David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットで脳がポップコーン化って~いろいろ心当たりはあるんだけど。

2011-06-26-Sun
脳がポップコーン化するとタイトルにあるのですが、どういうことをいうのかちょっとわかりません。かさかさでスカスカになるってことだと思うのですけどね。
 → CNN.co.jp:ネット漬け生活で脳が「ポップコーン化」 専門家が警鐘 - (1/2) CNN.co.jp:ネット漬け生活で脳が「ポップコーン化」 専門家が警鐘 - (1/2)

書き出しというか、要旨はこう。

メールやチャット、ツイッターやフェイスブックなど、ネットでさまざまな作業が同時進行する「マルチタスク」の刺激に慣れた脳は、ネットよりもペースの遅い現実社会に適応できなくなる恐れがあると、研究者が警鐘を鳴らしている。

はい。自覚有りますw ネットより遅い現実に適応できなくなっているのかもと感じるのは、主に二つですね。

一つは、ファミレスや喫茶などに入った時の注文を選ぶ時間が苦痛ってことです。同行した人がゆっくり選んでいるのがイライラするのはもちろんですが、自分のメニューが決まらないのが待てません。つい、「パスタならなんでもいいから、あなた選んで」と、店員に言いたくなります。基本、食べられないものはあまりないのでそれで困らないのですが、たぶん、言われた方がアルバイトだったりすると、それなりに困るかも~。

もう一つは、仕事で電話の取り次ぎを受けるとき。受付窓口で受け取ってうちの部署に回ってくるん時。たぶん、営業所や職場によって電話の環境というのはそれぞれなんだろうけれど、直通でなくて、受付窓口で受けてくるとき。しかも担当者名がわからずに、顧客側が「うちの担当を出せ」って指名してくるとき。窓口も顧客のニーズを把握しきれてなくて、こちららが、誰にどういう用件でかかってきたのかわからなくなって、それを取り次ぐとき。とっと切り替えてくれたらいいのだけれど……と思う。これは、もう、喧嘩になりかけた経験もあるなぁ。

スタンフォード大学の社会心理学者クリフォード・ナス先生は、インターネットのマルチタスクは人間の感情の読み取り方を忘れさせてしまう可能性があるというのですね。

マルチタスクの習慣がある人は、人間の顔写真を見せられてもその感情を見極めるのが難しく、物語を読み聞かせられても登場人物の感情を言い当てにくい傾向があることが、実験で判明したという。「人間同士の交流のスキルは学習によって獲得するものであり、学習が不足している」と

それはそうかもしれません。ただ、学習の不足というよりも、多忙ってのは単にゆとりがない……そもそも、仕事ってそういうこと多くありません? デスクで仕事してると、上司が呼んだり、電話が鳴ったり、同僚が質問に来たり、別件で客から電話が入ったり。これって、別にネットのマルチタスクってことに限定しなければ、普通に仕事場で起きていることなんだと思うけど……。でもって、仕事でも商売でも戦場でもなんでも、マルチタスクに忙殺されると人間的な感情がなくなるというのは、今さら心理学の先生に言われるまでもないことですよね。



マルチタスクはネットだけとは限らないけれど、ネット端末の危険性は同じ記事でも指摘されます。

まず、「ポップコーン脳」と命名したのはワシントン大学のデービッド・リービー先生で、そのくらい大切なこととどうでもいいことの区別がつかなくなっているということのようです。

娘を入浴させてほしいと妻から頼まれたにもかかわらず、必要のない携帯メールにはまって娘と過ごすはずの時間をつぶしてしまったという従業員の話を紹介した。

これ当たってるw。すごくよくわかる。入浴させなければいけない娘はいないが、早く干した方がいい洗濯物はある。それがなかなか干せない。干してしまえば同じなんだけど、逆転してしまってるんですね。

その原因は、継続的な刺激が、脳の側坐核と呼ばれる快感を感じる部分のドーパミン細胞を活性化させるからということにあるようなんですね。カウンセラーのヒラリー・キャッシュさんは、

人間の脳は手っ取り早く得られる快感と迅速性、テクノロジーの予測不可能性を求める仕組みになっている

んだそうです。だから、ネット端末を手放せない。そしてトラブルになる。わかりますね。洗濯物干せませんから~w

そして、中国では、

1日10時間以上ネットを利用する大学生18人の脳をMRI(磁気共鳴画像装置)を使って調べた結果、利用時間が2時間未満のグループと比較したところ、脳の思考を司る灰白質が少なくなっていることが分かった

んだそうです。何を意味するのか記事ではわからないのですが、明らかに脳に物質的な変化があるということのようです。怖いですね。そうだとすると、わたしは真っ白けかもしれません。もう20年以上、ネットにいますからね~。

冷静に読むと、この記事、なんというかか、何がどうだってことをはっきりと言っているのではなくて、複数の専門家がヤバそうだと言っているというだけのものなんですけど、こっちも疚しいところがあるというか、心当たりがあるというか、調子が悪いなぁと感じるところがあるものだから、いかにもそうかもと納得して読んでしまうところありますね。

結論的にアドバイスが載ってます。

1)ネット利用時間の記録をつける
2)ネット利用時間に上限を設ける
3)窓の外を眺める
4)「フリータイム」を設ける
5)電話をかける
6)ネット依存症にかかっていないかどうか診断を受ける

むふふ、できません~w。できないくらいネット依存になっています。特に今日はダメ。たまの休みで、ネットの前ばかりにいて、洗濯物が干せません~もう、午後3時だというのに~。

ただ、この6項目の中に「電話をかける」ってのがあるのは慧眼だと思います。

電話はほんとうに生き生きとした、みずみずしい感覚を取り戻させてくれます。特に家族や知り合いなど心の通じる人との、くだらないおしゃべりのような電話は、人間性を回復させてくれると痛感します。

この記事を読んで、わたしのように自分のこととして心配される方には、ご家族との電話をお勧めします。

ついでに、同じ記事をとりあげたこんなページもあり、ネタもあるのでしょうけれど、同調者が多いのが印象的でした。
→ 無題のドキュメント:「ネット漬け生活が続くと脳が「ポップコーン化」する

COMMENT



おはようございます

2011-07-01-Fri-05:32
ちょいと
しんどかったりで
まだ
なぞなぞも解けてない私です。
たくさんブログ更新されているので
おどろきました

まこちゃ

2011-07-01-Fri-06:37
おはようございます。いや、ほんと、早いと思いますよ。

ちとPCの前に座ることが増え、気分はいいですが、生活は再びドロドロになりそうなんで注意が必要だと感じています(笑) うまくコントロールしていけるようにしたいもんです。

なぞなぞほ方はどうぞごゆっくり。むふふ。でも時間をかけるようなものじゃないと思いますけど。

暑い日々ですね。体調を崩さないようにご注意ください。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2604-960e0f44

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。