David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェルメールのついでに見た松井紫朗がおもしろかった!~豊田市美術館

2011-08-24-Wed
先日、豊田市美術館で「フェルメールの<地理学者>とオランダ・フランドル絵画展」を見にいきました。
→ 過去記事:「「フェルメール地理学者」展でなく「オランダ・フランドル絵画」展~豊田市美術館

そもそも、豊田市美術館には高橋節郎館という、とっても素敵な常設館が隣接しているので、今回だって、フェルメール見て、その後高橋節郎を回れば、わたしはもう満足ってはずったのです。
→ 高橋節郎館の公式サイト

ところが、実際は、高橋節郎館に立ち寄らずに帰ってきてしまいました。フェルメールとも高橋節郎とも違う、とてもおもしろい現代芸術展『松井紫朗 ―亀がアキレスに言ったこと 新しい世界の測定法―』がとってもおもしろかったのです。
→ 「松井紫朗 ―亀がアキレスに言ったこと 新しい世界の測定法―」の公式ページ

写真を全く撮ってこなかったのですけど、検索したらこちらのページのがよく伝えています。ちと、ここ(ART IT:「『松井紫朗 ―亀がアキレスに言ったこと 新しい世界の測定法―』」)から写真を借りながら説明したいと思います。

まず、最初にこの水色の通路に入るように促されます。これが、最初の展示作品です。フワフワした空間をぞくぞくした感じで進んでいきます。
ms2_enter.jpg

ms1_outside.jpg
もし、バラ色か肉色であれば、まるで巨大な腸の中を歩いているような感じだったのですが、明るい水色だったのでもっと健康的な感じがしました。明るく爽快な、トンネルを歩いているような感じです。それはゾクゾクするような、ウキウキするような感覚でした。

ああ、なんだか楽しい気分になる。そんな作品があるんだと感じていました。ちなみに、上の2枚の写真のうちの下が、そのチューブを外から見ているのですね。このチューブの中を見学したあと、わたしたちはその外側歩いて、次の展示室へのいくことになります。絵画ではなく、こうした木材や、金属、アクリルやガラスなどさまざまな素材を使ったオブジェを見ることになります。



展覧会を通じて一貫するテーマとは、などとわかったようなことを書きますが、わたしなりに感じた共通するテーマは「パイプもしくは空間的つながりあるいは連環」くらいになるんじゃないかと思います。そういうテーマをさまざまな形で表現しているんだと思いました。第一の作品は歩いて、つまり体験してそれを感じ取ったのですが、音で感じるものもあれば、視覚で感じるものもあるのです。

フェルメール展が絵画展で、主に目でそれを感じたのに対して、松井紫朗の作品展は五感に訴えてくるような感じで、とても楽しい時間となりました。

次の写真はある宇宙ステーションの内部になぞら展示室の壁にあいていた穴です。中を覗くと、青白く輝く宇宙のような世界なんですが、しっかりと見ると宇宙船から見た地球が見えるのですね。連環はついに、宇宙と地球を結ぶことになります。

ms12_spacewin.jpg

そしてもう一枚。このオブジェには、生きた金魚が使われています。宇宙ステーションを見たあとでは、あたかもこの金魚が宇宙飛行士のようにさえ感じられます。不思議な逆さ金魚鉢(?)の中から外へ、金魚は全くの違和感を感じさせず、自然に行き来していきます。

ms13_gfish.jpg

もっと自由に、どんどん通路を進んで行こう。今にとどまることなく、次々と繋がりを進んで行こうと、くたびれたわたしを励ましてくれるような、元気の出る展覧会でした。

松井紫朗はおもしろいです。近くに来たら、ぜひ、見に行きましょう!

■□ NOTE ■□

『松井紫朗 ―亀がアキレスに言ったこと 新しい世界の測定法―』
6月11日(土)– 8月28日(日)
豊田市美術館 
http://www.museum.toyota.aichi.jp/

COMMENT



フェルメールからの手紙

2011-09-23-Fri-09:00
京都市美術館、大盛況のようで
開館前から
並んではるのをみましたよ~

すごいっ

☆まこちゃんさん

2011-09-23-Fri-15:16
高速乗る前にコメント読んでたら日程考え直したんですが、いろいろ考えると今日がよくて車の大渋滞、駐車場の列を耐えて、70分待ちの列にいます。ちゃんと見られるかな~

おや

2011-09-23-Fri-17:35
今日、京都にきてはったんですね
いっぱいやったでしょ?
お彼岸でお墓参り系で京都に来てる方々も多ながら
大阪や京都からその他地域に
行楽に出かける車がいっぱいで
西へ東へ
高速道路は
むっちゃ混んでたみたいです~

Re: おや

2011-09-25-Sun-21:38
まったくおっしゃるとおりでした。
結局、京都には宿泊せず、日帰りでというか、岐阜で一泊することにしました。
なぜに岐阜~(笑)

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2619-feaee901

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。