David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「山本糾 光・水・電気」展&「みえるもの/みえないもの」展~豊田市美術館

2012-03-17-Sat
豊田市美術館に「山本糾 光・水・電気」展に行ってきた。

山本糾を知っていたわけではないけれど、ふっと見かけた「落下する水」のポスターがとても興味深かったので。


yamamototadasu_pic01.jpg
→ 豊田市美術館:企画展:山本糾 光・水・電気展のページ


運良くギャラリートークにタイミングがあったので、学芸員の解説を聞きながら1時間くらいかけて見ることができました。山本糾は、エイトバイテンの大型フィルムを使って撮影していて、その大多数の作品はモノクロである。幾つかのシリーズを併行して撮り続けている。そのテーマは今回の展覧会のテーマにもある「水」や「光」などで、それは山本の生涯を通じてのテーマといってよい(一部意訳)というような話を聞きながら、具体的な作品の特徴を見ながら回った。

写真展をこうしたガイダンスを聞きながら見るという体験は初めてだったが、気に入った写真を撮るために、その場所に行き、その時間まで待つというような、そういう準備の苦労というか、裏話的なことが、とても参考になった。もちろん、数分の我慢なら、わたしも普段写真を撮るときにしたこともないわけでなく、プロは職業だから、それを時間単位、日にち単位でしてるだけと言えばそれまでなのだが。

展覧会全般を通じて、気に入った作品というか、印象に残った作品は、「考える水」のシリーズと、海岸の岩を撮った庭のシリーズ(→これ)、そして、最も初期の作品群であるガラス瓶のシリーズだった。もちろん、ポスターになっていた「落下する水」のシリーズは、ポスターの段階からインパクトがあった。二枚をつなぎ合わせた写真だが、あえてきちんとつなぎ合わせることでなく、デフォルメしたというと語弊があるが、あえて位置をずらしたり、倍率を変えているようなつなぎ合わせて、滝(落下する水)の迫力を表現している、学芸員の「単なるスナップ写真でなくて表現」という言葉がしっくりした。

「ガラス瓶」は山本糾にとっては最初の作品群で、ま、光と水と写真という切り取られ閉じた世界がそこにあるということだった。なるほど。作家は最初のテーマを生涯さまざまな形で追窮していくと言った人がいたが、山本糾の「ガラス瓶」もまさに同じだったということだと思った。

□■□■ NOTE □■□■□■□■□■
会期: 2012年1月7日[土]-4月8日[日]
休館日: 毎週月曜日[祝日の場合は開館]
会場: 豊田市美術館 展示室1-4
観覧料: 一般1,000円[800円]、高校・大学生800円[600円]、小・中学生無料
→ 豊田市美術館:企画展:山本糾 光・水・電気展のページ

※山本糾プチリンク集
朝日新聞デジタル:「山本糾 光・水・電気」展 明暗織りなす異形の水 - 文化トピックス - 文化
・雨引の里と彫刻:山本糾資料室
・GALLERY HASHIMOTO:山本糾のページ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




山本糾展と同時開催の「みえるもの/みえないもの」展。こちらも写真展。

こういうものは、好みの問題もたぶんにあるが、わたしには、山本糾の個人展よりも、こちらのアンソロジーの方がとってもおもしろかった。一人の作者の軌跡やテーマをじっくりと見るのも価値あることだが、複数の作家のさまざまな問題意識や、テーマ性、表現技術や工夫をあれころ比較してみるのも楽しいからだ。

記憶に残ったのは、中西信洋の「Layer Drawing」。スライドフィルムをを複数重ねた、宝石や鉱石の標本や、さまざまな玉虫の標本を見るような感覚で見る、不思議な3D作品。ボリス・ミハイロフの、全く異なる二枚のフィルムを重ねて一枚に現像した、シュールレアリスムのコラージュのような不思議な作品。これはおもしろかった。ソフィー・カルの、先天的な盲人に「あなたにとって美とは何か」を尋ね、そのコメントテキストと、それを元に写真家が撮った作品群。これは、写真としてというよりも、まさに美とは何かという芸術の本質を問うているようでおもしろかった。この着眼に感心させられた。

こうしたさまざまな問題意識や技法の競演に、わたしはあらためて写真展のおもしろさを感じさせられた。わたしが、ブログに写真展の記事を書くのは、ずいぶんと久しぶりで、しかも二度目という、とても珍しいことなのだけれど、単なる綺麗なカレンダー写真ではなくて、こういう表現の追窮みたいな写真展は、本当に刺激される。

□■□■ NOTE □■□■□■□■□■
「みえるもの/みえないもの」展
会期:2012年1月7日[土]-3月25日[日]
会場:豊田市美術館
観覧料:一般300円[250円]、高校・大学生200円[150円]、中学生以下無料
出品作家:荒木経惟、アルマン、クリスチャン・ボルタンスキー、ソフィ・カル、ナン・ゴールディン、川内倫子、松江泰治、ボリス・ミハイロフ、中川幸夫、中西信洋、ローマン・オパルカ、ミケランジェロ・ピストレット、 志賀理江子、曽根 裕、杉本博司
→ 豊田市美術館:常設特別展「みえるもの/みえないもの」展のページ

※プチリンク
・acac blog:中西信洋
ボリス・ミハイロフ | ShugoArts
・N:ソフィー・カルの「盲目の人々」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

少し、本質とは離れるが、写真の展示について気になったことがある。

それは、作品を展示するための額縁というかフレームのガラスの存在である。写真に、閲覧者の姿が映ってしまって、作品がうまく味わえないのだ。照明を工夫してそういう点をもう少し改善できないものかと思った。

少なくとも、東京で見た横須賀功光のときには、全く感じかなった。あれは素晴らしかったと改めてい思う。
→ 過去記事:「横須賀功光の写真展「光と鬼」

もっとも、それを逆手にとった「窃視者」ちう作品も展示されていたのはおもいしろいが。

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2713-e20f8e60

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。