FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

ドラマ:「悲しき恋歌」~DVDで

2005-10-13-Thu
匿名Rさんがはまっているとおっしゃるので、この際見てもいいかなと思って、約2週間かけて「悲しき恋歌」を見ました。韓流ドラマを通しで見るのは「冬のソナタ」以来です。(→関連記事「言ってくれるじゃないか、ペ・ヨンジュン」
冬のソナタ DVD-BOX vol.1冬のソナタ DVD-BOX vol.2
「冬のソナタ」は「大人に青年時代の純愛、それも初恋を思い出させる作品」ということが言えると思います。女性が見るとその恋愛の世界に浸ってしまうのかもしれませんが、男がみると、ヨンさまと自分とはもちろん、全然違うのはわかっているのですが、自分がチュンサン(ヨンさまの役所)になりきるという意味ではなくて、自分の高校時代やその後のいろんな恋愛の過程でおきたできごとを、ドラマに併走する形で思い出すというのでしょうか。わたしたちもスキーに行ったなとか、パーティしたなとか、もう忘れかけていたそのときの、愛しい人に対するときめきや切なさを思い出させてくれるというか、そんな作品だなと思いました。

言い換えれば、「わたしもあのとき、あの場所ではチュンサンだったんだ」と、なんかそんな気にさせてくれる作品です。だから、おばさんだけでなく、おっさんにも、ぜひ「冬ソナ」見て欲しいと思っていました。いや、今でも思っています。ただ、決して誰かにことばで勧めたことはありません。わたしの同年代の同僚たちの、鼻で笑いながら、冷やかしたような態度が目に浮かぶからです。彼らを責めているわけではありません。わたしも見る前はそう思っていたのですから。

さて、今回は「悲しき恋歌」。見終えて、どっちが好きとか、どっちがいいとか聞かれれば、そりゃ、わたし場合は「冬ソナ」です。ただ、どっちのできがいいとか、作品的にすぐれれいるとかそういう評価ではありません。あくまでわたしの好みの問題です。
悲しき恋歌 DVD-BOX 1
悲しき恋歌 DVD-BOX 1
posted with amazlet on 05.10.13
アミューズソフトエンタテインメント (2005/10/28)
売り上げランキング: 81
おすすめ度の平均: 4
5 天国~とは違うサンウ氏の涙に涙する
純愛ストーリー
5 本当のサンウに出会える作品です・・・。
5 これぞ、本当の純愛です!!

もう地上波テレビで放送されたし、DVD-BOXも発売されてるのでいいといかとも思うのですが、それでもネタバラシはしなほうがいいのかなぁと思いますので、見た人しかわからない感想にします。「あらすじ」とか知りたい人は、上のamazletの商品紹介の中の「Amazon.co.jp で詳細を見る」から、Amazonの該当ページに行けますので、そこから、おそらく視聴に差し障りのない範囲でもあらすじが見られるます。ただ、それとてネタバレだと思う方は読まない方がいいでしょうけれど。

では、おそらく見てない人読んでもおもしろくないだろうと思われる、感想を読みたい方は次へどうぞ。
その他の韓流ドラマ - 韓流





第1話
・少年(ジュニョン・子)いい男。・女の子(ヘイン・子)かわしい。・みみずは怖すぎ。・みんなもっとやさしくしろ。目の見えない転校生には。・お母さん(以後ママ)いい女。素敵すぎ。・オードリーも素敵。・落ち葉のシャワーは気持ちいいのか。「冬ソナ」でもあったぞ。・白いタイツまぶしすぎ。

第2話
・オードリーの歌いい。・ママが特にいい。惚れそう。・日本のドラマなら、もう、みんなで目を治そうってな話になってそうなもんなんだけどな。・この男も働いてないし、オードリーもばくちやってばかりだし。・息子を警察にひきとりに行くときのママは素敵すぎ。・あ、ママどっか悪いんだよね。・おい、息子、しっかりしろよ!

