David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正かな同人誌が届き、ライターズ・ハイから思わず次作を書く

2011-11-08-Tue
正かな同人誌が届いた。

すごく立派な出来ばえだった。カバーの図柄がメルヘンチックであり、コミカルでもあるので、何の本だか一見するとわからない。ややもすると、四コマ漫画の本なのかと思ってしまうけど、これが「正かなづかひ 理論と実践」だ。

わたしはさっそく家族F()に自慢げに見せた。(わたしは
:「お、届いたぞ。これ、見ろ」
skana01.jpg
:「……?」
:「正かなづかひ 理論と実践」
:「正かな?」
:「歴史的かなづかいのことを、こだわってそう呼ぶんだ」
:「ああ、歴史的かなづかいね……」
一応興味は示したものの、表紙に送る視線がいささか冷たく感じられた。真意はわからない。は中身に関心を持ったのかもしれないが、それを冷淡な視線と感じたのはこちらに引け目があるからかもしれない。
:「ああ、これ、これは創刊サービスカバーで……」
:「サービス?」
:「ほら、カバーをはずすと、こういう落ち着いたつくりで……」
skana02.jpg
:「ああ」
:「こういうのを、表紙詐欺と言うんだって」
:「詐欺?」
:「いや、表紙というか、こんかいはカバーだが、カバーがかわいいとぼけた作りで誘っておきながら、中身はガチって」
:「中身はガチ……」
:「ほら、わたしの記事はこれ。家族のことも書いてある」
:「……」
:「ま、こういう固い記事もあるし、マンガとか小説もあるけど」
:「……」

こんな会話が交わされた。

編集と発行、そして販売も一人でまかなっている押井さんの情報では、先日の文学フリマで30部売れた。これは異例中の異例の売れゆきということであった。また、同時に開設されたオンライン販売も好調のようですでに30部を売り上げ、さらにわたしたち執筆者に1冊ずつ送ってくれたので、すでにして残りは50部を切っているので、増刷の検討を始めたというのである。ま、こういうことを聞いても、同人誌の事情に詳しくないわたしはどの程度のすごさなのか、ピンとこないのだけれど。

それよりも、不思議なのは「同人誌」というもののしくみだった。わたしは、ちょこちょこっとエッセイを書いて、しかも、過去に書いたブログの記事を「正かな」バージョンにリライトしただけで、あとは何の苦労らしい苦労もしていない。もとより、この「同人誌」の企画にいっさい関与していなくて、ただ、Twitterの「原稿募集中」のTLを見て、一方的に載せてもらえない? と売り込んだだけだった。原稿料はもらってないけれど、ま、こうして形になって、今後ずっと売られていくわけだから、なんか、とっても楽しみである。

たくさん売れれば儲かるようなことを押井さんはおっしゃるのだけれど、儲かるもなにも、大変な編集作業や、販売などはボランティアでやってるんじゃないだろうか。所謂人件費みたいなものが全く計算されていない……。同人誌ってこんなものなのだろかと思った。ま、わたしも、さして反応の返ってこない、誰が読んでくれてるんだかわからないようなブログをこうして続けているのだけれど……。とりあえず、どんどん売れて、押井さんの苦労が報われるといいと思う。

この記事を読んでくれる人のために宣伝しておくと、創刊号の初刷りカバー付きバージョンはあと50冊を切ったそうです。今がチャンスです! 購入はこちらから!
はなごよみ:刊行物の紹介ページへ
 → 正かな同人誌:「正かなづかひ 理論と実践」
 → はなごよみ:注文のページ

通信販売以外に、一部ですが店頭販売も行われています。
→ COMIC ZIN 「正かなづかひ 理論と實踐」 ※新宿店、秋葉原店、通販で取扱っているそうです。

お近くにお住まいの方、お出かけになる予定の方は、送料がかからないだけお得です。


たぶん、完成の達成感というか、発刊の昂揚感が背中を押していると思うのだけど、ま、所謂いけいけムードというのもおそらくあって、早くも、第2号の話も、シリーズ(別冊?)の話も出ている。

別冊というのは、ま、説明にちょうどいい言い回しでわたしが勝手に使っているだけなのだけど、早い話が、「「正かなづかひの本」シリーズ」なんてのを目論んでいるようで、すでに、シリーズ第一弾は「猫と正かなづかひ」と決定で、なんとすでに原稿募集が始まっている。猫ならぬ、瓢箪から駒という流れで生まれてきたような話なのだが、猫の次は蟹、烏賊、ナンなんだそうだ……。

このシリーズ化の企画は、「正かな同人誌」の創刊号で監修をした野嵜さんのサイトで募集している。
 → 空地利用:猫と正かなづかひの同人誌

この件について、わたしはすでに猫を題材にした、童話風ショートショートの草稿ができ、推敲段階である。正かな同人誌で四コマ漫画を描いた鷹の団の佐藤さんに、挿絵もお願いして、なんだか、とってもおもしろい展開になっている。
 → 時代の斜めうしろ:「正かな同人誌どうぞよろしく

ランナーズ・ハイならぬ、ライターズ・ハイ状態のわたしは、「お前はもういい!」と言われなければ、第2号はもちろん、イカなりタコなり、ナンなりと、全部寄稿するつもりでいる~w

p.s.
そうそう、書き忘れましたが、かわいい猫の写真を、現在強烈に募集しているようです。

うちの猫の写真も参加したいという方がいらしたら、こちらのページの下の方に記載された野嵜さんのtwitterアカウントに連絡をとってみてください。

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2670-6859ac84

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。