David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観劇:「父と暮らせば」~劇団こまつ座公演

2011-08-03-Wed
観劇の市民サークルに入っています。今回はこまつ座の「父と暮らせば」でした。

titito.jpg
→ こまつ座のWebページ

こんな話だったのかな。

もうずいぶん前にこの舞台を見ているはずなのだけれど、正直なわたしの感想だった。観る側の体験によって舞台のイメージというか、主題が変わって見えるものなんだと、わかったようなことをつぶやいた。

これはヒロシマの話である。ピカ(原爆)にやられた後の広島の話である。もちろん反戦のメッセージがあるし、父娘の心のつながりもある。そしてテーマの一つには「生き残ってしまった者の罪悪感」というのがある。生き残ってしまった娘美津江が、現れた青年を前に恋愛に乗り出せないのは、そもそもの身持ちの堅さとか、乙女の恥じらいとか、原爆症の後遺症に対する不安とかそういう要素ももちろん関係するが、実際は、生き残った自分だけが幸福になるわけにはいかない……という自意識があったような気がする。

わたしなど、誰も死んでいないうちから、自分だけ幸せになっていいはずがないとずっと感じて生きてきたし、ひょっとすると今の今までじもそれを感じて生きてきたような気がするからだ。戦争や原爆で多くの犠牲者が出て、自分だけが何かの偶然で生き延びたら、あるいは「運よく生き残った」とその幸運を素直に享受できたかもしれない。では、「誰かの明確な犠牲の上に生き残ってしまった」場合はどうだろうか。それは身内で、つまり、いろいろなやむを得ない状況が重なったにせよ、相手を見捨てて自分だけ生き延びたというような状況だったら。それでも人は罪悪感に苦しまないか……。

それは苦しんで当然だろう。悩むだろう。あの時少しだけこうしていればと後悔することもあるかもしれない。もう、どうしようもないことだとわかった後になっても、繰り返し、繰り返し。

人はそういうものだ。その苦悩は大小の差はあるだろうけど……。

それを間違っていると言っているのではない。そうかもしれないkれど、それでも、前を向いて生きていって。そうした罪悪感にとらわれて自分を無くさないでというのがテーマである。

ヒロシマの話なのだけれど、もちろん、ヒロシマだけではない。大震災や原発事故を体験したわたしたちには、まさに、現在の問題なのだ。苦悩や悲しみはある。虚しさや絶望に眠れぬ夜もあるだろう。でも、それにとらわれすぎていてはいけない。そういう体験をしたからこそできることもあるし、しなければならないこともあるし、犠牲者の分まで生きる意味もあるというのだろう。

そういう勇気を、上っ面でなく、心から与えてくれる、そんな舞台だった。

こちらの記事も、稽古の一面が語られおもしろいです。
→ シアターガイド:「辻萬長&栗田桃子父娘に再会 こまつ座『父と暮せば』通し稽古レポート





冒頭に書いた「こんな話だったのか」の続きで、極めて私的な話です。

わたしは1年前に父を亡くしました。。後期高齢者で、かねてより病気療養中で、家族としてはそれなりの看病期間があったという点では、全くこの舞台の父親とは違います。また、高度成長期を夫婦共働きの兼業農家でやってきた父です。莫大なとは言えませんが、今のわたしにはありがたいと感謝するだけのものも遺してくれました。これまた、十八番の的外れのアイデアで身上(しんしょう)をつぶしかけた舞台の父親とは違っています。

そんな父が亡くなった後、わたしはさぞ自分が寂しいかと思いまいしたが、そうではありませんでした。病気で苦しんでいるときや、癌が進んでいったときなど、看病できている今でさえこんなに辛いのに、死んでしまったら、欠落感はさぞ大きく、心の支えをなくしてどうなってしまうんだろうと思いましたが、実際亡くしてみるとそうでもありませんでした。

幽霊や守護霊のようにそばにいるというのとも違いますし、父が心に中に生きているというような感傷的ものでもありませんが、なんというか、父を亡くしたというほど孤独でもありません。たぶん、父が生前に思い描いていた、息子に求めるにものとは180度違う生き方をわたしはしていると思います。農地はありますが、わたしは耕作していませんし、一人暮らしになった母としばらく暮らしていましたが、グループホームにあずけてしまいました。たぶんこれも、父の予想の中にはあったかもしれませんが、期待とは違ったものだと思います。生前の父には、たぶん、いずれも認めがたく、受け入れがたいことだったと思うのですが、今わたしがそういうことをしても、父が悲しんでいるとか、怒っているとか、そういうふうに感じないのです。

そこまで、父の期待を裏切り続けても、少なくともわたしの心の中の父はゆったりとあたたかく見守っているなぁと感じています。それは祖母の時にはなかった感覚です。かといって、わたしが、この舞台のような感じて父と暮らしているかというとそうではありません。こんなに強い関係ではありません。

