David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」をやっと見た!~劇場で

2013-01-06-Sun
あけましておめでとうございます。

今年は、かれこれ13年ぶりに年賀状を出しました。祖母が亡くなってからずっと出してなかったのですが、父の三回忌を終えて、何か心境がかわったのかもしれません。母もグループホームに行ってしまいましたので、正月くらいは家に戻ってもらおうと、ま、ちょっと大変でした。

見出しからして、ま、映画の紹介あたりから書き始めねばならないわけですけど、わたしのブログですので、今年最初の記事ってことで、新年のあいさつをさせていただきました。と、ま、こういうことをボソボソ書かないと落ち着かないわけです。

さて、ヱヴァQを見に行った話を始めるのですが、公開前にテレビで放映されていた「:序」、「:破」の両作でしっかりおさらいをして見に行こうと思っていたところで、いろいろと多忙状況に陥り、加えて風邪などを引いて結局越年することになりましたが、今年の初鑑賞になりました。

どこから書こうかかなと思いますが、ズバリ、一言感想から。

スゴい! アニメの凄さを改めて知りました。わたしは「ベルセルク」贔屓なんですけど、全然。迫力というか、躍動感というか、あと、スクリーンで見るアニメっていう点で、全然違いました。色、構図、抽象というか、表現が全く違いますね。「ベルセルク」(原作)は漫画家があの世界観とあの点描画のような細密な描き込みが一致してよかったのですね。「ヱヴァQ」については、わたしには今作も、前作も原作もなにもかも、名前くらいしか知らないのアレですが、とてもうまく作られていて、素晴らしいと思いました。

まず、冒頭の漆黒の闇の中に浮かぶ赤い三角形は、もちろん、最初は何か、定かにはわからなかったので宇宙空間で行われている人工衛星の組立かなにかかと思ったのですけれど、空中戦、それもただの戦いというよりは、争奪戦というか奪還戦のようでした。宇宙だと思うのですが、地表の上空の宇宙に近い辺りだったの、元々大地があったところで今は空間になってしまった、未来の、壊れた地球なのか、あるいはもっと別のところなのか、ま、いろいろなところが言葉で説明できるほどわかってないのですけれども。ただ、そうした闇の空中戦の間に、アスカが自らを鼓舞していたり、逆に痛んでいたりするのが、音響や色彩などの効果、あるいは構図や背景の動きなどでよく表現されていると感じました。ああ、これがスクリーンでアニメを見るおもしろさなんだと、改めて認識をしました。

「ベルセルク」や「銭ゲバ」など、ちょっとアニメ映画を続けてみていて、それはどっちも、原作への思い入れがあって選んで見に行ったのですが、逆にヱヴァの方は、オリジナルシリーズが話題になったとき、触れることもなかったので、見届けてみたいという気持ちから、それこそ主人公の名前さえ知らない、エバンゲリオンがどういうロボットなのか(そうでないのか)さえ知らないで見に行ったわけです。

そうして、アニメ表現のおもしろさを改めて認識させられたのでした。


 → ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 公式サイト



じゃ、内容に関する感想に入ります。

と言いつつも、ちと予告のはなし。「LOOPER」っていう、どこかの元首相みたいな題名の映画が、「マトリックス」以来の衝撃ということで、絶対見たいと思いました。それから、名古屋を舞台にしたミステリーで、「さよならドビュッシー」もおもしろそうで……。いつも見る劇場だと、予告は10分くらいなのに、ここ(エヴァやってるところは近くになくて)はやけに長いなぁと思っていたら、「巨神兵東京に現わる」が始まってました。

ほんとうになんにも知らずに見に行ったので(笑)、これも予告かと思って、実はクスクス笑いながら見ていました。最初は、「オーメン」というか、「着信アリ」のシリーズを思い出しました。パロディっぽい作りがくすぐったくて、巨神兵が登場した時に、ナウシカのやつだってピンと来ませんでした。それほどまでに、わたしはアニメを見慣れていないのですね。

空に浮かんでいて、地上に降り立った姿は、ウルトラマンを想像しました。ところがのし歩く姿を見るうちに、だんだんゴジラに見えてくる。もう、おかしくてクスクス笑っていました。牙を剥き出した口からレーザービームを出して、高層ビルを燃やし尽くすところなど、ゴジラそのものに思いましたが、地上に立ち続ける姿を見るうちに、土色のヱヴァンゲリオンに見えました。ああ、巨神兵とウルトラマンとゴジラ……、それがヱヴァンゲリオンだったのか、なんて勝手にわかったような気がして、ますます愉快な気持ちになってきました。タイトルの「Q」は、前作で「序破急」の「急」と「Q&A」の「Q」が掛けてあって、四作目は「A」だなどと思ったのですが、ひょっとして「ウルトラQ」の「Q」なんだみたい思いました。ああ、「巨神兵東京に現わる」は昔、TVで見た「ウルトラQ」の世界そのものでした!

