David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フェルメール地理学者」展でなく「オランダ・フランドル絵画」展~豊田市美術館

2011-08-22-Mon
暑かったですね。いつのまにか、その暑さが嘘のように、すっかり過ごしやすい日になっています。逆にこんだけ変化が急だと、体調はともかく服装に困ったりしますねw

その暑くて運動できないころの話です。なんとか運動できるところはないか、歩けるところはないかと、ま、横着なことを考えました。どこか冷房の聞いたところを楽しく歩けないか~。そうだ、展覧会やってたな。フェルメールが豊田に来ていたんだから、ちょっと見に行こう! そう思って、豊田市美術館まで行って来ました。


→ フェルメール<地理学者>とオランダフランドル絵画展の公式ページ

絵を見るのに好みはあっていいと思うので書きますが、わたしは特段フェルメールの絵に興味を感じません。あるとすれば、反語ではなくて、素直な疑問で、どうしてこの人の作品がそんなに話題なんだろう? ってことくらいです。

そもそも、わたしは映画でも芝居でも、絵画もそうなんですが、予備知識なしで見たいタイプなんです。もちろん、多少知ってないとなってときは予習していきますよ。先日も、ハリポタ「死の秘法」のパート2は、パート1見直してから見に行きました。そういうことではなくて、他の人が「この作品はこういうところがいい」だとか、「こういうところがすばらしい」とか、「誰それがほめていた」なんていうのは、あまりあてにしないように努めています。で、フェルメールが特にいいってことは、わたしは感じないです。いまも。

しかし、今回の「地理学者展」のテープガイダンス(佐々木蔵之介はなんであんな妙な芝居をしたのだろう。普通にやってくれたほうがいいのに。)で知ったんですが、ゴッホがフェルメールの色使いを誉めていた(→ここ)とか、ダリが「大洪水か何かで地球に危機が起きたときに、自身の作品以外で持ち出して逃げたい画家の作品は?」というような質問をされ、「フェルメールの絵画芸術」と答えたんだそうです。色も構図も天才的だとか。へぇ。そのときはピンと来ませんでしたが、「絵画芸術」ってのは「画家のアトリエ」のことですね(→これ)。

こんなスーパースターなのですから、今回の「オランダ・フランドル絵画展」は、フェルメールがなくても十分楽しめると思うのですが、フェルメールが1点あるというだけで、集客力もすごいのでしょう。もちろん、わたしも、別にフェルメールなんて、それほどでも。暑いからさ。なんていいながら、フェルメールの名まえがあって記憶にひっかかっていたことも確かなんですね。




今回の「オランダ・フランドル絵画展」は、フェルメールを中心に見ない方が楽しめます~。

なんていうと、しかられるのかな。お前はフェルメールのすばらしさを理解できないのか! なんて。そうではなくて、あれだけの展示をフェルメールだけで話したらもったいないと思うのですね。まず、展示の流れがよかった。

宗教画→肖像画→風景画→風俗画→静物画

宗教画ではルーベンスの工房について。ルーベンスが顔だけ描いて、工房の弟子(?)が身体や背景を描いた作品があると。まるで、日本のマンガみたいな描き方をしてるんですね! 芸術でもなんでも大量生産するとなると、そうした工夫が必要だったんですね。

風景画や風俗画が飛ぶように売れた背景は、当時の東インド会社の世界進出と関係していたなんて思ってもみませんでした。この時代、故国を後に、世界に各地に航海し、定住していったヨーロッパ人たちにとっては、故郷の風景はとても大切だったんですね。写真などない時代です。故郷の風景や風俗を、美しくまた楽しく描く風景画や風俗画は、望郷の念や旅愁を慰める最高のアイテムだったんですね。そんな話を聞いて、わたしは風景画や風俗画を見る目が一変しました。だって、そうでしょう、わたしにとっての西洋の風景画や風俗画は、いわば異国のおもしろさです。それは「未知への憧れ」であり、ある意味「奇異なものへのまなざし」にも近いものなのです。しかし、それは全く逆のテーマによって描かれていたものだったのです。それは懐かしさ。思い出。故郷。同じ一枚の絵をこんなふうに反対のベクトルで見つめていることってなんか不思議でした。

同時に、博物誌的興味からできている風景画や風俗画、静物画の存在は、若冲はじめ江戸期の琳派にも共通するものがあるかなどと思ってみたりして、とても楽しめました。そして、今回のメイン、「地理学者」がこうした流れの中で、大航海時代の博物誌的な興味を持ち合わせた風俗画として位置づけられることを知ったのですね。

3月~5月に東京の「Bunkamuraザ・ミュージアム」で開催されていた本展覧会は、豊田で今月28日まで開かれています。あと1週間ですね。

→ アクセス 


◇参考
→ Wikipedia:フェルメール
→ memoranda:「フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展 [美術鑑賞]
→ そして地獄そして芸術(山田彊一の公式ブログ):「フェルメール展 ― 豊田市美術館
→ たまま生活:「フェルメールと島田雅彦と佐々木蔵之助

COMMENT



フェルメール云々

2011-08-22-Mon-22:04
京都市美術館でも
フェルメール展?やってるようです

京都の御所の北側にある
相国寺と言うお寺の中?横?にある
拳天閣美術館?だっけかな?

浮世絵展やってたんだけど
暑さに負けて行ってません。

☆まこちゃんさん

2011-08-22-Mon-22:12
はい。京都市美術館、10月までなんで、一度行こうと思ってます。そのあと、宮城、東京都回るようなんですが、東京より京都の方が行きなれてるし、楽なんで。
→ http://vermeer-message.com/

えへへ

2011-08-24-Wed-21:51
京都にお越しになるんですね。
道中気をつけて。
10月までなら
大混雑には
ならんかな?

☆まこちゃんさん

2011-08-25-Thu-07:40
ありがとう。
京都は意外によくいくほうです。

そういえば、身延山(山梨の)行ったとき本道の天井の竜が加山又造で、こないだ天龍寺(京都の)で見た加山又造を見たばかりだなと思い出していたのを、今、思い出しました。

記事にしてなかったな。

管理人のみ閲覧できます

2011-09-16-Fri-13:09
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2622-0dfcc41b

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

「黒笹」ってこれか……。~「竹と笹の違い」って

この夏、オランダ・フランドル絵画展を見に行った折り(→過去記事:「「フェルメール地理学者」展でなく「オランダ・フランドル絵画」展~豊田市美術館」)、駐車場の傍らで親子連れが「あ、黒い竹」と言って...

フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展

?映画「真珠の耳飾りの少女」を鑑賞した後は、同じ建物の地下1階で開催されている展覧会へ。ドイツのフランクフルトにあるシュテーデル美術館が所蔵している17世紀(その当時オランダはスペインから海の覇権を奪い最盛期を迎えていました。)のフランドル絵画とオラン?...

「フェルメールからのラブレター展」~京都市美術館

豊田市美術館の「フェkルメール<地理学者>とオランダフランドル絵画展」(→過去記事:「「フェルメール地理学者」展でなく「オランダ・フランドル絵画」展~豊田市美術館」に続いて、京都まで出かけて、フ...
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。