FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

平成17年度九州場所~二日目

2005-11-14-Mon
二日目。

稀勢の里の安定にびっくり。北勝力がほんの少し早く立った。時々白鵬が使う手口である。自分十分、相手がほんの少し立ち後れるタイミングでたって、さっと自分の優位に運ぼうとする。ところが、稀勢の里は、その遅れをもろともせず、下から基本通りがんと受け止めるように当たって、そのまま一気に持っていった。すげぇ。何だこれはと思った。朝青龍のようなはねとばすような強さは感じなかったし、白鵬のようなしなやかさともちょっと違う、ただ、立ち会いの遅れをもろろもしない安定感を感じた。いいんじゃないかなぁ、稀勢の里。

朝青龍対岩木山。いいねぇ、朝青龍の気迫。岩木山のダンプカーのような馬力に昨日稀勢の里は轟沈した感じだったが、それを見て何か思ったのかもしれない、まさに格闘家である。闘志そのもの。なんというか、この勝負師としての、負けまいとする朝青龍の姿勢こそ、琴欧州にも、他の大関陣にも、そして、白鵬にも足りないものだと思う。このファイト、これぞ、朝青龍だと思った。すごい、ぶちかまし。

栃東頭から行った、そして下から~。それに比べて、魁皇と千代大海の無様なこと。魁皇はまだどこか悪いのかな~って聞きたくなるくらい。千代大海はもっと悲惨。情けない話だが、幼稚園の運動会などで、ときどきお父さんがリレーなどに出て転ぶことってあるよね。自分の頭の中の「このくらいで走れた」という自己イメージと実際の体力の衰えのギャップから、リレーでトラックを走っているとつんのめるように転ぶって、珍しくない光景らしいのだけど、千代大海の相撲見てて、寂しいけどそんなこと思い出した。必死で突っ張っているふりしてるんだけど、相手は効いてもないし、下がってもない、ただ大海の手が気持ちよさそうに出ていて、足がすべっているの……。もう、寂しし過ぎ~。

安馬いいね。琴欧州はつきがあるのかも~。

大相撲全般 - 格闘技


追記:
初日の記事にトラックバックしていただいた「大相撲 武蔵川部屋の日々」に、琴欧州を倒した垣添の記事が出ています。どうぞ。

「昨日見ましたか!!!?」
「垣添祭りっ!!?」
※それにしても、場所前の人気が嘘のようなガラガラぶりですね。福岡国際センター。

※ランキングオンラインにメールしたら、「大相撲」カテゴリ作ってくれたんでさっそくトラバです。

COMMENT



2005-11-15-Tue-21:47
稀勢の里の立ち合い、見事な「後の先」でした。脇が甘いけど下半身はどっしりしているので、後から立って相手の差し手をおっつけ、それから攻めた方がいいんじゃないか、と思いました。(自分が突っ込むと勢いで脇が空きやすいと思う)ただ、それだけで勝ち進めるほど上位は甘くないと思いますが。

☆稀勢の里

2005-11-15-Tue-22:35
いいですよね。初日の岩木山戦はきついかと思ったんですけど、二日目の北勝力戦はほんと感心しました。

横綱戦は……。朝青龍以外にもう一人、しかも普通の横綱がほしいと思いました(笑)

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/426-62bd5a97

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

九州場所・2日目

カロヤンが昨日負けたこと、フジテレビのワイドショーで取り上げてましたよ。まだ1敗しただけじゃん。騒がない、騒がない。

2日目大相撲

 朝、岩見沢を出るときは雪が降っており、積雪もあった。 札幌に着くと、降っておらず、つもってもいない。 岩見沢に帰ると、やっぱり雪景色。不思議…。 帰って、レモネードを湯飲みで飲む。こぶ茶のようだ?! それはともかく、大相撲九州場所2日目。 普天王が休場
HOME