David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「失恋殺人」~DVDで

2011-09-29-Thu
江戸川乱歩の映像化作品を続けて見ています。今回は「失恋殺人」です。


 → 公式サイト

う~ん。ま、「陰獣」や「屋根裏の散歩者」「人間椅子」などの定番を映画化したのではおもしろくないと思ったのでしょうか、短編小説の「妻に失恋した男」の映画化です。どうなんでしょう。逆にわたしが乱歩の定番作品のイメージが強いせいか、この小説の映画化の意義がわかりません。ラジオドラマかなにかなら、イメージを膨らませることができておもしろいかもしれませんが。なんというか、デビュー10周年を迎える宮地真緒をなんとか脱がせて、ちょっと刺激的な濡れ場を演じさせるための舞台を探したような気がしてなりません。こういう書きた方をするとわかるでしょうけど、正直あんまりおもしろい作品になってないかなと思います。

乱歩の生み出した名探偵明智小五郎には、怪人二十面相との対決で有名な小林少年という相棒がいるのですが、もう一人忘れられないパートナーがいます。「魔術師」事件で知り合った文代夫人です。夫人、つまり、明智小五郎の奥さんです。乱歩は明智小五郎を探偵とした一連の作品の中で探偵に結婚させます。そしてまた、文代夫人を被害者にさえしてしまうのであります。なかなか、おもしろい趣向でもあるのですが、シリーズ化した探偵ものには珍しいパターンじゃないかと思っています。

で、映画「失恋殺人」では、明智小五郎は申し訳程度に登場するだけで、事件解決の中心は文代夫人(星野真理)の調査と推理によるということになっています。ま、一つのスピンオフ的な要素もあって、人気が出れば「明智文代シリーズ」なんてものもおもしろそうな設定ですが、シリーズ化するためには、もう少し重厚な物語が必要なんだろうとと思います。

ま、そういいう軽さを持った作品です。乱歩が一人称で語る小説は、時折思いこみものというか、錯覚ものというか、一人相撲ものといえるようなものがあります。たとえば、デビュー作として有名な「二銭銅貨」もその範疇に入る作品です。「妻に失恋した男」には、妻への恋心の強さゆえ、嫉妬に狂う男の一人相撲的な要素が一つのおもしろみとなっていて、同時にそこを逆に利用した美貌の毒婦を描くというところも着眼点なんでしょうけれど、う~む、ファンの方ごめんなさい、宮地真緒って、どうよって感じでした。なんかイメージ合わないなぁ。単にわたしの好みの問題でしょうか~。

参考:「明智小五郎事件簿」のページ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2644-68568bf0

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。