ただ、この「巨神兵……」が同時上映のショートムービーがあるということを全く知らなかったわたしは、本編(「ヱヴァQ」)が始まって、いったいあれはなんだったのだろうとその後も引きずって考えながら本編を見ることになるのです。やがて、映像の圧倒的な力にそのことを忘れていくまでは。

アスカとマリが取り戻したのは、主人公の碇シンジくんでした。「:破」の結末から14年が経っていました。「:破」のラストのサードインパクト(「ニアサードインパクト」って言うらしい)は、世界を一変させてしまいました。人類は多くのものを失い、また、同士として戦っていた者たちが敵味方に分かれるような形になっていたのです。そういうことも、展開に従って理解していくわけですが、そこで、同時上映の「巨神兵……」が威力を表します。

そもそも、「巨神兵……」をこのような意図の元に作ったとは思われないのですけれど、「:Q」の直前に配置することで、「(ニア)サードインパクト」が、一部の地域ではまさにこういう形で現れたのではないかと想像することで、作品を補完してくれるような効果があります。

アスカたちに救出された碇シンジくんは、やがて、アヤナミレイの声に誘われるように、ゲンドウの元に。そこで、アヤナミレイの秘密、母(綾波ユイ)の秘密の一部を知ることになります。ヱヴァンゲリヲンに関わる母の秘密です。実は、まだ、そこのところがわからないのですね。

たぶん、綾波ユイと碇ゲンドウ博士は、人類のために「人類補完計画」を進めているのですね。たぶん、自分自身の家族を犠牲にして。どうしてそこまでに至ったのか、なにかの計算違いだったのか、あるいは、誰かを救うためだったのか……。たとえば、碇シンジくんが綾波レイを救ったように……。このあたりは、まだ十分説明されていません。

ただ、父と母が、いかに高邁な精神で人類を救うことに全身全霊を掛けていたところで、碇シンジくんの居場所が見つからないこと、生きていく足がかりとなるような基盤が見つからないことには変わりはないわけです。これは、第1作から共通して描かれている、一つのテーマなんでしょうね。シンジくんの成長の物語というよりは、成長できずに現状にとどまらざるを得ない少年の物語というか。ま、それは、父親の碇ゲンドウ博士にも言えることなのかもしれませんが……。いったい、自分の両親が、人類の未来を担っているような重大な役目があり、かつまた、それに日々の生活のほとんどを充てなければならないような状況にあるとしたとき、子ども自身はどのように生きて行ったらよいのかと思いますね。ま、そういう話は、今までもあったわけなんですけど。例えば今度映画化される「ガッチャマン」も似ていると言えなくもないわけです。

わたし自身の祖母や父について言えば、全然そんな立場ではなかったのですが、祖母や父が考えていた家族像がきっとあったと思うのです。祖父を早く亡くし、若くして戸主とならざるを得なかった父は、自分の弟や妹たちを結婚させて、一番最後に自分が嫁をもらいました。それがわたしの母です。そこから、わたしの祖母と父と母の新しい家族作りが始まって、そこにわたしが生まれたわけです。

碇シンジくんと全然状況は違いますが、ある家庭に生まれた子どもは、両親、そして、わたしの場足祖母を含んでいたわけですけれど、両親たちの作っている家庭、家族の一員として加わるわけです。多かれ少なかれ、期待され役目を与えられます。期待というのは、将来出世するとかそういうことでなくて、家族のメンバーとして期待です。たとえば、「子どもっぽく親を楽しませる」というような。

それは、多くの親が持つ自然な感情なのでしょう。そして、そのような期待でさえ、一般的な家庭では一つの愛情の形として自然に理解されるものだと思います。しかし。しばしばそれは行き過ぎます。親の都合、親の理想に子どもを当てはめてしまうことも、まま、あります。それが、子どもに十分に理解されるとき、あるいは、子どもが受け止められるレベルのことであれば問題は少ないでしょう。実際、そのような親からの働きかけがあってこそ、家業が引き継がれたり、伝統が守られたりすることもあるものですから。碇シンジくんの解決されない悩み、ヱヴァのせいだけでない、その場に留まらざるを得ない根源的理由はそこにあるように思えますね。

折しも、家族の崩壊が叫ばれています。また、女性の社会進出も声高に叫ばれています。高齢化社会を迎え、男女なく若者が働いて、高齢者を支えていかねばならない状況です。そんななかで、子どもは相変わらず、ネットやゲームに向かっていく一方です。家族から見放され、ウォークマンを聴き続け、リアルな達成感を味わえないでいる……、碇シンジくんは現代の(男の)子どもの置かれた状況そのものではありませんか。いや、ひょっとしたら、それでもお前が必要だと父から声を掛けてもらえるだけ幸福かもしれない……。

