David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観劇:「しのだづま考」~京楽座公演

2011-07-08-Fri
観劇の市民サークルに入っています。サークルは演劇鑑賞会に所属し、それは全国演劇鑑賞団体連絡会議(→Wikipedia)という全国ネットとして広がっています。もちろん、先日大被害を受けた東北地方にも同じような組織があるから、ぜひ、資金的に援助をしようというようなカンパなんかも募っているのです。

「しのだづま考」という、中西和久のひとり芝居でした。中西和久は先日エノケンの舞台を見たばかりで、おもしろかったので楽しみにしていたのです。今回の主人公は喜劇王とうってかわって、安部晴明とその母の物語ということになりますね。
 → 京楽座のページ
 → 「しのだづま考」の公式ページ
sinoda.jpg

タイトルの「しのだづま」は「信太妻」と書いて、「葛の葉(くずのは)」と呼ばれる、安部晴明の母の物語です。安部晴明といえば実在の人物ながらも、伝説の陰陽師として平成のこの世でも有名な人物なんですが、彼には所謂超能力があったということになっています。そのようなこの世のものとも思われぬ超能力を得たのには、母が狐であり、狐から秘術を授かったからということなんですね。その母の名が「葛の葉」でして、通称「葛の葉物語」「信太妻(しのだづま)伝説」などと呼ばれています。詳しいわけではなくて、この記事を書くために調べているのですが、古くからさまざまな文学、歌舞伎、浄瑠璃、文楽、説教節、瞽女唄(ごぜうた)、落語などの文学や芸能にとりあげられ、ジャンルでとりあげられて、テレビ時代の今ではすっかり忘れられてしまっているようですが、それまでは、たとえば義経弁慶の話であるとか、大泥棒石川五右衛門の話などと同じように、有名なエピソードだと言えるんでしょう。ま、平成今でも安部清明はスーパースターのようですが。※ちなみに「信太」は「しのだ」と呼んで地名です。
 → Wikipedia:「葛の葉」
 → 信太の森ふるさと館「葛の葉物語」

で、この「しのだつま考」は、こういう葛の葉伝説の中の説教節を中心して作られています。歌舞伎や講談、文楽といったさまざまの古典芸能の要素を取り入れ、太鼓を叩き、三味線を弾き、ウクレレまで弾いて(?)、一人で27人の役を演じわけるとともに、いろんな芸能の演者を演じていると言えのです。ここがうまく説明できないのですが、たとえばさまざまな狐が出てきます。着ぐるみもなにもないのですが、すまし顔で両手をキュッと握ってポーズをとるのはおそらく歌舞伎あたりに取材しているのでありましょう。また、途中で頭だけの白狐を右手の先で持ち表現している場面も出てきます。あの動きは、わたしがみただけでは、文楽なのか人形浄瑠璃なのかあるいはそれ以外の何かなのかわからないのだけれど、見る人がみたらどういう古典芸能に由来する(ということは、それを学び、稽古し、演じていることなんですが)だとか、別のあの狐は能によるのだろうだとか……そういう古典芸能の特徴を取り入れて演じているわけで、古典芸能の世界に詳しければ詳しいほど楽しめる、奥深い作品になっているのですね。

目の肥えた観客を唸らせる一方で、あたかもテレビのCMタイムのごとく、作中人物からふっと講釈師のような中西が登場し、現代人の視点からわかりにくさをフォローするというような趣向にもなっています。は? 母親が狐だなんて意味がわかりません。超能力って何? という現実主義者たちにも飽きさせない工夫とと言えるのかもしれません。1時間45分。中西和久が27人の役を一人で演じ、さまざま演じ方をする、そういうおもしろさがあるのです。

演出もおもしろく、これはすごい作品なんですが、やっぱりテーマ性を考えたいんですね。わたしは。 



演劇を一人で見るのでなく、サークルで見るよさはその感想を語り合えるということにあります。実は前半の記事は、同じサークルで別の日に見た人Sに教えてもらった話をかなり踏まえて書いているのですが、Sはおもしろい見方をしていまして、「キーワード」は「恨み」だと言うのですね。

主人公の葛の葉狐は、命を助けてくれた保名(やすな)に、美女となって近づき、結ばれ子童子丸(後の晴明)を設けるのですが、童子丸に正体を見られ、7歳のわが子と愛する夫を残し、信太の森に帰っていくことになります。そのときに一首の短歌を残します。


