David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島の花火の使用中止に思う~「にっしん夢まつり・夢花火」

2011-09-20-Tue
なんといえばいいのだろう。 



簡単に書くと誤解があるといけないが、ま、記事を要約する形で簡単にまとめておくと、

東日本大震災の被災地復興を応援しようと福島県の花火の打ち上げを予定していた愛知県日進市の花火大会で、放射性物質を心配するクレームを受けて、実行委員会が直前に打ち上げを取りやめていた……というニュースです。

「にっしん夢まつり・夢花火」という名前で、愛知県日進市で18日の夜、約2千発の花火が打ち上げられたわけなのだけれど、福島県川俣町花火80発が打ち上げられる予定だったが、「放射能で汚染された花火を持ち込むな」「花火でまき散らすのか」といった抗議の電話やメールが20件以上寄せられ、急遽愛知県で製造された花火に差し替えられたというのですね。

福島県川俣町は国の放射線許容量を下回っているし、花火は室内で保管されるもので、まったく問題ないとして、東北地方の応援のためということもあり実施する考えだったが、直前の17日午後になって取りやめを決めたそうです。

これ、どういうことなんでしょう。非常に悲しくつらい話です。こういうことあるの何回目ですか? 送り火とか、即売会とか。こんなことを繰り返していては、誰も幸福にならないですよ。応援するつもだった人も、応援してもらえると思っていた人も……。

記事の終わりに名大の先生のコメントが載っています。

<名古屋大大学院の山沢弘実教授(環境放射能)の話>花火の放射性物質を気にして打ち上げを取りやめるのは行きすぎた反応であり、大変残念なことだ。花火は当然、食品とは切り分けて考えなければならない。こうした根拠のない考えや不安は、差別やいじめの構図につながる恐れがある。


……う~む、そうなんですか? 確かにデマという、いいかげんで根拠のない言葉が差別やいじめにつながることはあります。しかし、この場合、根拠を示して黙らせられませんか? 

武田教授のコメントです。

→ 武田邦彦 (中部大学): 日進市の花火・・・どちらが論理的か? 武田邦彦 (中部大学): 日進市の花火・・・どちらが論理的か?

武田教授が言うのはこういうことになりますね。

花火に限らず、きちんと放射線の検査をすればいいだけの話。基準を下回れば安全、基準を超えていれば使わない。その数値があれば主催者も「不安に感じることはない安全だ」と言えるし、抗議をしたお母さんたちも不安だから抗議をしたのであって、数値を出して安全だとわかれば納得するだろう。不安な人が不安だといえないようでは困る。これがもとで逆に抗議した人たちがいじめられては困る。要は、検査して、数値を示して、安全だ納得してやればいいのだと。

確かにそうですね。わたしも同感です。非難や論戦でなく、数値を示すことによって納得してもらえます。論より証拠というやつです。

川俣町は安全な地域で、花火は室内だから安全なはずと言っても、残念ながら、その「安全なはず」というのが信用できない事態になっているのですね。これは東日本大震災後の福島原発事故後の東電や政府の対応が、隠していないといいながら、なんだか信用ならないものだったからなんですね。東電や政府が、大丈夫だとか安全だと言っても、本当に大丈夫? ってことになってしまっているのです。疑心暗鬼になっているのは、あるいは愚かな考えに見えるかもしれませんが、そういう切迫した状況に追い込まれているのは、お気の毒であり、広い意味では被害者だとも言えるんですね。

国内消費に限らず、輸出でもそうなんですよ。花火なんで、同じところに保管してあった一つを抜き出して検査して、その結果を示したら、それで納得を得られると思うのですよ。出来ているのを検査して、元に戻してそれを打ち上げるってのは無理な話なのだから。

論理的に川俣町は安全地域です。そして、花火は室内保管していたものですからそもそも問題はありません。念のために、80発のうちの2発を抽出検査しましたが、数値は●●で全く問題ありません。だから打ち上げます。