第3話
・ゴヌいい感じ。金持ちのぼんぼんゆえの軽さや安易さはあるが、純粋さ、まっすぐさも感じられる。・なんとなくジュニョンとうまくいきそうな感じ。・ママはあいかわらずいい感じ。白川由美(二谷英明の妻の女優、二谷友里恵のお母さん)に似た感じ。・あと美容院の娘(フォジュン)恋ゆえとは言え最低だな。借金踏み倒して逃げるオードリーといい「馬鹿な女」がたくさん出てくるドラマだ。韓国の女は馬鹿ばかりなどと書くとしかられそう(笑)それはドラマでこの地域の設定なんだよね。ヘインも、ま、環境故難しいんだろうけど、自立の努力をしろよって言いたいね。そんな中でママいい女過ぎ!・スジ(ゴヌの姉さん)は車いす。こっちの恋愛がこう絡んでくるとは……。微妙だ。室長あなどれん。

第4話
・マジっすか。この結婚。すごいなぁ、アメリカ人。なんか唐突。・今まで友だちができなかったジュニョンの最初の友だちが金持ちのゴヌとは。・「わたしの悲しみを背負うもの」だそうだ。「買い言葉」・教会で曲を弾いて、聞きつけて走っていくシーンなんて泣ける。ここで雨がくるし~。・ぼちぼち女優だったゴヌのお母さんの「スキャンダル」が気になる。・どうしてお姉さんが車椅子で、ヘインが目を見えないかとか。いろいろな可能性が広がるね。

第5話
・まずアメリカ。そして、セカチューみたいな「文通」。これいいよね~。・次は室長の過去。ま、そんなもんだろうと思ったけど。・ジュニョンの高校生活と才能か。うまくいってほしい。・ジュニョンのお父さんのサックスと旧友が出てきた。うさんくさいやっちゃ。・ママ……。実技試験だってのに。こういうめぐり合わせってあるよね。・「言いたかったこと、たくさんあるのに」ってのはね。そうなんだよね。これ悲しいわ。息子!しっかりせいよ。

第6話
・「DV」「詐欺」「留学」ときたね。ここから新展開か。・ここでゴヌとヘインがニアミスってことはまさかって感じもするね。・オードリーよくなってきたね。苦労してるけど(笑)。・それにしても「娼婦の息子」のくせにお人好しだ。・お、噴水のほとりで出会ってしまいましたね~。・手紙も来ないし。これって寂しいよね。・うわ。また出た。美容院の娘(ファジョン)。・オードリーとゴヌが会っちゃったんだけどいいんでしょうかね。・ヘインなんか久保田早紀だ。「異邦人」の。

第7話
・おかまの兄ちゃん(チャーリー)何でまたニューヨークに。できすぎ。・なんだろね~ゴヌは。ジュニョンの彼女って知ってるはずだけど(※)。まじなのかな?・ペンダントとテレコと。これは辛いわ~。とりあえずゴヌはあれか。・指輪に怒る美容室の娘。こいつは悪いわ~。・そしてアメリカへ。・おばさんのことイモっていうんだ。妹みたいだね。万葉集の。
※……これについては高校を転校するときに、父親の方の名前を名乗って入ったので、それ以後別の名前が通称となってたんですね(チュンギュニだったかな)。だから名前だけ聞いてもゴヌにはわかなないし、逆に写真があっても盲目のヘインにはわからないんですね。

第8話
・アル中が来た~。酒乱ウィリー。・ジュニョンもアメリカに来た~。・ヘイン危ないよ~クルマ。あ~。・え、こういう具合にすれ違うのか~。それはなぁ。・あ、あれはやばいもの。チャーリーはドジだなほんとに。・なんかカーチェイスになった~。なんじゃこりゃ~。こういうの必要なのかなぁ。・ついでになんか、アクションになってる。カックイイけど。でも、こういう敵ってピストルくらい持ってるでしょ。アメリカなんだからさ。・あ、こいつ(美容院の娘に思いを寄せてるヤツ)(ミヌ)が、ここに。・見ろよ! 見ろ! ばか! 見ろ~! あ~あ。あ~あ。見ろって。・ヘイン。いけないよ。いけない。だめだって。

第9話
・ファジョン(美容院の娘)は大林素子に似てる。・それにしても花札が盛んだな~韓国。・兵役がきた。こういう文化が韓国にはあるんだ。・声が聞こえるっていうのはいいね。・手術のためにそれを売るんかい~。・はやぁ~。リスが。そしてもう歌える。もう1年。・「ごめんなさい」イゴヌは辛いね~。・「オレがしてあげられるのはそれだけなのか? これ以上君の前にあらわれないこと」だって。・そしてやけ酒。・どういうこと。その曲。・オーディション。え、写真撮って送るの~?・え。指輪。なんか、もう見たくないこれ。ひどい話だよ。お~い!

