David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「パイレーツ・オブ・カリビアン~生命の泉~3D」~劇場で

2011-07-03-Sun
見てきました。ま、おもしろいです。シリーズ第4作でいいんでしょうか? 3が前後編だったんで。それとも5なのかな?

個人的には第1作についで好きかもしれません。派手な大砲の撃ち合いとかはあれなんで、アクションを中心にしたのがいいと思います。怪物も、「人魚」くらいですし。あ、あと、「黒ひげ」もちょっと、怪物って言えばそうかもしれんけど、伝説の実在の海賊がモデルらいいんですけど~。

今回の「生命の泉」は過去の作品を一つも見ていなくてもほとんど影響はありません。ウィルやエリザベスがらみの話はひとまず切りにして、別のエピソードがスタートしたという感じです。だから、ライバル・バルボッサや仲間のギブス航海士などのおなじみの人物が出てくるので、知ってる方がもちろんおもしろいのですけど、ストーリーの展開の上で知らないとついていけないなんてことは全くありません。

裁判所は処刑場のシーン、宮殿シーン、酒場の2階など、冒険がはじまる前から楽しく、おもしろいシーンが続きます。に戦闘もおもしろいです。生命の泉を探す航海に出てからは、黒ひげの強さ、冷酷さ、人魚の妖艶さ、恐ろしさなど、怪奇で幻想的なシーンを堪能できます。

得に、人魚の登場シーンは一番の見せ場でしょう。人魚の美しさに、ま、すべての男性が虜になってしまうのではないかと思うのですね。まさに。妖しく、可憐な美しさです。もう、スケベ心を見透かされそうで、わたしなら、ここで終わりだなと思うのですが、ま、それを、「黒ひげ」は自分の目的のためには恐ろしい罠しかけてしまうというわけです。ま、黒ひげにしてみれば命がけなんですが、そのために多くの者たちが命を失くそうとしているわけで、スワロゥはそんな中で少しでも多くの人が助かるように活躍するわけです。ま、そこがキャプテンなんですけど。

ま、ネタばらしはしないのが、うちのブログの映画記事の方針なので、これ以上はあまり書きませんが、あんまり「パイレーツ・オブ……」のシリーズを劇場で見てない方のために、一つお教えしておきますが、エンドロールが終わるまで席を立ってはいけません。

もちろんトイレに行きたいなどの事情がある人は構いませんが、第1作から続く本シリーズの特長でして、そんなせっかくのサービスシーンを見逃すことになります。昨夜も、エンドロールが始まるとどんどん席を立つ人がいました。これまでもこの人たちはこうしてきたのか? それとも、劇場でパイレーツを見るのは初めてなのかと考えてしまいました。


→ 映画公式サイト

もう一つ、これもネタばらしにはならないと思いますが、帰りについつい売店をのぞいて、キャプテンのぬいぐるみマスコットって扱われてないか探したくなりました。残念ながらレイトショーでみたので、もう、グッズコーナーは閉店でした。欲しくなったのは、わたしだけではないと思いますよ~。

※でも、ほしいのはこんなのじゃありませんね。針でつついたら、ジャックが跳び上がる、あれですよ。





さらについでに、こんな意見もありましたけれど、3Dで見ちゃいました。
→ RocketNEWS24:「パイレーツ・オブ・カリビアン / 生命の泉』は3Dで観ないほうがいい

二つを見比べたわけじゃないからわからないですが、わたしは別に気にならなかったです。3Dと2Dとがあって、上映時間の都合がつけば基本は3Dで見ます。確かに、作品を二つ出している以上、どっちかの方がよりよいということはあるのでしょうけれど、それほど考えないですね。

一回だけ思ったのは「海猿」の3Dはひどかったと思います。邦画の評価を見直していたのですが、こういう際物感覚というか、バッタモン的感覚は、日本の映画を応援するがイヤになりましたね。
→ 過去記事:「映画:「THE LAST MESSAGE 海猿」~台風14号の中

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2606-6cc32c6f

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。