と言えたら、こんなことはならなかったのです。川俣町だって、今後堂々と花火を出荷できるわけだし、そうなれば日進市の市民も本当に川俣町を応援することになったわけです。

東北が困っているから応援したい。だから、不安でも黙っていて。みんなでがんばるときに、水をさすようなことを言わないで……というのはやっぱりよくありません。

「応援イベントが抗議のために中止になった」というパターンのニュースはもうこれ以上繰り返してなりません。善意が空回りして、逆に、傷つける結果になってしまっています。結果的に、応援しようと言った側も傷ついてしまっている……、こんなバカバカしい話はない。

こんな繰り返しはやめましょう。

安全性をきちんと数値で示して、安全だからこういう協力ができるのです!

という形の応援イベントにしていこうではありませんか。

川俣町のみなさん。同じ愛知県民としてお詫びします。かえってご迷惑をかけてしまいました。しかし、応援しようとした人たちの善意も汲んであげてください。同時に、不安になって抗議や質問をした人たちの気持ちも、きっとわかっていただけると思います。その人たちだって、見えない放射能に怯えているいるという、広い意味では被害者なんです。どうぞ許してやってください。そうして、数値を示して、安全安心だというものをどんどん増やしていきましょう。どうにもならないところは、国全体でバックアップしていきましょう。




(9/21)
上の記事を書いたあとで、次の記事を見つけました。

【愛知】福島製花火打ち上げ中止、一部市民の抗議受け : サプライズ47 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 【愛知】福島製花火打ち上げ中止、一部市民の抗議受け : サプライズ47 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

記事の最後の部分を引用します。

安斎育郎・立命館大学名誉教授(放射線防護学)の話 「京都五山の送り火のまきと同様、過剰反応の典型。花火製造所で放射線の数値が特に高かったわけではなく、飛び散っても、ほとんど無視できるほど低いレベル。放射能や放射線を適正に判断する知識が社会に必要だ。福島という地名が付いただけでこうした風評被害が広がるのを懸念する」


この立命館大学の先生は「花火製造所で放射線の数値が特に高かったわけではなく、飛び散っても、ほとんど無視できるほど低いレベル」と述べていますね。まさか、具体的数値もないのにここまで言うことはないでしょうから、この数をきちんと示せばいいわけです。サンプル検査ができないなら、せめてこの立命館大学の先生が「飛び散っても、ほとんど無視できるほど低いレベル」と判断した根拠の数値を、市民に示して理解を求めることが可能ではなかったのかとと思うわけです。

そういうことがなされた結果だっだのでしょうか?



(9/22)
愛知県日進市:萩野市長、謝罪へ 福島産花火中止問題で - 毎日jp(毎日新聞) 愛知県日進市:萩野市長、謝罪へ 福島産花火中止問題で - 毎日jp(毎日新聞)
記事によると、川俣町側から20日、実行委に対して、花火が放射性物質に汚染されていないことを確認し、周知することなどを求める要請書がでているそうで、日進市サイド(実行委員会)は花火の放射線量測定を専門業者に依頼し、21日に測定し、結果は22日までに出るんだそうです。

ま、こういう方向で安全性が認定され、また、マスコミがきちんと報道してくれれば、逆にマイナスをプラスに変えることができるんですが、2~3日でできる検査なら、どうして事前に行い、市民に示すことができなかったんだろうと思います。

そこには、原発の風評被害に悩む川俣町花火業者に「応援イベントやるから検査します」なんて言えなかったのかもしれません。ま、そのあたりの人情はわからんでもないんですが……。

人情対不安では……水掛け論なんで、論より証拠。安全性を数値で担保していくことを応援する側もされる側も考えた方がいいんでしょう、不本意で不愉快なことだとは思いますけれど。

COMMENT



そうですかね

2011-09-20-Tue-09:42
検査すればいいっていいますけど、それなら、福島から来たトラックも、人も、なんでもかんでも検査しなけりゃいかんってことになりませんかね。
常識ってものがあるでしょ。検査しなくても、これは大丈夫と思える範囲ってものが。
だいたい、食品だって、一個一個検査するわけじゃないんですよ。サンプル検査です。サンプル検査してOKなら、ほかも大丈夫だろってことで流通してるんです。
それは、中国産だっておんなじですよ。

