David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前田敦子の総選挙「出否」問題~気になる言葉

2012-04-07-Sat
もう知らない言葉はない……なんてことは、世にも思っていない。え、そんな言葉あるの? って思うことも当然あるはずだが、そういう言葉の感度を改に大切にしたいなと、改めて感じたのは、先日、こんなツイートを見たときだ。


これは、AKB48の前田敦子の卒業(?)報道に関して登場してきた言葉だった。たとえば、こんな記事。
あっちゃん激白へ!6・6選抜総選挙出否 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ) あっちゃん激白へ!6・6選抜総選挙出否 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)

ここに出てくる「出否」の言葉が、ま、意味は「出るか出ないか」ということだというのはわかるのだが、耳慣れないというか、見慣れないというのだ。確かにそうだ。見慣れない。わたしも同感。見慣れない。ただ、わたしだったら、意味がわかるから素通りしていたかもしれないなと思ったときに、冒頭のようなことを改めて思ったのだ。ちなみに、検索するといくつか用例は見つかった。そのほとんどが、スポーツ新聞で競馬関連の記事であった。たとえば、こんなものだ。
【東京大賞典(大井)】出否未定だったスマートファルコンが参戦決定(UMAJIN) - livedoor スポーツ
【オーシャンS】カレンチャン直行?出否は未定 ― スポニチ Sponichi Annex 競馬

競馬だけでなく、マラソンの例もあった。
女子マラソン赤羽・選考会出否は大阪国際後/スポーツ速報/デイリースポーツonline

レースじゃなくて、試合の例もあrった。
松井秀に任せた!練習メニューもOP戦出否も全権委任 - jiayou88
(※でも、これは日本語の記事だけれど、翻訳語という感じがする。ひょっとすると「出否」は中国語に由来するかもしれない)

読みまでは定かでないが(「しゅっぴ」だと推測するけど。「しゅつひ」って言いづらそうだから)、意味は、「(レースや選考会、選挙などに)出場するかどうか」という意味であることは、ま、調べるまでもないと、ま、思ってしまう。いずれにしても、スポーツ関連、殊に競馬関連に多いので、わたしは、(おそらく)競馬(に由来する)用語じゃないかと思って、見知らぬ人にツイートした。URLつきで。

ネットは検索にも便利だが、さらにいうと、こういう言葉の感覚に豊かな人たちと情報を共有できる利便性もある。だからネットはやめられない~のだ。だからどうってことはないのだけれど。



さて、「総選挙への出否」を考えていて、当然のように思い至るのが「出馬」である。

市長選や国政選挙など、現実の選挙に出ることを「出馬」ということだった。競馬言葉に詳しくないが、「出走取り消し」というような言葉を聞いた覚えがあったので、「出馬」でなくが「出走」をつかうのだろうと思ってたが、検索すると、そうでもない。どうも「出馬」という言葉があるようだ。
→ wikipedia:「出馬投票

これは、この文章を読んでの想像だが、競馬の「出馬」は動詞としては使われないのではないかと思ったりもした。つまり、「出場者」「出場選手」というような意味合いで、「出馬」というふうに使っているのではないか。実際にレースするというように動詞で使うときには、「出馬する」と言わずに、「出走する」と言っているのかと思った。あるいはこんなふうにも考えた。エントリーすることを「出馬する」、実際にスタートしてレースすることを「出走する」と呼び分けている可能性もあるのではないかと。

ここで、ヤフー辞書。

しゅつば0 【出馬】(名)スル
[1] 馬に乗って出かけること。特に、一軍の将が戦場に乗り込むこと。
[2] 高い地位にある者が、その場へ出向くこと。 会長の―を請う
[3] 選挙などに立候補すること。 総選挙に―する
[4] 競馬で、出走登録をすること。でんま。 ―表 
 → ヤフー辞書:「出馬


わたしの疑問のひとつの答えが書かれてる。競馬では「出走登録すること」を「出馬」と呼ぶようだ。

では、選挙の方は? 馬ではなくて人が、首長選挙やそれこそ代議士選挙などに立候補することを「出馬する」ということである。まさか、自らを競走馬に見たてているなんてことはないだろう。これは、もし、見立てているとしたら、自分を一人の武将に見立てているののだろう。選挙という弱肉強食の、命がけの戦いの場に出向くので、出馬なのだ。

最後にもうひとつ、「下馬評」って言葉。語源はこちら

下馬評の「下馬」は、馬から下りる意味のほか、城や社寺の門前で馬を下りなければならない場所「下馬先」も意味する。 下馬先で城内や社寺に入った主人を待ちながら、お供の者が噂や評判を交わしていたことから、「下馬評」と言われるようになった。


競馬とはまったく関係がない、由緒正しい日本語だったので、なんだかほっとした~(笑)。

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2722-75c28b8c

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

-

管理人の承認後に表示されます
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。