David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パノラマ島」のモデルは三重の「神島」って……江戸川乱歩

2011-11-20-Sun
江戸川乱歩の「パノラマ島奇談」の話題です。

「パノラマ島奇談」といえば、先日、「中西和久のエノケン」」を見たときに(→過去記事)、エノケンが宝塚で「パノラマ島奇譚」をしたという話を思い出します。1926~27年、雑誌「新青年」に連載された作品ですが、売れない作家人見広介が、瓜二つだった資産家菰田の死をきっかけに入れかわり、その資産をおしみなく使って、自らの空想を具現化した人工世界を作り上げるという設定です。エロなわたしは、なんとなく、「秘宝館」と水族館の合体みたいなものを思い浮かべるのですが、ま、まさに、理想の王国を作り上げていくわけですね。この話を舞台などにできるものなのだろうか……と思ってしまったのですが、ま、コメディたっちの作品のようです。



さて、この「パノラマ島」のモデルの島に関する記事が、先日、毎日新聞が報じていました。

 探偵小説家、江戸川乱歩(1894~1965年)の代表作の一つ「パノラマ島奇談」の舞台のモデルが、三重県鳥羽市の伊勢湾口に浮かぶ「神島」だったとする新説を同市在住の作家、岩田準子さん(43)が打ち出した。これまでは同市の「ミキモト真珠島」が有力とされた。準子さんの祖父は乱歩と親しかった風俗研究家の故岩田準一氏で、真珠島説は父親の故岩田貞雄氏が唱えた。準子さんは「父の説を覆すのは忍びないが、誤りを正したい」と話している。
 → 江戸川乱歩:パノラマ島モデルは三重の神島…作家が新説 - 毎日jp(毎日新聞) 


ああ、そうなのかとは思いますが、こういう話を聴いても、どこがモデルだったところで、江戸川乱歩にも、作品自体にも全く関係ないと思うのですが、ま、それでも、地元の人たちには、大きな話なんでしょうね。

さて、記事によると、江戸川乱歩は昭和17年から1年余、三重県鳥羽町(現鳥羽市)で会社勤めをしていて、小説には「M県」「I湾」「T市」というふうに出てくるので、この当時、鳥羽はまだ町制で市になったてなかたので、三重県に「T市」に該当するのは津市しかないということになってました、当然、I湾は「伊勢湾」なんですね。

で、従来パノラマ島のモデルは、「ミキモト真珠島」と考えられていました。記事にはこうあります。

元同市文化財調査委員の貞雄氏(34~04年)は79年の自著で「想定を真珠島にとった」と断定。準子さんは根拠を「『T市の大富豪所有の島』との記述から連想したのでは」としている。

しかし、小説では島の場所について

海岸を1時間汽車に揺られて終点のT駅に着き、船で1時間とし「ほかの島々から飛び離れて」と表現

されているので、岩田準子さんは

「T市は津市、T駅は鳥羽駅。1時間も船に乗り、他の島々から飛び離れた島は神島しかない」

と指摘したそうです。

あ、神島って、三島の「潮騒」のモデルになった島ですよね。

う~む。Wikipedia(「神島」)によるとこうです。

神島(かみしま)は伊勢湾口に位置する、周囲3.9km、面積0.76km2の島で、三重県鳥羽市に属する。人口は500人あまりで過疎化が進んでいる。

古くは、歌島(かじま)、亀島、甕島などと呼ばれた。神島の名が示すように、神の支配する島と信じられていた。後に八代龍王を祭神として八代神社が設けられた。神社には、古墳時代から室町時代にわたる総数百余点の神宝が秘蔵されている。各種の鏡(唐式鏡、和鏡)や陶磁器などである。

鳥羽藩の流刑地であったため、志摩八丈と呼ばれたこともあった。


う~む。これが、パノラマ島? 全然イメージ違いますけど。「人口500人余りで過疎化が進んでいる」って、江戸川乱歩の時代にどのくらい住んでいたかわかりませんけど、そんな人が住んでいるところなんてイメージありませんけれどもね。

ま、「モデル」の捉え方ですけれど、もっと孤島のような、無人島を好きなように開発したってイメージなんですけれども違いますかしらん。真珠の島となったミキモト真珠島なんて、ロケーションは知らないけれど、イメージぴったりなんですけどね。




ええと、で、この新らたな「神島説」を展開しているのは、岩田準子という作家でして、自分の祖父(岩田準一)と乱歩をネタにした小説を書いてるようなんです。知りませんでした。



 作家。1967年三重県鳥羽市生まれ。男色文献研究家・岩田準一の孫。
 江戸川乱歩と祖父との危ない関係を描いたモデル小説『二青年図』(新潮社)でデビュー。
 乱歩ファンのあいだで物議を醸す。
 → はてなワード:岩田準子 




 →  はてなキーワード:岩田準一

ああ、乱歩と男色研究家がアヤしいというのは、いい着眼ですね~。読んでないので、今度読んでみたいです。



☆「パノラマ島」プチリンク集
・乱歩の世界:「パノラマ島奇談
・松岡正剛の千夜千冊:「江戸川乱歩『パノラマ島奇談』」
・ミルミル ヨムヨム:「江戸川 乱歩 【パノラマ島奇談】

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2678-c62a0bcd

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。