☆keijiさん

2011-09-20-Tue-10:49
コメントありがとうございます。

そうですね。過剰反応もたぶんにあると思いますが、わたしのようなおっさんと、子どもを育てているお母さんとでは、不安や心配は全く違うと思いますので、そういうところもフォローしたほうがいいと思います。

こういう「応援イベント→クレーム→取りやめ変更騒動」って流れを毎回繰り返していたのでは不幸な人がどんどん増えていってしまうと思います。マスコミには格好のネタかもしれませんけれど。

サンプル検査の数値を示すことによってイベントが成功するということが繰り返されれば、そういう不安は少しずつ薄まり、本当の安心につながるのではないかということです。

岩手の牛肉だって、静岡のお茶だってそうだったんじゃないでしょうか。検査して安全ということになればそれででOKということす。

論理的には大丈夫、サンプル検査でも大丈夫で、実施する側も安心してやれるし、不安も減ると思いますし、どこどこのイベントでも検査をして大丈夫でしたという実績は、福島にとってもプラスだと考えるのですが、ダメなんですか? 

今回、日進市側はこの業者の花火を買い上げるってことを言ってるようですが、それでは「汚名」は「汚名」のままじゃないですか。違約金や損害賠償みたいな感じですよね。検査してパスしたら、正々堂々何百発だって打ち上げられると思うのです。応援イベントだからこそ、そういうことが望まれると思うのです。

2011-09-21-Wed-14:46
なんか
後味の悪い花火になってしまったみたいですね

花火好きとしては悲しいです。
私は
今回の判断や
一部の市民の反応は
過剰だったかなぁぁと思います

ところで
台風15号の影響大丈夫ですか?

☆まこちゃんさん

2011-09-21-Wed-18:54
はい、後味悪いです。それがこの記事を書かせた基になっています。

これを書いたあとに読んだ、他の新聞記事によると、この川俣町の花火が問題なく打ち上げられた地域はいくらでもあるようです。いっそう、日進市の過剰反応ぶりがうきあがり、また、福島サイドには「いいがかり」や「差別的態度」にうけとられただろうと思います。

無知からくる不安は罪悪でさえあります。非難に値するかもしれません。「わかんないけど、不安だから、とにかくやめてほしい」なんてのは子どもっぽい論理です。

しかし、ある程度予測できたものでもあるのではないでしょうか。そして、安全だというデータもあるようです(同じ記事で、立命大の先生が数値を元に安全だと発言していらっしゃいました)。だったら、日進市はそれを示せばよかっただけのことだと思えてなりません。そうして、ただ「安全だ」を繰り返すだけでなく、数値を示して安全さ訴えることが、風評被害をおさえるのに効果があるのだと思いますけれど。

台風のご心配ありがとうございます。今回は風の被害もあったのですが、やはり、前から続いている雨の影響が大きいですね。川の氾濫が心配され、避難勧告、避難指示が出た地域もありますが、幸いうちは、雨漏り程度ですみました。明日、屋根屋さんに見てもらいます~。

管理人のみ閲覧できます

2011-09-22-Thu-11:23
このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちがう

2011-09-23-Fri-02:07
福島県いわき市に住んでます。

いわき市は数値も低く安全と証明されているはずなのに、私の働いてる店は震災前の県外のお客様と今の数を比べると格段に減りました。


福島に住んでもいないくせに適当なこと言うなよ
もの言いたきゃ現場に来いよ

明らかなのは数値じゃなく「福島」に反応してるって事だ


武田教授????
早く教授を辞めてください。教え子がとんでもないバカになる
あのブログ何もわかってない

数値をだしても何もかわらない

数値をだして安全を証明しても全然売れない現実をどう説明するんだ

どんなにちゃんと数値をだしても拒否反応するやつはいる

それを理論的とか言って擁護するかのような発言は被災者を傷つけるだけだ

早く教授辞めてください
福島に住んでみてください

☆かずひこさん

2011-09-23-Fri-08:48
かずひこさんはじめまして。コメントありがとうございます。大変な状況のようですね。実際訪問することもなく、言葉だけしかで申し訳ありませんが、お見舞い申し上げます。

