FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

健想の相手は元彌って(笑)

2005-10-19-Wed
「和泉元彌がハッスル参戦」(→ブラックアイ2関連記事)ってのは東京スポーツ中京スポーツなどでも見てなんか、よくわからんニュースだなぁって、前々から眉につばしながらも気にしていたのですが、なんと元彌は対戦相手に鈴木健想を指名しちゃいましたね。

 → スポニチ「元彌 相手はレスラー「“狂言力”で勝つ」(こういう記事消えちゃうと本文がわからなくなるので、下に<記事の要約>をつけときます)

むふふ、なんじゃそりゃ(笑)。しかも、ヤフーヘッドラインではスポーツ枠じゃなくて、エンタティメント枠だし。ま、ハッスルだからかな。

そりゃ、インリンがリングにあがるくらいだから、元彌だってやらせてもらえなくはないけど、相手が健想だってのは、ちょっとって感じです。ま、WWEを退団したことを承知の上での指名でしょうから、すでに話は決まっているのでしょうか。

それにしても「狂言力で勝つ」というのは、ハッスルなら通用することかもしれません。必殺技は「空中元彌チョップ」っていうらしい……。狂言的なオーバーで「オウ」とか「トウ」とか独特の発声で打ち込むのでしょうか。元彌は身長169・7センチ体重63キロで、健想は身長191体重123って出てますから、どんなチョップだって……。

健想にとっては、「和泉元彌が指名した」ってことが名前を売る上では、いくらかかいいチャンスになるのでしょうか。もちろん、プロレス好きは、いまさら言われるまでもなく知っているわけですが、「一般人」には知られてないだろうしね。女性マネである元女子アナの奥さんがともにリングにあがれるということで、ハッスルを選んだのかもしれません。

新日派のわたしとしては、新日本のリングにも戻ってきて欲しいという気持ちもあります。長州監督シリーズの今は、ちょっとチャンスだし。

それにしても、ちょっぴりうらやましいな。和泉元彌……。

狂言師の和泉元彌がプロレスデビュー - 出来事・話題の○○
<記事の要約>
 「ハッスル・マニア2005」(11月3日、横浜アリーナ)に参戦予定の狂言師和泉元彌が18日都内で会見。7月にWWEを退団した鈴木健想を対戦相手に指名した。
 主催者側は芸能人との試合を勧めたが「遊び半分でやるのはイヤだ」と拒否。「自分には“狂言力”がある。やるからには勝つ」と豪語した。
 ハッスルの草間GMは「国の宝にケガでもされたら困る。某大物芸能人と対戦するよう何度も説得したが受け入れてくれなかった」と説明した。

COMMENT



賛否両論ですが。

2005-10-19-Wed-11:54
 ケンゾー・・・8月時点の私の読みではレスナーなんて片隅にも無かったからなあ、ついでに長州の復帰も・・・新日本に来ると思ってましたがねえ。
 パンクラスの謙吾にしても、鈴木健想にしても、最近のラグビー出身プロレスラーはプッシュされる割にはパッと咲けないですよ。いや、阿修羅・原も天龍がいてこその阿修羅でしたけど・・・

 ケンゾーは最終的に長州と喧嘩別れみたいな形でWJを離脱したんじゃなかったでしたっけ?佐々木健介みたいな感じで。ちょっと新日本へは遠ざかりましたかね。

 和泉元彌のプロレス参戦はもう、あちこちで叩かれまくってますよ。私の徘徊する先々のプロレスファンのブログで叩かれまくり。

 でも、私は「非」では無いんですよ。
 400年生き残ってきた形式美を基調とした動きが、四方から見られるリング上で何を表現できるのか?その「狂言力」には幻想を掻き立てられる部分が多々あります。コスチュームも気になるし、立ち居振る舞いも気になるし、入場はヘリコプターなのか?とかいろいろ想像しちゃいます。

 その部分で売っている興行がハッスルですから、つかみはOKなのでは?ついでに、その日の試合に「インリン様vsレイザーラモンHG」も行われますが・・・やっぱり、シロウトとプロが渾然となってする試合はプロレスファンには拒絶感があるんですねえ・・・