  恋しくば尋ね来て見よ 和泉なる信太の森のうらみ葛の葉


この短歌を読んで、母を恋しく思った童子丸が父にせがんで母に会いに行き、そこで母から水晶の秘術の入った玉と黄金の箱得て、後にそれらのアイテムを使って、陰陽師としての出世を成し遂げるという話です。

これは元になった「信太妻」のストーリーで、この「しのだづま考」には後日談を付け加えられているのです。それが、考の考たるゆえんです。

後日談は、天文博士の身分まで出世を果たした安部晴明よりもむしろ、信太の森に帰った葛の葉にスポットライトガあてられます。身を引いた葛の葉にとってわが子童子丸が栄達を成し遂げるのはもちろん喜びです。しかし、満たされぬ思いがあるのですね。それは、出世したのにも関わらず、恋しいわが子がと信太の森に会いに来てくれないということです。待てど暮らせど会いにきてくれないんです。

これが先に引用した「うらみ葛の葉」の「恨み」だとSは言うのです。なるほど、そういう解釈もおもしろいかもしれません。自分が子を捨てながら、会いにきてくれない子を「恨む」。理不尽ですがそういうこともあるかもしれません。わたしは「恨み」までは読まなかったのです。「恨む」まではいかないまでも、わが子が出世すればするほど、手を離れ遠い存在になっていってしまう、そういうのは世の常です。自分が望んだ子の成長であっても、こんなはずではなかったと感じる親たちは少なくないのでしょう。わたしはそんな寂しさまでは感じていました。しかし孤独のあまり恨みに思う人がないとは限りません。人にはそういう気持ちもありますからね。

親が子どものために苦渋の思いでしたいくつかの決断を、子どもはさほど理解もせず、感謝もしない、それが親にとってどんなに辛く、また、子にとってどんなに貴重であったのか、親の立場にならねばわからないことかもしれません。古典芸能を巧みに取り入れて唸らせる舞台を作っていることよりも、こんなテーマが扱われていることをわたしは唸って見ていたのです。母をグループホームに預けているわたしにとって、毎日ではないにしろ、せいぜい母の顔を見に通っていきたいなと。

上演時間:約1時間40分。

COMMENT



2011-07-10-Sun-15:51
観劇も
復活なさったのですね
へ~
京都に安倍晴明ゆかり?の晴明神社や
しきがみたちを
隠してたと言う
一条戻り橋などは
ありますが
母君が狐だったとは知りませんでした

☆まこちゃんさん

2011-07-11-Mon-22:50
こんばんわ 暑いですね。

ええと、観劇はずっと続けています。合気道、DVDはほとんど休止状態で、映画は△、観劇は完璧に続いています。その理由は二ヶ月に一度だからです。

晴明神社は訪ねたことがあります。一条戻り橋は当時はそれほど知りませんでしたのでアレですけれど。(そういえば愛知にも晴明神社あったと思います。うろ覚えですけど)

そうそう、安部晴明の母が本当に狐かどうかは、もちろん科学的にはないことなんでしょうけれど、むしろ、なんというか、今でいう「差別問題」みたいなものが関係しているのかもしれないとぁと、うっすらと芝居を見ながら考えていました。

助けてもらった恩返しに夫婦になり、正体がバレると愛する夫と子を残して去らねばならないって、なんとなく婚姻差別みたいな感じがするではありませんか。わたしが去るので、どうぞわが子のことだけは頼みますって、なんだかね。そんなことを考えてみていました。狐ってのはそういう暗喩なのかなって。

なるほど……

2011-07-11-Mon-23:38
差別問題か……

奥が深いですね

この現代ですら
結婚となると
親、親戚などが
口を出してきて云々…なんて
ハナシありますものね…。


人間、皆、平等なのにね…。

☆まこちゃんさん

2011-07-13-Wed-11:55
ま、一部の人たちには、家柄や出自などが問題なんでしょうね。

いや、わたしだって、今はこうしてみんな平等と平気で言ってますが、娘がいて、お父さんわたしこの人と……、とびっくりするような相手を連れてきたら、反対するかもしれません。

差別は社会的、構造的なものはあってはならないわけですが、たとえば、うちは肉屋で相手は魚屋、職業上のライバルとか、巨人ファンと阪神ファンとか……。そういう比喩で表すと笑い話ですが、職業とか、宗教ということになると、差別とは関係なく、難しくなるケースも今でもあるでしょうから。

「本人同士が決めること」ということになってはいますけどね、難しいです。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2607-f59bf1b7

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。