第10話
・もうわかっちゃうよね。ヘインには。声聞くと。・そうかでも死んだと思ってるんだからね。・今度はこっちがやけ酒かよ。・みつけたね。それ。そのテープ。・あ、燃やしちゃうんだ。それも、それも。それも。・お、出た!ミノ部長。・うほ。出会ったよ~おばさんとジュニョン。そうだよね。そういう話になるわ。・あ、アジトへ行った。ああ、来ちゃった。いるのかな~。・で、そうなるの。なんか、ここで終わりじゃん、この話。(笑)。

ここまでが「DVDBOX1」です。ここで終わってくれてもいいと思いました。もう、ここで結論で、あとはその方向で一つずつ進めばいいと思いました。ところがそうはいかない。ドラマでなく、現実ってそうですよね。一つの結論が出たからって解決じゃない。そっちに向けて努力しても、また次の問題が起こることもある。ま、そんなわけで、「悲しき恋歌」もまだまだドラマ続くんです。

悲しき恋歌 DVD-BOX 2
悲しき恋歌 DVD-BOX 2
posted with amazlet on 05.10.13
アミューズソフトエンタテインメント (2005/12/07)
売り上げランキング: 17
おすすめ度の平均: 4.8
4 早速!
5 最高のドラマです!
5 TVではカットされたシーンも・・・


第11話
・ジュニョンもスタッフという形でね。ま、そういう支え方を選んでみようと思うわけだ。なんだその歌詞は。その気持ちはそのまんまじゃないか。・死んだと思っているんだからね~。・どんどんできるよね~そういう時って。できてできて仕方がないだろうなぁ。・ああ、そうして行くのね。ヘインを育てるって形で愛を。・別荘に二人きりで雨。・何度別れても巡り合うだね。・スキー場。ペンダントの次は手袋と来たか……。・え! いきなりかよ。

第12話
・コンサート会場が閉鎖。・ゲレンデで。ピアノで勝負。こんなところでピアノが弾けるかは疑問だが。・悲しすぎる歌。まさに「悲しき恋歌」だね。・ゴヌは大きいね!・ジュニョンも困るわね。・ん?何考えてるんでファジョン。ミノは悪いね~。とことん悪い。・けじめをつけるか~。・あ~アジトへきちゃったかぁ~。やばそう。・あ~またアジトへ。こっちもアジトへ~。・「もしかして」って言っちゃったね~。・窓見ちゃった~。呼んじゃった~。走っちゃった~。・ギター落として、振り返っちゃった~。顔、涙の顔を触ったら~。・お~!!!

ここ一つのクライマックスですよね。一番いいシーンの一つでしょう。

第13話
・電話出ねーじゃん!・ヘインの泣き方かわいすぎ!・「その罪俺がすべて背負うよ」やっと言えたじゃないか!・室長。やるじゃん。・スキャンダルか。そして~。・どうすればいいんだ~。・え~「ごめんなさい」って。ヘイン。・よかぁないぜ。なんでだよ。よかぁない。

第14話
・ダメ!それダメ!・ヘインの馬鹿!・「あ~これでよかった!」とジュニョン。そうだよね。・ファジョンやられたね~。ヘインとジュニョンに。・あ~また酒だ。酒が多いのはひょっとしたらタバコないからだね。たぶん韓国のテレビはタバコに厳しいんだ。・このパーティは残酷だわ。もうボロボロだねこのダンスは二人とも。・ゴヌに気付って方が無理なのかなぁ。・やっぱり、いい女だな~シニ。・「なりゆきで」か~。・このピアノ「YAMAHA」じゃないな。なんだろ。「AMAH」だって(笑)。・あ、イ・ミヌ。なんだまたこれかよ。カーチェイスはいらないな。・お。出た、ジュニョン。まただよ。強い。後ろ回し蹴り連発じゃん。・でも、こういう展開で関係が変わるってのは、あれだよね。・あ~ゴヌが病室のプレート見ちゃった~。