 これを最初にやったのもやっぱりアントニオ猪木vs滝沢秀明で、しかも猪木負けたんですがね。
 そういうアントニオ猪木があちこちにばら撒いた物から芽吹いたのがDSEであり、PRIDEもハッスルも猪木の亡霊なんですよね。

 結局、新日本は猪木の亡霊と戦い続けるしかないんでしょうね。

☆フクフク丸さん

2005-10-19-Wed-12:31
ああ、長州と健想はケンカしたのですか。ま、WJ自体が崩壊だから、こんなはずではって思った選手たち、ここではあかんって思った選手たちはいたんだろうけどさ。

ま、賛だろうと、否だろうと、試合してから決まるってのが、ま、わたしの意見です。その前は、賛でも否でもけっこう。おおいに話題にしてもりあげてもらいたいものです。

しょせんプロレスですし、ベルト賭けるってわけでもなさそうですから。

あれ、だれだっけ、ルックルックこんにちわの司会者の沢田亜矢子の元旦那の元マネージャー。あいつもプロレスやってたじゃない。あれよりはましかなぁ(老人力で名前出てこね~)。

ああ、いましたねえ。

2005-10-19-Wed-12:49
 ゴージャス松野。

 プロレスを馬鹿にすんなよ!って言うなら、ケンゾーに一縷の希望を託せば良いだけの話しなんですよね。まあ、ハッスルですからね。

プロレスって

2005-10-19-Wed-21:22
ますますわかりませんねえ。
宗家の母、節子と、2人の姉はどんな気持ちで
見守るんでしょうかねえ?

え?タッキーもやったんですか~?
ハッスルって、一体・・・・・。

☆イタバの小話さん

2005-10-19-Wed-21:30
トラックバックありがとう。こちらからもトラバ返ししておきました。

☆フクフク丸さん

2005-10-19-Wed-21:34
そうそう、ゴージャス松野。なんだか松葉杖にされてたような(笑)。

健想に望みを託すって、ま、誰かが和泉元彌を助けに来て、健想をハッスルのストーリーの渦に巻き込まないといけませんね。どっちをヒールにしていくのか、橋本なき今、小川のパートナーにするのか、いろいろなシナリオが思い浮かび、いいじゃないですか(笑)

別にだからって、和泉元彌の力が必要ってわけじゃないんだけど、やっぱ、お客が呼べることは、プロとして強いってこと以上に必要なことかもしれませんよ。サップしかり、曙しかり。

☆レンゲさん

2005-10-19-Wed-21:38
お姉さんの気持ちはわかりません。わたしなら、プロレス騒動に巻き込まれたくないと思いますけどね。

節子さんに至っては、気持ちはわかりませんが、すでに記事になってますよね。健想サイドがマネージャーであり、夫人でもある浩子さんをパートナーにした男女チームのタッグマッチを要請した場合、元彌サイドとしては元彌のパートナーには節子ママが最適ではないかと、取りざたされています(笑)

あと、タッキーはハッスルじゃありませんよ。あれは新日本。もともとタッキーがプロレス大好きで実現した「ドリームカード」です。

2005-10-22-Sat-09:43
健想受けたようですね。

「正式決定」だそうです。よかった。
→ http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/column/200510/at00006403.html

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/353-52ff9e3f

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

和泉元彌「狂言力」で勝つ!

人気のコミュニティサイト 「ハッスル・マニア2005」(11月3日、横浜アリーナ)に参戦する狂言師の和泉元彌(31)が米プロレス団体「WWE」で最近まで活躍していたレスラー・鈴木健想(31)を対戦相手に指名した。主催者側は芸能人との試合を勧めたが、元彌が「遊び半分

和泉元彌のプロレス入りに思う

ここ数日、狂言師の和泉元彌が小川直也主催のハッスルマニアにレスラーとして参加すると言う話題がマスコミを賑わしていますが・・・正直「格闘技、なめんなよ!(゚Д゚)ゴルァ!」と、言ってやりたい。ついでに「やめとけ」とも。HGの場合、学生プロレ....
HOME