……そんな話だと、わたしはヱヴァQを見ながらこんなことを考えていました。そんなわたしにとって、アスカとマリがどういう関係だろうと、渚カオルくんが何者だろうと(ゲンドウのクローンだといいなと思ったりもしたが)、どうでもいいとは思うのですが、いったい、碇ゲンドウ・綾波ユイ夫妻はなんだって、人類補完計画を始めることになったのか知りたいです。

ああ、早く次作「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」がみたいですけど、「:||」は音楽の繰り返し記号で、どこまでか戻れというような意味なのでしょうけれど、「ヱヴァンゲリヲン」でなくて「エヴァンゲリオン」ってどういうこと? ひょっとして、オリジナルシリーズにうまいことつながってくってことなのかな。



☆「ヱヴァQ」プチリンク集
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 公式サイト
難解な物語に隠されたメッセージとは 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の考察エントリー - はてなブックマークニュース
ヱヴァンゲリヲンQの相関図を作ってみました - ふわふわスマイル
エヴァンゲリオン新劇場版:Qの面白い考察をまとめてみました。次回作への期待が高まる!!! | Number333

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2764-6d9be3b0

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

これぞヱヴァンゲリヲン!いやエヴァンゲリオン! いよいよ最終目的地に向けて着陸態勢に入った新劇場版シリーズ。とんでもない興奮を味わえた前2作からの期待を見事に裏切り、 ...

ヱヴァンゲリオン新劇場版:Q

で、結局Qてなんだったの。 予告の時点ではなんかの略だった気がするが。あと、『ヱヴァQ』と略すと(まず間違いなくそう略されるだろうが)オバQみたいですね。以下、基本的にネ

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」真実と現実を突きつけられた先に知った自らの罪とQの答えを出せない己のない自分

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」は新世紀エヴァンゲリオンの新劇場版の第3弾作品として公開され、今回は碇シンジが綾波レイを助けようとしたサードインパクトから14年後が描か ...

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

タンパク質が足りないよ 公式サイト。庵野秀明原作・総監督、摩砂雪、前田真宏、鶴巻和哉監督。(声)緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子。ヱヴァンゲリヲン完全初心者の記。まあ、19 ...

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

『ヱヴァ:Q』観てきたよ〜劇場へ足を向けたのが久々でした。10月にロイヤルバレエ中継映像観に映画館へ行きましたが、あれは映画というより舞台。9月末に行った『るろ剣』以来です

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

もうね、何が何やら。ただ映像と音楽は素晴らしいの一言。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

人気SFアクションアニメ劇場版第3弾。

劇場鑑賞「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:Q」

全ては、シナリオ通りに… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211170004/ Shiro SAGISU Music from“EVANGELION 3.0”YOU CAN(NOT)REDO.サントラ 鷺巣詩郎 キ...

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

何これスゴい。 見応えたっぷりで圧巻。  

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

音響や映像表現が一段と進化して、まるで3Dを見ているようなダイナミックな印象を受けた。色々と難しい用語が登場して理解するのが大変だけど、ゲンドウが所属しているネルフという

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(ネタバレあり)

★★★★★“全編ビックリすることだらけ!!存在意義を見失い自己矛盾を抱えるシンジの願いが再び世界を危機に”冒頭で前作ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破で使徒に食われてしまった...

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q  総監督/庵野秀明

アンノ、バカァ?! 【声の出演】  緒方恵美 (碇シンジ)  林原めぐみ(綾波レイ)  宮村優子 (式波・アスカ・ラングレー)  坂本真綾 (真希波・マリ・イラストリアス)  ...

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 感想

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』観てきました。 やられた。 ばたんQだわ。  

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

観る映画のジャンルの幅を広げようと冷めた目で観始めたこのシリーズ。 1作目で何も感じなかったのが、2作目は2回も劇場に足を運ぶほど面白くなって、今回の3作目は心待ちにしてまし

【ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012)】

【ネタバレあります :-)】 各種企業におけるエヴァコラボ企画や街中にあふれるエヴァグッズを見るにつけ、ああこのアニメはもう日本のひとつの文化になっちまったのだなと感じます。...

