David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キウイ」や「グアム島」も正かなづかい?~「正かな同人誌」は明日発売!

2011-11-02-Wed
先日のtwitterのTLの転載(引用)です。

カルシウムやキウイは正假名遣ひつぽい事になるよね
 → Twitter / 湯まるぬ: カルシウムやキウイは正假名遣ひつぽい事になるよね


これを見て、ああ、「カルシウム」はそういえば「カルシューム」と言ってる人いたよなとか、「キウイ」は「キューイ」って呼んでる人いたなとか、思い出しました。ああ、あれは歴史的仮名遣いだったのかなぁと思わず錯覚してしまいました。

これについての、「正かな同人誌」の編集人の押井さんのリツイートです。

「アルミニウム」や元素系は多いですね。他には「シウマイ」「グアム」「グアテマラ」とか RT @Xiu24purple_x カルシウムやキウイは正假名遣ひつぽい事になるよね
 → Twitter / 押井徳馬@文フリ オ-38「はなごよみ」: 「アルミニウム」や元素系は多いですね。他には「シウマ ...


お二方とも「正假名遣ひつぽい」と書いてますが、確かに、これらは「ぽい」だけであって、正かな(歴史的仮名遣い)ではありません。

まず、「カルシウム」。「マグネシウム」のほかにも元素にはたくさんあります。「ヘリウム」「リチウム」「ベリリウム」「ナトリウム」「カリウム」「アルミニウム」など。最近、ニュースで頻繁に見る「セシウム」とか「ストロンチウム」「ラジウム」もありますね。押井さんがおっしゃるように、元素にはたくさんあります。これらは、正かな表記と見て、「○○リューム」とか「○○ニューム」、「チューム」、「シューム」、「ジューム」のように、拗音として読むのがいいのでしょうか?

これは違うようです。カルシウムは「calcium」、ナトリウムは「natrium」と書きます。元素にはこういう「○○ium」というものが多いようなのですね。これは、「シューム」とか「リューム」と読むよりも、「シウム」「リウム」と読むほうがいいようです。化学元素に限って、伝統的なは正かな遣いが残されたというよりは、発音を意識しての今の書き方になっているのであって、これは現代仮名遣い(新かな)なのですね。
 → カルシウムとカルシューム、どっちが正しいの?

また、「キウイ」。これも、わたしはあの甘酸っぱい果物を「キューイ・フルーツ」と呼び、その名の元になった鳥は「キューイ・バード」となどと呼んだりしていた時もあったのですが、スペルは「kiwi」で、「キュ」という音はなく「キウ」というのが正しいようです。したがって、「キューイ」と言うのは間違いですね。「キウイ」「キーウィ」「キーウィー」などがいいようです。
 → ウィキペディア:「キウイフルーツ」

元素や「キウイ」は元々の発音に由来しているのですね。これは、「グアム島」「グアテマラ」でも同じ事情です。

「グアム」のスペルは「Guam」もしくは「Guahan」です。

日本語では「グァ・ム」、「ガ・ム」と発音されることが多いが、近年は「グ・ア・ム」の発音も主流になっている。
 → Wikipedia:「グアム」


「グアテマラ」は「Guatemala」。

日本語の表記は、グアテマラ共和国。通称、グアテマラ。グァテマラやガテマラと表記されることもある。
 → Wikipedia:「グアテマラ」


ところが、「シウマイ」はちょっと違う事情です。

実は、わたしは「シューマイ」って書くのですが、日本では一般的には「シュウマイ」と書くようです。ただ、崎陽軒だけが「シウマイ」の表記を採用しているようです(検索するとほかにもあるようですけど)。崎陽軒が「シウマイ」の表記を採用しているのは、「うまい」を掛けているんだそうです。

崎陽軒では「シューマイ」ではなく「シウマイ」と表記するが、これは開発した初代社長のなまりのせい。なまりの発音“シウマイ”をそのまま活かし「シウマイ」と呼ぶようになったが、実は名前の中に“ウマイ”もかけているのだそう。
 → なぜ“シウマイ”? 崎陽軒「シウマイ弁当」の秘密 - 東京ウォーカー

一般的には「シューマイ」と正かな的に読んでも構わないのでしょうが、シウマイと訛りで読むのが本筋なのかもしれません。

はなごよみ:刊行物の紹介ページへ
→ 正かな同人誌:「正かなづかい 理論と実践」



さらに、この二人のツイートを受けてこんな彊(きょう)さんのTLが流れます(彊さんも、「正かな同人誌」の執筆者の一人で、方言と歴史的仮名遣いについての、とても興味深い文章を書かれていました。関西弁を歴史的仮名遣いで書くと、全く違和感がなく、全くもって自然なのでした。大げさに言うと、正かなづかい(歴史的仮名遣い)は、上方言葉(関西弁)を書くに考えられたものではないかと思われるほどでした)。

東近江市内に「瓜生津」と書いて「うりうづ」とルビが振られる地区がある。これも歴史的仮名遣い的な表記かな。
 → Twitter / 彊(きょう): 東近江市内に「瓜生津」と書いて「うりうづ」とルビが振 ...


と東近江市瓜生津町のルビ「うりうづ」が「歴史的仮名遣い的表記」みたいに書いてありますが、そう、これも「的」というか、連想させるだけであって、あくまで、新かなのようです。全国郵便番号一覧には

〒527-0055 滋賀県東近江市瓜生津町
ひがしおうみし
東近江市
うりうづちょう
瓜生津町

とあり、ローマ字では

Uriudu-chou, Higashioumi-shi,
Shiga-ken

と書かれています。「ウ リ ウ ズ」と読むのがいいようですね。歴史的仮名遣いでなくて、新かなです。

そして、もうひとつ、同じく彊さんのツイート。

ほーいや北海道の方に「チキウ岬」てのがあるね。地元の人は、チキウミサキとチキューミサキのどっちで発音してはるんやろ?
 → Twitter / 彊(きょう): ほーいや北海道の方に「チキウ岬」てのがあるね。地元の ...


ああ、今回のツイートの中で、一番歴史的仮名遣いに関係したのは、この「地球岬」なんでしょうね。わたしは全くにして初耳だったのですが、この「地球岬」にはこんな成り立ちがあります。

地球岬のある室蘭付近の海食崖の海岸線は 約13kmにわたって海抜100mくらいの断崖絶壁が連続する大変風光明媚な場所です。 地球岬は元々は語源となったアイヌ語ではポロチケップ (親なる断崖)から派生したチケウエ→チキウに当て字の地球を当てて地球岬となったようです。
 → 地球岬(チキウ岬)・トッカリショ

つまり、「チキウ岬」の語源はアイヌ語の「チケプ」なんだけれど、「チケプ」→「チキウ」になり、それを正かなとみて「地球」の字があてられたということは、「チキュウ」と読んでることになるのです。

というわけで、今回の一群のツイートの中では、唯一「チキウ岬」だけが、正かなで、他のものは新かなだったというわけなんですが、こうしてみると、新かなも捨てたもんじゃないなと思いますね。「グアム」「グアテマラ」や数々の元素名は、正かな(歴史的仮名遣い)で書かれていると、「グアム」か「ガム」か、「グアテマラ」と読むべきか「ガテマラ」か、「○○二ウム」か「○○ニューム」かが判然としないという問題に出くわすのですね。ところが、新かなはこういうことはありません。「グアム」は「グアム」であって「ガム」ではないことがはっきりとわかるのです。「セシウム」か「セシューム」かを書き分けることができるのです。

なんだ、「新かな」にもいいところがあるんだ……というのが、今回のわたしの感想でもあるのですが、ま、「正かな」は「正かな」で理にかなったところもたくさんあります。そんな、正かなの魅力と、下記表し方、また、実際に正かなづかいで書かれた同人誌が、明日、11月3日に販売開始となります。文学フリマに並ぶのと同時に、通販でも購入できるようです。
 → はなごよみ:注文のページ

わたしも原稿を売り込んで載せていただいてますので、どうぞ、よろしくお願います。

参考
 → 過去記事:「読書の秋には、現代人の書く「正かな同人誌」を読んでみませんか?



bunfree_banner01.gif
 → 「文学フリマ」公式ページ




COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2666-113bc3f6

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。