第15話
・ひさしぶりのオードリー(笑) かわいいとこあるじゃん。・お~その手があったか~。ナイスです。これは効くわ。・ゴヌはこういうの慣れてないからな~辛いわ。・ミノは終わったのかな。・ゴヌ。辛いけど、それしかないよね。・それはそうとう重症じゃないですか!・ファジョンは墓穴か。・「秘密は知ると見合う対価を払うことになる」(先輩の言葉です)・その祈り違ってるだろ。天罰なんてないって。エンゲージリングしたままだし。・ファジョンやるな~。

第16話
・ゴヌがその事実から背景を全部理解できるとは思えんが。・あまりのショックに戻しちゃったね。何を信じていいんだか。プライド高いだろうし。・やっとわかったのか。ジュニョン。・チャーリーは辛い役。・そんな結婚でいいのかな。二人とも。・室長とミノ。ま、気の毒な結末だろうけど。・ゴヌさ、ダメだよ。・ほら、また泣いて。ダメダメ。ダメだって。二人とも。追いかけろ!・お、ゴヌが見てる。・なんだゴヌ、何考えてる。そかそか。そうだよね。ゴヌだ。これがゴヌなんだ。・でも音楽演奏させるのはやばくない。・またなんだろ、これは。アジトか。いつもアジトだ。・そうだよ、行かせるな。最初からそうなんだって。

第17話
・今度は別荘。ここはゴヌのアジトだね。・そう。そうだよゴヌ。だめなんだよね。・馬鹿。・オードリーはよけいなこと(ばかり)する。・ゴヌ。ゴヌ。ゴヌ。強くクールなゴヌはどうしたの~。ゴヌ。・え~。・ヘインは決意をしたね。ゴヌ、がんばれ~。ゴヌ~。ゴヌがんばれ~。・あそこだと思ったんだけど、そっちか。・見っけ。

第18話
「自分探し」か。自分探しだよね。いつも周りの人のことを思って、自分を殺して周りに合わせて、周りには都合よくても自分を見失うね。・なんかいいなぁこういう民宿。・ミヌとファジョンか。ファジョンきれいなんだけどな。・室長。・でも契約は……。そういうことはいいのかな。・え、何それ? それって反則では? あ、違うのか。・ミヌが見たよ~。・バカだなミヌ。ほんと使えん男だ。・クルマには勝てんでしょ。気持ちはわかるけど。・この曲の歌詞がわかりたいね。日本語で誰かがカバーしてるのかな。

第19話
・ゴヌやったじゃん!ヘインやったじゃん!ジュニョンやったじゃん!・ん、急に検察が。・オードリー素敵~なんか~。焼き肉うまそう~。・勇気。・室長なに? こいつ。・なんかこの二人というか三人は幸せそうだね~。壁紙しわくちゃだけど。・ゴヌよかったじゃん。ゴヌ偉いじゃん。寂しいんだけどね。カムシニがいてよかったね~。・お父さん!・このサウナはただのお遊びなのかな。つなぎというか~。ここから室長のアレがいくかと思った。・ゴヌは知らないんだね。きっとここから室長のアレが、いくかな。・おお、ミヌが。やるじゃんミヌ。こういうことにかけては、一応やるんだね~きっと墓穴を掘るんだろうけど。・ファジョンは何たくらんでる? おおファジョン。やるじゃん。ゴヌ。・ミヌが呼ばれたか~。どういう手に出るんだ~。そっちか。あ? クルマが多いな。・あ~おもしれ~ここでこれかぁ(笑) ちょっと痛快じゃん。どうもこういう乱闘あるの変だと思ってたんだけど、なんかここはいいなぁ。なんか。

第20話(最終話)
・なんか乱闘が心配でなく爽快である。友情が戻ったか。・ミヌが見つかったな。なんかうまく行きそうなムードになってきたんだけどなぁ。・なんだ室長~。ゴヌどうするよ~。・なんだ室長~。ミヌはまだやってるのか~。・ん? ミヌは信用できるのか~?・また、オードリーの歌が見られるとはなぁ。・なんかあれ。この雪のホテル。別にそんなシーンはいいって。・なんかあれ。室長あれだわ。やばすぎ。飲酒運転じゃん~。・あー、こういう展開。なんなのこれは。・「生かすのであれば手術しかありません」って、じゃ、やれよ。なんだよその説明!・なんだよこの終わり方~!ばっかやろ~