おっしゃることはよくわかります。わけもわからず、単純に「福島→原発→放射能」と反応しているだけだろうというのは、たぶん、ご指摘の通りだと思います。福島のことを知っているのか、来たことあるのか、現地を見たのかと言われると、わたし自身震災前も後も訪れたことがありません。通過したことさえありません。今まで行く機会がありませんでしたので。

そういう者に発言の資格はないとおっしゃるのであれば、黙るしかありません。見てから言え、見たら軽はずみなことは言えないだろうというのはおっしゃるとおりかもしれません(だからというわけではありませんが、これも機会がなく、当ブログでは今まで割合と黙ってました)。

今回は、愛知県の日進市で起き、もっとやり方があったんじゃないのかと思ったのでそのことを書いたまでです。このような「応援イベント→反対の声→取りやめ→非難」という展開がこれ以上繰り返されても何にもならないなと。

わたしの考えは数値を示すことで説得できたのではないかというものですが、「違う」、「数値を出しても何も変わらない」、「問題は安全かどうかではなくて、風評被害、差別なのだ」というご指摘は、ひとつ前の非公開コメントでもご指摘がありました。公開していただければいいのにと思ったのですが、なんだろう、ご配慮をいただいたのかもしれませんし、こういう投稿自体に慣れていらっしゃらないのかもしれません。

武田教授のこと、特に擁護しようとは思いません。もし擁護するとすれば、相当のバッシングもあるだろうに頑張っているなと思うくらいです。いい加減な覚悟ではあそこまで言えんでしょう。

わたしの意見は、じゃ、あそこでただ、なにもせぬまま強行したらよかったの? それはできんでしょってことです。文句を言うな、黙れ、不安だろうとなんだろと黙れ~安全と言ったら安全だ、心配だというやつは非国民だ~東北に協力しないのか~福島を見殺しにするのか~花火だけだ、花火だけと、イベントを強行するなんて展開は嫌なのです。そんなことあってはならない。数値を出して説得できなかったのか? イベントなんだから、そういうアピールもありではないのかと考えたわけです。

花火をあげようがあげまいが、わたしの家からは見えませんし、そもそも、そんな花火大会があっただなんて、今回のニュースになって初めて知ったくらいでしたけれど。

だから、問題は数値じゃなくて差別だというのは、また記事に起こしたいと思ってはいますが、別にいろいろと「宿題」があって……。

2011-09-25-Sun-01:36
放射線の影響なんて数値で示す必要なんて有りません、嫌な人や怖いなら花火に来なくていいです
被害にあった方のいたみが解るかどうかです

☆たなかさん

2011-09-25-Sun-07:12
たなかさん おはようございます。

嫌なら来なくていいというか、今回は、放射線が嫌だ、怖いと感じている人のところに、花火の方が来ることになってしまったという展開だと理解しています。もちろん、勝手に着たのではなくて、応援のためのイベントだったのですが。

どんな抗議があったのかわたしにはわかりませんのであれですが、安全だとわかってもらって実施するのがよかったとわたしは考えました。痛みをわかっている人も、わかっていない人もいると思います。

記事の続きを書きましたので、そっちも読んで、ご意見をいただけたらと思います。

が日進市に

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2641-8cfaf277

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

福島民報の論説記事を読んで~「福島差別問題」

先日書いたこちらの記事(→「福島の花火の使用中止に思う~「にっしん夢まつり・夢花火」」)に、くまのさん(仮名)から、非公開コメントがよせられました。9月22日付けです。 当ブログでは「非公開コ...
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。