David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魔術/美術」展~愛知県美術館

2012-06-06-Wed
こんなチラシを見たら、お、行きたいかもって思いませんか。
majutsu.jpg
この子どもの眼差しがいいですね~。

中澤英明の「子供の顔」シリーズだそうです。
→ 中澤英明

わたしはこの子どもの目に惹かれて、見に行きたいと思いました。「視の技術と内なる異界」というサブタイトルにも興味があったので。

しかし、正直、ちょっと盛り上がりに欠ける展示でした。「幻視」や「魔術」を標榜したにしては、少々、展示的に散漫でピントを絞りきれてないのではないかなと感じたのです。なんだろ、そもそも、「すべての美術はなにかしら魔術的なんです」というの視点に立ってしまうのは、ちょっと、魔術というよりも詐術という感じさえします。すべての芸術は内なる異界を秘めているはずですし、それがなければ、芸術たる資格はないとさえ言えると思いますね。ま、芸術とは何かという根源をテーマにしているというのであれば、それはそれでいいのですが、それには、こんなポスターで魔術を表に出す必要があったのだろうかと……。

ま、つまらない展覧会ということはないんです。おもしろい作品もたくさんありました。

一番は「子供の顔」シリーズの6点と、個人的には山本芳翠の「浦島図」が印象に残っています。他の作品が、比較的小さなものが多かっただけに、この絵の圧倒的な存在感に目を奪われました。何より、あの浦島太郎伝説の、竜宮城から帰ってくるシーンをこんなふうに描いている、着眼とその解釈に感動しました。わたしは、てっきり、行きと同じように、亀が一匹で連れ帰ったものと思っていたのですが、なるほど、おそらくは竜宮城史上最大級のVIPであったはずですから、盛大に見送ったに違いありません。あの、しがない漁師の太郎が、王子のように出世して、言わば凱旋帰国を果たすはずだったのです。それは、パリで西洋画の技法を学び、日本に伝えようとする作家自身の姿と重なるではありませんか。太郎が手にしているのは、西洋画の技法であり、引き連れている乙姫は、まさしく西洋画の日の女神であるように思われます。




中澤英明の「子供の顔」シリーズは、「クマ」「ペサメムーチョ(いっぱいキスして」「地蔵」「寝ぐせ」「ウサギ」「栗饅」の6点が並びます。どれも、不思議な魅力のある作品です。

「クマ」はリーフレットにもとられているし、中澤の作品には珍しく、ネット上で画像をみられます。
→ 馬場信の秋葉原日記:「中澤英明「子供の顔‐クマ」

もう一つ、今回は展示されてませんが、「ニョキニョキ」がネットで見られます。
→ 三重県立美術館:「子どもの情景」展(1996)より「中澤英明(1955~)《子供の顔(ニョキニョキ)》
この解説にこんなことが書かれています。

中澤は子供を題材に描き続けているが、自分の子供を描いた≪風人≫以外、すべてモデルは居ないそうである。彼が扱うテンペラと油絵の混合技法は、職人的な技術を要し、制作は計画的にすすめられる性質のものである。この技法は、画材の特性を最大限に生かす一方で、手間のかかる作業ゆえ表現が堅くなる危険性をもっている。しかし、彼はそうした技法を研究しながらも、多様な子供の表情を画家の想像の世界で造りあげ、制作途中においても題材との感覚的なやりとりをつづけることで、そうした危険性を回避しているのだろう。
 → → 三重県立美術館:「子どもの情景」展(1996)より「中澤英明(1955~)《子供の顔(ニョキニョキ)》


かわいい子どものモデルがいたからそれを写し取ったというのではなくて、自分の中で創り上げた子どもの顔なんですね。

ま、この展覧会のテーマは、それなんでしょうね。作家が想像し、創造した世界……。幻視した内なる異界を作品化したものという視点で、愛知県美術館、岐阜県美術館、三重県立美術館の三館から選択して並べたもので、ま、そのテーマを理解しながら、気に入った作家や作品を見つければいいのではと思ったのです。

■□■ NOTE □■□■□■□■□■□■□■□■□
会場:愛知県美術館
会期:2012年4月13日(金)~2012年6月24日(日)
閲覧料金:一般:当日900円(前売・団体700円) 高校・大学生:当日600円(前売・団体400円)
中学生以下は無料
URL:http://www-art.aac.pref.aichi.jp/exhibition/index.html
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2737-fee14db7

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。