画面の上三分の二にDVD写しながら、下にメモ帳開いておいてそのまま入力していったんで、こんな感じです。だから、感想文でなくて、感想メモ。でもね、これ、意外に見た人には通じると思うんですよね。

だからあえて、今回はこれ。もし、落ち着いて考えがまとまったら書くかも。




COMMENT



非常にわかります

2005-10-13-Thu-15:58
感想メモ、ありがとうございます。
私は日本語吹き替え版で見ましたので、「ジュンヨン」「ゴンウ」に変換して読ませてもらいました。
ラストはあまりに悲しすぎる結末で、しばらく後遺症が残りました。新聞の投稿蘭にも、同じような感想が寄せられていました。
韓流ドラマ、見たのはこれが初めてでした。
ここ数年で、私の見たドラマの中ではかなり良かったです。

☆レンゲさん

2005-10-13-Thu-22:47
どうも、そうですか、新聞の投稿でも後遺症というか、結末の悲愴な感じがショックというか方がいらしたのですよね。わたしもそう思います。

泣かせばいいてものではなくて、どこかで救いというか、満たされるものがないとちょっと、見ている側が辛くなってしまいますよね。

やっぱり「冬ソナ」派だなぁ。次はどうしましょうか~。

3話まで

2005-10-19-Wed-11:03
3話まで見ました。冬ソナの後ではドロドロ度が高くて少し驚きです。冬ソナが一昔前のドラマなら、悲しき。。昼のドラマ風だと思いました。1話での落ち葉シャワー。出人さんの言うとおりですね。流行ってるのかな?
私はお父さんが働かないとか、そういうのがイヤだよう。働くべし!それにしてもあのいじめっ子と、その母親達が腹立ちますね。訴えろ!ってな感じだよ。
足の悪いお姉さんとあの部下さん。あの部下さんにイヤな思いを抱くのは、私の邪心が大きすぎるのでしょうか?あの目がたくらんでる感じだよー。おぼっちゃんは私の大嫌いなタイプですね。

☆あふろやん

2005-10-19-Wed-12:23
その部下ね~わたしの感想では「室長」って名前で何度も出てきます。悪役の顔ですよね。

ま、おぼっちゃんには、おぼっちゃんなりの、長所と短所があるんです。

全部見ました

2005-11-11-Fri-23:37
良かったです・・・!最初はどうしても「冬のソナタ」と比べてしまって入り込みにくかったですけど。
冬のソナタはキスすらなかなかしないのに、悲しき・・ではエッチな事もしてますから、そういうのも凄く拒否反応があったんですね。なんか、下世話な感じがしてイヤだったのです。
出人さんの仰るようにおぼっちゃん・イゴヌは良かったですね。

☆あふろやんさん

2005-11-11-Fri-23:46
お、全部見ましたか~。

わたしはどっちかというと、この2作品なら冬ソナですけどね、でも、「悲しき恋歌」もいい作品だったと思います。

ゴヌもよかったし、オードリーも、ゴヌに思いを寄せるカムシニもいいよね~。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/337-61461b05

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

まだまだ強い「冬のソナタ」って、もう「ブーム」じゃない。

今日のヤフーニュース眺めてたら、「『冬ソナ』総集編DVDセット大ヒット まだまだ根強い韓流ブーム」って見出しの記事が目にとまりました。「冬のソナタ」の総集編DV

【韓国ドラマ】悲しき恋歌(悲しい恋歌)クォン・サンウ キム・ヒソン ヨン・ジョンフン主演

米軍基地の町でナイトクラブを経営する母と過ごすジュンヨンは、水商売の息子といじめ

【韓国ドラマ】悲しき恋歌 クォン・サンウ キム・ヒソン ヨン・ジョンフン主演

米軍基地の町でナイトクラブを経営する母と過ごすジュンヨンは、水商売の息子といじめ
HOME