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q YOU CAN (NOT) REDO.』

 公開週末の興行収入記録(オープニング記録)で、『海猿』を抜いて今年の№1となった『ヱヴァQ』。『海猿』が金曜日公開で金・土・日の3日間での記録だったのに対し、『ヱヴァQ』

ヱヴァンゲリヲンQ

天地真理って・・・。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q ★★★★★

絶大なる人気を誇るアニメシリーズ「新世紀エヴァンゲリオン」をリビルド(再構築)した“新劇場版”シリーズ4部作の第3弾 2009年6月28日に「エヴァンゲリヲン新劇場版:破」から3年経

エヴァンゲリオン新劇場版:Q

JUGEMテーマ:映画館で観た映画      ◆エヴァンゲリオン シリーズ    前作から14年後の世界でしたが   話が飛び過ぎて何だかわから...

新劇場版ヱヴァンゲリヲンQ・現時点での感想

 (あくまで個人の感想です)  一回目鑑賞直後:保留  二回目鑑賞直後:ネガティブ  それから6時間ほど経った現在:保留  どうでしょう、伝わりますかね?少なくとも、

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を見てきました

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を見てきました。 感想は・・・。(ネタバレあるかも)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

公式サイト  http://www.evangelion.co.jp/ テレビ、マンガはところどころ、序と破は鑑賞済み。 タイトルの『Q』とは、『Quickening』のことで、胎動という意味だそうだ。 本シリーズは4部...

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

Shiro SAGISU Music from“EVANGELION 3.0”YOU CAN(NOT)REDO.名作アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を再構築した新劇場版の第3弾「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」。いろいろな意味で予測を越えた展 ...

『 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 』

実は 私は TV放映を 全く観ていない ヱヴァンゲリヲンの 素人です。 どこが いいのか? 何が そんなに騒がれているのか? 登場人物も 設定も 全く知らない ずぶの素人で

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」総監督:庵野秀明監督:摩砂雪、鶴巻和哉声の出演:声の出演:緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、坂本真綾、石田彰、三石琴乃、山口由里子、立木文 ...

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

やっと観に行きまして。 2012年の映画の観納めとなったワケですが、なんとモヤモヤするコトか。 まぁそもそも昔からモヤモヤの残りまくりな作品ではあったけど。 果たして次作で ...

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」感想

11月17日から公開されている「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q/ 『巨神兵東京に現わる 劇場版』」を見てきました。 公式HPはこちら♪ ニアサードインパクトから14年後の

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』('12初鑑賞92・劇場)

☆☆☆-- (10段階評価で 6) 11月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:50の回を鑑賞。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q/(同時上映) 巨神兵東京に現わる 劇場版

“新劇場版”シリーズ4部作の第3弾です。最初の予告編の鮮やかな色彩の線のみで描かれたピアノの演奏が何を意味していたのかヱヴァンゲリヲン初心者の私にはさっぱりわかりません ...

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

2012年11月17日(土) 21:40~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー) 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』公式サイト 「巨神兵東京に現わる 劇場版」が、本編の前に上映。 ジブ

『エヴァンゲリオン新劇場版:Q』を109シネマズ木場3で観て分かる分からないはもうどうでもよいふじき★★★★(ネタバレ気味)

五つ星評価で【★★★★来た、荒い、でもすすんじょる】    思った通りの気持ち良さではなかったが、 まあ、出来るだけでもいいだろと、優しくなる年末。 ジブリみたいに一度 ...

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を観てきました!

どもども!Z-inです。 今日は会社帰りに『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を観てきました! 今年はホントにたくさんの映画を観に行きました! いつも年間に1つだけでも見に行

エヴァQ観てきた

ガンダム00の映画を観る前にグラハムさんが死ぬことを知ってしまうという、 悲しい過去を持つ俺はもうネタバレは御免とばかりに公開日に エヴァンゲリオンQを観に行ったのであ

■ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

第287回「これから彼らはどこへ向かうのでしょうか?」 この作品のブログを書くときに必ずお断わりすることがあります。私はこの作品の熱狂的ファンではありません。かつて観た

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

【総監督】庵野秀明 【監督】摩砂雪/前田真宏/鶴巻和哉 【出演】緒方恵美/林原めぐみ/宮村優子/石田彰/三石琴乃/立木文彦/山口由里子/清川元夢/坂本真綾/長沢美樹/子安武人/優希比呂/沢...

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 感想

当然の如くネタバレ注意。

映画:「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」♪。

平成24年11月20日(火)。 映画:「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」。 原作・脚本/庵野秀明 総演出/鈴木清崇(タツノコプロ) 色彩設定/菊地和子(Wish) 美術監督/加藤浩

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

 子供の御供で、遅ればせながら観て来た、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」。新劇場版前4部作の3作目だそうだ。前作の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」はテレビで放映して ...

ヱヴァンゲリオン新劇場版:Q

評価点:75点/2012年/日本/120分 総監督:庵野秀明 サードは起こった。全く新しいシリーズになったことを、受け止めるしかない。 「破」から14年後、幽閉されていた...
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。