひょっとしたら今でもしているかもしれな)。別に賞品があるわけではないし、まさか、実現されるとは思わなかったが、なつかしさもあってこの「水道管ゲーム」を提案してみた。

そうしたら、なんとよく似たものができていた。実際やってみると本物とはずいぶんと違うものだったけれど、わたしが「水道管ゲーム」を提案してから、2、3ヵ月後に「マジカルストーン」というmなんとなく似た発想のものができていたのである。そう、インターネットってこんなものなのなんだよなって、思いながら、責任を感じ何度かプレイしたと思う。別に攻略とかそんなことまったく考えなくていい、簡単なゲームだし。

ハンゲの方のは、まもなく飽きてしまうけれど、本物はプレイヤーに恵まれると結構楽しい。テレビゲームみたいに電源はいらないので、なにかチケット待ちの行列に並んだときに、仲間としてもおもしろいし、家族でしても、友達としてもおもしろい。クリスマスとかお正月の団欒にいかがだろう。徹夜になっちゃうかもね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/462-0986baa3

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME