David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子トイレで手を洗って……、娘さんに温かく微笑まれた話

2011-10-21-Fri
左の手首になんだがしこりのような、ぐりぐりができて、ちょっと知り合いに見てもらったら「ガングリオンっぽいね~」と言われた。彼女は医者でも看護師でもなく、ただ、ま、経験的に教えてくれただけで、診断でもなんでもなかったのだけれど。わたしはこのガンダムとヱヴァを合わせたような病気かと思って、皮膚科のある、あまりなじみのない病院に行くことになった。詳しいことはかかないが、医師の診立てはガングリオンにあらず、しかし、なにか特に悪性という感じはないが、一応MRIをとった方がいいということであった。
 → Wikipedia:「ガングリオン

こうして、その日の診察は終わったが、わたしは自販機で買ったオーレがこぼれて、ちょっと手がべとついていたので、会計の計算待ちの間を利用して、急いで手を洗ってくることにした。「お手洗い」と呼ばれる便所を、文字通りお手洗いとして使おうと思ったのである。そいつが、実はちょっといけなかった。肝心のことに気づくのが遅れる結果となった。つまり、わたしが、お手洗いとしてでなく、ご不浄として、小用にでも使っていたのなら、男子用便器が一つもなく、個室ばかりであることに当然もっと早く気づいていたはずである。しかし、その時にわたしがしたかったのは、べとつく手をてっとり早く洗いたいということだけだったのだ。

そして、液体ハンドソープを手につけて、ごしごし洗っているときに、目の前の大きな鏡に、さっき廊下で追い越してきた、若い娘さんの姿が映ったときに、わたしはハッとした。たぶん、わたしが大股で急いで追い抜いて行ったのを、娘さんも気づいていたのだろう、痴漢とか、変質者であるかのような妙な目線は感じなかった。

わたしがとっても驚いたような、はっと息を吸ったまま、声にして息を吐くのを忘れているかのように、口のかたちで、
「あ あ ~  こっ ち は お ん な の ひ と の ……」
と言うと、鏡越しに娘さんは、微笑みながら、大きく頷いて奥へと進んでいってしまった。

わたしは、慌てて女子トイレを出ると、隣の男子トイレに入り、もう一度丁寧に液体ソープで手を洗って出た。

……、ただそれだけの話。娘さんに、妙なふうに大騒ぎされないで本当に助かった。



こんないささかみじめな体験をしたのは、わたしの目的が所謂用足しでなく、文字通りの手洗いであったこと、会計の時間を利用したもので、少し急いでいたものであったこと、また、行き慣れない病院であったことなどというようないくつかの理由があるが、正直に書くと、少し病院のデザイナー(というのかな?)にも、責任の一端がある。

ほんとうは、記事にするために写メでも撮ってきたかったのだが、ことはトイレであり、わたしが直前に女子トイレに立ち入ったという経緯もあるので、これ以上誤解を招きかねない行為は慎んだ方が賢明だとおもわれるので、ネット上にある、同種の画像を利用させていただくことで、わたしの陥った、たぶん、巧まざる罠についての説明としたい。

まずは、トイレはよくこんな形で案内されています。なんの変哲もないものですね。
20110922_1415862_t.jpg
(この写真はこちらからお借りしました)

実際わたしが行った病院は、地下ってわけではないが、ま、こんなふうに遠くからも案内されますよね。
6697e55b4a136b25f4b2-L1.jpg
(この写真はこちらからお借りしました)

そして、ほら、こんなふうにも。
img_532728_50021256_0.jpg
(この写真はこちらからお借りしました)


この病院も、これらとは違いますが、よくあるこういう形でトイレを案内していました。かなりはっきり大きくです。見やすく、その点問題はありませんでした。一か所だけでなく、二か所、三か所と丁寧に案内がありました。わたしも、短時間ですぐわかり、先に書いたように、実際お手洗いに入ることに成功しました。

しかし、たった一つ、大きな問題がありました。

それは、実際のトイレは、男性用が向かって左にあり、女性用が右側だったのです……。おわかりでしょうか。たぶん、案内板を作った人はそんなつもりはなくて、ただのトイレマークだと考えたのだと思います。ただ、それだけ。しかし、わたしは、このマークを見せられて、てっきり、男性用が向かって右だとイメージしてしまったのですね。

これって、どうなんですか?

単にわたしが思い込みが激しいだけなのかもしれませんが、ちょっと不親切だなと思います。もし、わたしが見た案内の看板が、実際の配置と同じように、こんなふうに並んでいたら、わたしは当然、向かって左側に自然に入っていて、こんなことにはならなかったはずだと思うのです。
74146cf6-s.jpg
(この写真はこちらからお借りしました。このサイトはいろんなトイレマークを紹介していておもしろいです)

これだって、おっちょこちょいのための、ひとつのユニバーサルデザインかと思うのですが、考えてみれば、他の施設などでこういう体験をあまりしていないのは、こういう案内にきちんと配慮しているか、もしくは、もっとわかるように大きく性別の表示をしているからかもしれませんね。

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2658-23639841

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。