しかし、なんでしょう、わたしはわたしなりに父と暮らしているような気がするのです。ひどく父の期待を裏切って生きているけれど、そして父はこんなふうにわたしに語りかけてこないけれど、文句も言わずにそばにいるような気がしてなりません。それは不思議な感覚です。

この舞台を見て、井上ひさしも同じような、寄り添う父親を持っていたのではなかろうかと想像したくらいだったのです。

これが、わたしが今回この舞台を見て、こんな話だったのかと感じたことです。

この作品のテーマは、反戦であり、生き残ったものの罪悪感であり、それでも生きろだと思うのですが、何より「父」だとわたしには感じられたのでした。

つけたしのようで失礼ですが、映画「父と暮らせば」で父親役を演じた原田芳雄さんが、先日他界されました。映画版は見ていないが、どうだろう。辻萬長のようなユーモアが出せているかどうか。父親像が一通りであることは必要はないので、原田芳雄の竹造もぜひ見てみたいところであす。

COMMENT



ふむ。

2011-08-07-Sun-08:57
観る者の、体験や人生経験で
感じ方、受け取り方、などが変わる…。
わかるような気がします。

亡き父上の期待に添えぬ生き方してるであろうとの感。しかしそこに罪悪感ない?との感。
とてもすてきな事?
と思います。出人さんが出人さんらしく、出人さんの人生をご自分の足で
踏みしめながら歩まれている証だと思います。

親子であっても
それぞれ別の人間。人格。
多様な生き方があってあたりまえですものね。
しかし今の時代でもまだまだ
親が子に期待しレールを敷き、そこに走れず脱退した我が子を非難するような
親もいるのも確か。

う~む

親子関係ってつくづく難しい人間関係だなあ…と私は思います

なんと

2011-08-07-Sun-13:53
今晩
NHK、BSプレミアムで
原田芳雄出演、
映画版の「父と暮らせば」


放映されるようです
私はいちども観たことないので
録画します!

☆まこちゃんさん

2011-08-07-Sun-14:19
おお、それはタイムリーな。

これはヒロシマの話なんですけれどもね、生き残ったものの罪悪感というのは、たぶん、こんどの東日本大震災の被災者たちの中にも、もちろん全員がそうというわけではないでしょうけれど、少なからずあると思いますので、原田芳雄がなくなったとか、原爆の日とかそういうこととは関係なく、現代的な作品であり、また、上映する意義も大いにあると思います。

おそばせながら

2011-09-01-Thu-06:20
録画したやつ

ようやくみました
暮らしている設定になっている



もうあの世の人だったんですねえ

深いはなしでした。
今回の大震災は
天災なので何人たりとも防ぎようはないですが
戦争は
一応は回避かのうですもんね
ただ、一般人レベルが反対したとて
国家がそちらに向いてしまえば
防ぎ切れないのも
悲しい現実ですね

☆まこちゃんさん

2011-09-01-Thu-07:48
おはようございます。

映画では父の様子をどう描くかは、なかなか難しいでしょうね。そしてそれを、レビューにどう書くかも難しいのです。まこちゃんさん(に限らず読む人)がわたしの記事を読んで、それに気づかずに、自分で見て初めて、(あ、この人はひょっとしたら……)って自分で気づけるように、わたしはレビューを書いてるのです。だって、たぶんそれこそ作者が工夫した点の一つですから。また、役者も、演出もそれをどう知らせていくかに苦労してると思います。でも、ま、感想のやりとりとなると、そこを語りたくもなるんで、「本文はネタバレなし、コメント部分はネタバレあり」という形を是認しています。

で、わたしはこの芝居を二度見て、まさにその間に父の死を体験していたので、この記事のようなことになったのです。

父親を亡くすということを体験したわたしには、以前ならば「反戦」を第一に上げていただろうが、今回は「父親」を第一に上げるようにと変化したということです。もちろん、それはわたしの立ち位置によって違うんですけどね。

それはたぶんにわたしの勝手な見方です。つまり、これは極論になりますが、作者にとって、舞台は「ヒロシマ」でなければなりません。ま、「ナガサキ」だってでもいいのでしょうけど。ですが、わたしにとっては、「震災」であっても、「列車事故」であっても、あるいは「海難事故」であっても、多くの人を失い同時にまた父ともあのような別れ方をするというシチュエーションなら、同じようなことは言えるということであります。

独善的といえば独善的ですが、「震災」を体験した方と、しなかった者とでも、この作品はやはり別の光を発するのではないかと思いいます。

もし、どこかで近くでこの芝居がかかっているのを見たら、ぜひご覧になることをお薦めします。映画もいいですけどね、お芝居もいいです。

今日は母に会いに行く日です。今から準備をして出かけます。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2616-e9cdee58

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。