David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「PRIDEGP2005決勝戦」(テレビ観戦)

2005-08-30-Tue
28日のネットの大会速報で、シウバとミルコが敗れたのは知っていたが、ぜひ、どんな負け振りか見たいと思っていたら、きちんと放送されていたので、その点はありがたかった。では、主な試合の感想など。

○ヒョードルVSミルコ×
第1ラウンドから緊迫した倒しにいく戦いでした。そんななかで、ヒョードルのプレシャーの強さを感じましたね。ヒョードルは手による打撃から、組んでグランドの展開を狙っていたし、ミルコはスタンディングでの蹴りを使いたいと思っていた。そのため、間合いを詰めてくるヒョードルに対し、蹴りの距離をとろうとして後ろに下がるミルコという、一見見るこの消極的な感じをを受けるスタンドの駆け引きがあったのです。

3ラウンドとも、ヒョードルに倒され、上に乗られるミルコ。この攻防が長かったので、2ラウンド終盤からはスタミナ切れを指摘する声も出るほどの疲れ気味でした。そういう点でも、ミルコの負けムードは動かないでしょう。

もちろん、ミルコの攻撃があたってヒョードルは鼻血などの出血をしましたので、その点はミルコのポイントです。攻撃がどちらにダメージを与えていたかは定かではないが、試合の主導権はヒョードルでしたよね。3:1の判定どおりと思います。


○アローナvsシウバ×
シウバやられました。「判定負け」とは言え、いいとこなしの完敗でしょう。今まで、シウバってこんなことはなかったと思うのですが、アローナがしっかり研究してきということでしょうか。

シウバは自分の攻めということがほとんどできなかった。スタンドでも蹴り負けだし、グランドでもほとんどが守勢。調子が悪かったのでしょうか。

ドラマチックな展開はなく、地味な試合でしたが、緊迫したいいゲームで、技の攻防というより駆け引きの攻防。放送でも桜庭のリベンジという感じでシウバにスポットをあてていたし、今までのなじみからいって会場もシウバにシンパシーを感じていましたが、この一戦をみると、不気味なくらいにアローナの強さを感じました。


○ショーグンvsアローナ×
ショーグンの速さ、思いっきりのよさが、シウバ戦で消耗していたアローナをやぶったという感じ。ショーグンはスピードがあり、トリッキーです。そこがシウバとの違いです。アローナはついていくのがやっとで、あっけなく優勢に立たれてしまいました。

トーナメントですから、こういう言い方をしてもアレなんですが、シウバ戦がなかったら別の結果だったかもしれません。少なくとも、あれだけ一方的にはならなかったでしょう。

「オモプラッタ」も稽古で習うけど、身体の硬めで体重があるわたしが、実際稽古で相手にかけるのは怪我をさせやしないかと恐々です。それと、ルールの中の勝負だから、別に文句はないのですが、「ふみつけ」なんて、技じゃないと思います(笑)。


その他の試合も一応。
○中村vsボブチャンチン×
中村のさらなる成長に期待。今後の課題は極め。

○ショーグンvsオーフレイム×
ショーグンは早いし、トリッキーで強い。

○ヴェウドゥムvsゼンツォフ ×
放送なし。

○吉田vsアボット×
吉田を勝たせるマッチメイク。
吉田が出て勝たないとね。重量級への展開のための布石というところ。


プロレス的になってしまったK-1よりも、真摯に勝負にいってる感じのるすPRIDEの方がおもしろいですね。

PRIDE - 格闘技

COMMENT



格闘技ファンver.丸

2005-08-31-Wed-21:16
 プロレスファンだと異常に格闘技を嫌ったり、その逆もまた然りみたいな人が多くて、ちょっと気を使っちゃいますけれど、出人さんのように視点をきちんと切り替えて話題に出来る方とは、本当にこの手の話題に関して熱く語りたいです。

 吉田vsアボットの意見あたりがsmart全開で素敵です。なんで今更アボットなんだよー?みたいな事じゃいかん!吉田が減量しなくて良いようにしてあげるためじゃん!
 しかし、吉田も結構トシですからねえ…まあ、トシとってから伝説になるヒクソンみたいなのもいますから、一概にどうとも言えませんけど。

 PRIDEも大相撲同様、日本人スターの誕生が待ち望まれてますが、ハッキリ言って中村では無理。
 K-1で世界2位になりながら、全然人気が出ない武蔵。あれと同じです。見ててワクワクできない。勝つことが最終目標なのは分かるけれど、それが全てじゃないというプロフェッショナルの部分が、まだまだ消化しきれてません。
 PRIDEとその他のDEEPとかの格闘技イベントの間に横たわる大きな溝はそこにあると思うんですが。

 頑張っては欲しいですが、あれなら勝ち星に恵まれなかったけれどボカスカ殴り合って散った勝負を見せた高山善廣の方がお客を呼べますね。お客を呼んだ者が堅実に勝ち星を重ねている選手よりギャラが高いという状況が続くようであれば、PRIDEもその内K-1と同じようになって行く事も予想されますが…。

 中村、もうちっと頑張れ。

 ショーグンは強い。もう、学年にひとりはいたスポーツ万能のヤンチャマンって感じ。闘い方に「型」が無い…基礎的な動きはガッチリ練習した上でアレをあのスピードでやられたら適わんですよ。
 
 踏み付けは技じゃないと書かれていますが、あのバランス感覚と見ているものに植えつける恐怖感は、往年の名悪役レスラー・栗栖正伸を彷彿とさせるハイパーストンピングであります。素晴らしい。

 ミドル級はニューカマーが世代交代の息吹を感じさせて、HERO'Sに対抗し得る層が出来てますし、ヘビー級はヒョードル大帝やノゲイラを破る人材の登場が待たれる所ですね。これにはk-1側には対抗し得る人材がいませんしね。吉田がこのまま行っても大帝には打撃一撃でKO必至でしょうし…

 いろいろと組み合わせを考えられる状況に選手たちが成長してきた所がPRIDEの強みだと思います。
 そうなるように仕掛けてきたDSEの目論見どおりという部分もあるでしょうし。

 楽しいです。


 

☆フクフク丸さん

2005-08-31-Wed-23:34
さすが、乳飲み子の闘病生活名の間も、G1クライマックスの総括記事をアップするだけの格闘技ヲタのフクフク丸さんだけのことはありますね~。

ま、シウバの一人勝ちでなくて、アローナへのリベンジというシナリオもできたし、それはアローナもショーグンとやらせろという展開もできたし、ショーグン対シウバというゴールデン・カードもできそうだし、いい展開ですよね~。

吉田がヘビー級への挑戦を始めるというのも、ま、結果はともかく面白い展開だと思いますし、PRIDEがんばってます。

総選挙に続いて、秋場所も始まりそうなんで、いろいろおもしろそうです。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/260-dae47c95

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

PRIDE男祭り2005頂(予習)

PRIDE 男祭り 2005 頂-ITADAKI-の予習です。K-1のところでも書いたようにあまり詳しくないから、楽しく見るために予習するんです。ちなみに、PRIDE公式ページはこちら。今年のベスト
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。