David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UBiO for iPhone は iPhoneの常識を変えるかも

2012-12-15-Sat
家族がiPhone4から5に買い換えて、わたしの手元にiPhoe4が来て、半月、初めて触れる iPhone(元SoftBank機)をあれこれ操作して、遊んでいると、ブログタイムズから、高音質音楽再生アプリ「UBiO for iPhone」を試してみませんか? という案件が来ました。

ほう。わたしは、あんまり音楽を聞かないのだけれど、わたしにiPhone4をくれたは、歌は大好き、楽器も演奏するという、そこそこいい耳の持ち主なので、さっそく話を振ってみた。(わたしは

:「あのさ、iPhoneのアプリで、音楽を聴くのにすごくきれいだってのがあるのだけれど、どう?」
:「ああ、そだね、音が篭るよね、iPhoneって」
寝付けない時などベッドで聞くことがあるが、時々感じていたのは「音が篭る」ということなんだそうです。
:「へぇ、音が篭る? それってどういうこと?」
:「本当は聞き手までスーっと飛んでくるはずの音が、途中に薄いベールのような、膜のようなものがあって、そこで跳ね返されて戻ってしまい、その中にぼわんぼわんって篭るようにエコーがかかっている感じかな」
:「へぇ、それを音が篭るって言うの?」
:「本当はどういう言い方をするのが標準的かしらないけれど、音楽をよく聞く人には、音が篭る感じと言えばたぶん通じるはずだと思うけど」
:「あ、そう。それじゃ、なんか、UBiOっていう高音質のアプリがあるから聴き比べてみない?」

で、そのiPhone特有の「音の篭る感じ」が見事に解決されてる、UBiO for iPhoneってのはこれです。
IMG_0014.png
そもそもわたしはあんまり音楽を聴かないので(iPhoneで聞くものといえば、らじる☆らじるばかりです)音楽の一つもDLしていません。

に聴かせるためには音楽を1曲DLしなければなりませんでした。何がいいか……。考えた結果、なるべるいろんな楽器が聞こえる、クラッシク系かなにかかと思いましたが、そういえば、久しぶりに見ているNHK大河ドラマの「平清盛」がいいので、そのテーマはどうかとDLしてみました……。

IMG_0016.png

平清盛は武士の世を目指し、まさに血と汗と涙を流しながら、やっとの思いで武士の世を手に入れかけたところ、自身は武士でなく「準公家」のような存在になってしまうのです。木乃伊取りが木乃伊になる……そんな皮肉な運命の話です。親友の子と情けをかけた頼朝や義経に結局一族を滅ぼされることになります。そのことが結果、武士は敵方の子に情けをかけるのは禁止するという先例となってしまった、辛い運命の話なのです。荘厳にして、どこか哀愁漂う、大河ドラマNHK「平清盛」のテーマはそんな清盛を暗鬱な気分をよく伝える、素晴らしい一曲です。

これに決めました。NHK交響楽団が演奏する「平清盛のテーマ」を聴かせて、UBiOの違いをにわからせる……、わたしの目論見は成功するかどうか……。




IMG_0015.png

聴きだした最初は、「まだわからない」と言っていたも、すぐに「違う。きれいだね」と言い出しました。

「シンバルとか、トライアングルがよく聞き取れる」「管楽器のフルートとか金管楽器の音もキレイに聞こえる」「最初に言った、iPhone だと音が篭るようなところが全然なくて、スーっと通って伝わって来る」……こんな言葉がから出てきました。

:「ほんとうに音楽が聞きたい子は、SONYを持ってる子が多いんだけれど、これだとなかなかいけるかもね」
:「スピーカだとスピーカの性能に関わるから、イヤホーンつけたらもっといいはずだよね」
:「いいなぁ。聴いてると欲しくなるね」
:「有料で、450円のアプリだけれど」
:「450円というのは、そこその値段設定で、なかなかないかも」
:「それだけ自信作ってことじゃない?」
:「うん。聴いてると、気分がよくなって、どんどん欲しくなるよね」

なんと、「平清盛」は大正解! すばらしい評価を得たのです。音楽好きはiPhoneでなくてSONYって常識が変わるかもしれませんよね~。

ま、わたしの体験したのはこんなところなんですけれど、公式サイト(http://www.ubio.jp/)によると、威力を発揮するのは音楽だけではないようです。

音楽を聞くためのミュージックモードでは、今まで聞こえなかった小さな音までも再現して、まさにリスナーとアーティストの距離を近づけるのですが、スピーチモードでも威力を発揮します。つまり、語学練習などでは、通常聞こえにくい子音などもクリアに聞こえるわけで、まさにリスニング向けに調整されているわけです。

ということは、まだ試していませんけれど、落語や講談などの話芸でも、演者の息遣いなども臨場感をあふれる形で聞くことができるのかもしれません。「らじる☆らじる」くらいしか聞かないっていう、わたしのiPhone生活を変えてくれるきっかけになるかもしれません。

ダウンロードはこちらから。
App Store(ダウンロードURL):https://itunes.apple.com/jp/app/ubio/id563103341
アプリ名:「UBiO for iPhone」
価格:450円
対応端末:iPhone3Gs, iPhone4, iPhone4s, iPhone5,
対応OS:iOS4.3以上
販売元:サウンドサイエンス株式会社

[PR by ブログタイムズ]

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2761-cfed9d5f

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。