David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「ストロベリーナイト」~劇場で

2013-02-26-Tue
「ストロベリーナイト」見ました。

題名の「ストロベリーナイト」とは、ま、主人公の姫川刑事の忌わしい過去の事件のことをいうわけです。それを主にとりあえたのは、テレビの単独ドラマの「ストロベリーナイト」です。それから月日は相当経っているわけで、もう、ストロベリーナイトそのものははるか過去の話になっているわけなのですが、姫川刑事はその夜のことをふっきれないでいます。トラウマというか、もう、まさに人生のテーマになってしまっているわけです。刑事になった動機にも関係しているし、刑事として事件や犯人に向かう時にも、ひとつの指標のようになっているわけですね。ま、シリーズということで、それが小説では「姫川玲子シリーズ」で、「ストロベリーナイト」はあくまでその1作目のタイトルにすぎません。小説では。

ところが、テレビで、人気というか、告知の都合で、それに続く連続ドラマも「ストロベリーナイト」であり、今回の映画も「ストロベリーナイト」なんです。副題をつけてもらった方が丁寧ですよね。今回の映画の原作は「インビジブルレイン」です。雨がずっと降ってます。映画の間じゅうずっと雨が降っています。そりゃ、室内まで降りまませんから映像が全部雨ってことはないんですけど、まぁ、よく降ります。それはもちろん、象徴というか、心理描写というか、心の闇の一つの表し方なんでしょうけれど。見えない雨、つまり、心の中に降り続く雨というわけです。


『ストロベリーナイト』公式サイト




どこか、ネットの記事で読んだのですが、原作の小説では菊田(西島秀俊)はこんなに出ていないのだそうです。ところが、本作では、もう、主役に近い扱いになっています。ドラマ的にも、菊田人気に支えられているのというところがあるのではないでしょうか。

正直なところ、姫川刑事を演じている竹内結子は好きになれません。乱暴で、粗雑で、ガツガツしたところが嫌です。勝手ながら、わたしの中の竹内結子は、TBS系ドラマ「白い影」(→Wikipedia)の中の、志村看護婦がすべてであって、その後、どの作品を見ても、そのイメージを壊し続けていると言っても過言ではありません(笑)。なんで、そんなに犬のように吠えて、噛み付いているのか。闇を抱えて生きるものは、一面、潤いのない、寂しい、荒れた面を持つかもしれませんが、それは、姫川刑事のように態度に出るとは限りませんよね。まして、刑事なんですから。

逆に、暴力団の有力幹部である、牧田(大沢たかお)の方が、冷静沈着であり、闇を心の深淵に鎮めているという感じがします。刑事と容疑者の双方が心に憎しみという闇を持っています。その憎しみは、逆恨みのようなものではなく、若い頃に受けて一方的な被害からくる、いわば「正当なる憎しみ」というべきものです。

その「正当なる憎しみ」の一つの昇華として、姫川は刑事になったのです。犯罪を憎むか、犯罪者を憎むか、犯人を憎むか……、いろいろ意味合いが違うのですが、姫川はその憎しみを原動力に、まさに体当たりで今まで事件に向き合ってきたわけで、それが、ストロベリーナイトシリーズなんです。

そこに、同じく「正当なる憎しみ」を、復讐という形で実行に移し、その結果暴力団の親分に拾われ、養子のようにかわいがられている男が登場してくるわけです。こっちは、かつての「正当なる憎しみ」の処理を終えてしまって、その結果清々しい気分になれたのか、さらなる闇が訪れたのかははなはだ微妙なんですが、とりあえず、その憎しみに直接苦悩するという段階ではなくなっています。

「正当なる憎しみ」の処理に苦しむものと、処理を終えたものと、そして、その処理を継続しているのではないかと思われる「真犯人」との物語というのがいいかもしれません。

作品は、ずっと雨が降っています。だから、差し掛ける傘が必要なんですね。

最後に、一言。

もっと優しい竹内結子が見たい!

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2771-b9794cf1

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。