David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WiMAX2って150MBps超で光ファイバーを超えるんだって

2011-07-15-Fri
Ripreの会員で、先日WiMAX100万契約キャンペーンの記事を書いたのですが、もう1つ案件をもらって、それを見たら、なんだかすごかったんで、思わず記事にします。

WiMAXってのは、インターネットに接続する技術ですが、従来のADSLや光ケーブル、ケーブルTVなどとは根本的に違う技術です。無線です。無線通信。移動通信です。

無線通信というと、弱点はいくつかあります。「遅い」「移動中に使えない」「屋内が弱い」「基地局がないと使えない……」という弱点が。ところが、WiMAX2は、その問題点を次々とクリアしているということです。

興味のある方は、7月6日に行われたばかりの「世界初WiMAX2フィールドテストの記者会見」のビデオを見るとわかります。実際、タブレットPCやスマホなどでネットにつないでいる人も一見の価値があると思います。
→ 世界初WiMAX2フィールドテストの記者会見

これすごいですよ。

まず、現在のWiMAXの状況です。40Mbpsのインターネットを持ち歩けるという、高速Wi-Fiということで、PCだけでなくタブレットPCやゲーム機、スマホなどで広く支持を受け、100万件の契約に成功してきたということなんです。

ところが、すごいのはこれから。

40MbpsだったWiMAX(WiMAX1)に比べて、WiMAX2は150Mbpsを超えることができるというのです。アップリンク(アップロード)が50Mbpsを超えることができるというのです。文字で書いても、わかる人にしかわからないのですが、光ファイバーの速度でネットに接続するのは、現時点では家というかケーブルにつなぐ形でないとできないのですが、WiMAX2はワイヤレスで光ファイバー並みの速度を実現したというのです。これが、WiMAX2です。

※記者会見の資料より。

ああ、もったいない。カタカナでもわかりにくいのに、アルファベットの羅列だけでは、高齢化社会にはわかりにくいですよ。それはスマートフォンにもいえるんだけど、まだスマートフォンだと一応外来語だからわかる部分があるけれど、WiMAXの1だとか2だとかいかにもわかりにくいんです。

感動したんで、わたしが考えてあげましょう。「超光速無線接続WiMAX2」と枕詞をつけることにしましょう。「ただし、超光速とは光ケーブルより速いという意味で、実際の光速より速いという意味ではありません」と付け加えないといけませんが、毎回決まり文句のように書くことで、宣伝効果もあると思いますけどね。

「超光速無線接続 WiMAX2」なんて、どう?

で、すごいのが、新幹線の中でも使えるようになるというのです。今のWiMAX(1)では新幹線がスピードダウンして100キロ少しなら使えていたようなんですが、WiMAX2は200キロを超えても大丈夫ということです。

で、基地局の問題ですが、どんどん新しい基地局を建てて行ってるんですけど、このWiMAXの考え方がすごいのが、WiMAXとWiMAX2と、同じルーターで自動切換えするという視点です。これは今までもあって、auのルーターでWiMAXがつながるところはWiMAXで、auしかフォローしないところはauでってのを体験したことがあるのですが、この逆です。

今はWiMAX(1)しか使えないエリアでも、近い将来WiMAX2のエリアになったら自動的にそちらに切り替わるというのです。これは強みでしょう。ひょっとして移動の先々でWiMAX(1)、WiMAX2、あるいは将来的にWiMAX3と、開設状況が変わっても、それに自動的に切り替わって接続が保証されるということです。これを「ミックスモード」と呼んでるんです。いいですね~。でも弱い。逆にしましょう。

「WiMAX2のサービスされていないエリアではWiMAX(1)での接続でフォローする接続保証モード」 なんて どう?

ちょっと、熱っぽい記事になってしまいまいたが、そのくらい、この記者会見はすごいと感動しました。

今後の無線ネット接続に関心のある方は、一見の価値ありです。
→ WiMAX2フィールドテスト
→ UQ WiMAX公式ページ

ちなみに、前の記事で書いた「ガチャピンやムックがどうして青いのか?」 なんて、もうどうでもよくなってしまったのですが~w、一応、律儀にその答えをいただいたみたいなので、リンク貼っておきます。

地球と別次元(パラレルワールド)にある青い惑星「ブループラネット」から、不思議な青い光に包まれて地球のネットワークの世界に迷い込んだ「ブルーガチャムク」。 地球とそっくりな「ブループラネット」には、地球によく似た生き物たちが生息しているが身体が全て青色という特徴をもっている。
→ PRTIMES:「WiMAXキャラクター「ブルーガチャムク」の謎が明らかに!


blue.jpg

COMMENT



ほー

2011-07-15-Fri-22:21
私の場合
うろちょろパソコンもって歩く
仕事じゃないから
新幹線の中で云々は
私には縁遠いけど
しかし…
技術と言うのはすごいよなあ…

今から27、8年前だったかなあ
まだ一般家庭にコードレスホンが普及してないころ
仕事で立ち寄った
とある喫茶の店主がかかってきた電話をとり
受話器片手に店の外に出はる姿をみて
「どういうこっちゃ」と、腰をぬかしたこともありましたが
今やコードレスホンどころか携帯電話があらゆる世代に普及し
パソコンも無線通信バンバンやねもんなあ…

その昔
パソコン通信ってなものができるらしい
と言った時代も懐かしいですな。

☆まこちゃんさん

2011-07-15-Fri-22:36
うへ、まこちゃんさんって、「パソコン通信がってなものができるらしい」ってな世代でいらっしゃったんですかぁ~ 全然 そんな感じはしませんでしたぁ。ご無礼いたしました。

わたしも、1200ボーの時代からパソ通やってる世代ではあるのですけどね。ふがぶが~。

下条アトムと

2011-07-16-Sat-08:06
あと、だれか
女の人、坂上なんとかさん?

出演していたパソコン番組見てました

パソコン歴は
当時
姉が買ってきた
シャープMZ-700が
スタートで
これって記録媒体
カセットテープでした!
もちろん当時
興味本位で記録したテープを
ラジカセで再生してみたら
「キーコー゛ー」って
今で言うファクスの送受信の音声と同じのが流れました(笑)

☆まこちゃんさん

2011-07-16-Sat-10:57
そうですかぁ わたしは下宿の近い先輩のFM-8だったかなぁ。

当時は、パソコン、BASIC、カセットテープ でしたね。

自分で買ったのはEPSONのNEC互換機が第1号でした。

管理人のみ閲覧できます

2011-07-16-Sat-20:25
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2608-61b5a0a8

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。