David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「源氏物語~千年の謎」~劇場で

2011-12-13-Tue
生田斗真が光源氏、中谷美紀が紫式部を演じる「源氏物語~千年の謎」を見てきました。


→ 公式サイト

冒頭、道長(東山紀之)が紫式部を自分のものにするところから始まるのですが……、当時の「恋愛」がこんな一方的な、レイプ同然であったのかと思うと、正直げんなりです。光源氏も、まさに輝く日の宮でなんでしょうが、ま、要するに、地位があり、かっこ良ければ何やっても許されるって感じです。これが「恋愛」なんですかね。ま、女性の側に立てば、世にも素敵な貴公子が、節操もなく劣情にかられて、自分に地位や金、そして見てくれがいいのをいいことに、「好きだ~」と言って近づいて、それが、一夜の恋だろうと、一週間だろうと、ひと月だろうと、一年だろうと……、その恋に心を奪われ、悩み苦しむわけなんですね。これが「恋愛」なんだそうです。ああ、そんなに簡単だったら苦労しないのに……。ま、こっちは、地位や立場を気にするから苦しむし、金にも苦労するし、見てくれも、気風も人並み以下だから苦労するわけなんですけどね。ああ、もし、わたしが恋愛を語るとすればそういうところがスタートラインで、これが「恋愛」なんてげんなりですね。

ま、光源氏が記憶のない母を恋い、藤壷(真木よう子・桐壷と二役)に恋をしてしまうというところはテーマとしては素晴らしいと思います。その思いが、藤壷に狼の牙を向いて襲いかかるところなんて、なんだろう、苦悩はわかるが馬鹿なんじゃないかと思いました。あれ? 「源氏物語」って、光源氏がこんなに中身のない、見かけだけの男だったの? 感じさえしました。

映画を見てわたしが感じた「千年の謎」は、「紫式部はなぜ源氏物語を書いたのか?」なんてことでなくて、こんな魅力のない、見てくれてと地位と金だけの男を千年以上にもわたって、日本の男性の体表のように扱ってきたのかというのが謎……。ま、素敵なものは素敵なんでしょうけれど。

道長も「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」を取り入れたりしてるんで、これって、けっこう道長に批判的な映画なんでしょうか? 光源氏も、素敵ではあるが、かなり落として描いているところを見ると、「紫式部が源氏物語を書いたのは、道長の素敵な部分を理解しつつも、批判の意味を込めていた」というのが結論なのかしらと思ってみました。

ま、「源氏」を映画にするのは難しいんでしょう。


「DARK」「JEALOUSY」「TEARS」「LOVE」「SEX」とポスターにもサイトにも書いてありますが、こんなテーマがありながら、なんだか陳腐な感じがしてしまたのは、私の期待が大きすぎたのかもしれません。






あと、これは映画批評と言うよりも、みてるうちに触発されたことなんですが、台詞がなんだか江戸時代の言葉のような気がしたのです。時代劇には時代劇だけれど、平安時代でなく近世の言葉のような。ま、「源氏」を映画にするのは難しいんでしょうね。

そのあたりは、映画だから、わかるようにつくらないとしかたがないという点もあるのでしょうし、平安時代の話をリアルに作るってのは難しいのかもと思いました。そのあたりの作品を、少しレンタルで見てみようかな。



COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2686-3bccac67

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。