David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観劇:「中西和久のエノケン」~京楽座公演

2010-11-07-Sun
観劇の市民サークルに入っています。演劇鑑賞会というんですけどね。ま、毎月会費を納めておいて、二月1度くらいの割合でお芝居を見ようというしくみです。わたしは、どうでしょう、まだ20年にはなってないかなぁ、確実に15年以上は入ってるんですけどね。

今回の演目は「中西和久のエノケン」。
nakanisi.jpg
 → 京楽座公式ページ
エノケンは流石に名前くらいしか知りませんでした。コント55号とか、ドリフは、ま、毎週楽しみにして見ていたんですけどね、エノケンとは~。一応、Wikipediaね。


nakanisi.jpg
榎本 健一(えのもと けんいち、1904年10月11日 - 1970年1月7日)は、日本の俳優、歌手、コメディアンである。当初は浅草を拠点としていたが、エノケンの愛称で広く全国に知られていった。「日本の喜劇王」とも呼ばれ、第二次世界大戦期前後の日本で活躍した。
 → Wikipedia:「榎本健一」

エノケンはほとんど知らないけれど、劇中で使われてる曲は知ってるものが多くて、特に、「俺は村中で一番~」で始まる曲(タイトルまでは知らなかったけれど「洒落男」)や「私の青空」などは、カバー曲やCMの替え歌などで聞いたことがあるんで、ああ、そのもとはこれだったのか~って、再認識しながら見てました。全編にわたって生演奏がたくさん出てくる楽しい作品です。

冒頭で、なんと、中西和久扮するエノケンが客席通路より登場し、「いったい、俺の偽物をやってる中西和久はどこにいるんだ~」というような、虚々実々の展開です。もちろん中西和久がやってるんですから、舞台上や袖のどこを探そうが、中西和久はいるわけはない。電車が遅れてるようだなとか言いながら、エノケンは昔話を始めます。自分が喜劇に足を突っ込んだのはどういう経緯だったとか、当時はどんな時代だったとか。そういう時代に詳しくない世代が見ても、上に書いた楽曲のように、時代の遺産みたいなものをいくつも知ってるわけですから、ま、歌や踊りを楽しみながら、近代風俗史の一面を見せられるわけです。一種のノスタルジーを感じながら。

喜劇王エノケンのスタートは水族館の客寄せイベントだったとか、佐藤ハチローとか菊田一夫、菊田栄らがエノケンを育てたとか、奥さん公認の愛人がいただとか、戦争中にはアチャラカ芝居はやる方はともかくも見る方は引けめを感じているようだったとか、ちょっと順番は忘れてしまいまいたけど、喜劇役者エノケンの誕生から昭和40年1月7日に命を引き取るまでの半生を、1時間45分に凝縮して見せてくれます。時間が立つのを忘れさせてくれる、エノケンを知らない人も楽しめるお芝居です。エンディングに冒頭の「本物のエノケンが中西和久を探す」という伏線が生きてきます。ま、これぞ一つのお手本というくらい見事に決まります。

脚本はジェームス三木ですが、ジェームス三木のホームページには、作品一覧のページがあって、本作のタイトルは「中西和久のエノケン」と明記されています。一見当たり前のようですが、もう一度書きますね。作品名が「エノケン」となっているのでなくて「中西和久のエノケン」となっているのです。わかりますか? 演劇だけの情報を見ると、ジェームス三木の書いた「エノケン」を中西和久がやるから「中西和久のエノケン」というタイトルのような気がするのですけど、そうではないのですよ。ジェームス三木が「中西和久のエノケン」を書いたのです。最初から。なんでも、ジェームス三木が中西和久を見て、「あんたはエノケンに似てるから、エノケンをやってくれ」と言って、この脚本ができたそうです。だから、作品名は、脚本の段階から「中西和久のエノケン」なんです。

そういえば、先の例会「族譜」も同じジェームス三木の本でした。「族譜」(→過去記事)の重厚さに比べて、一転して軽くて明るい作品で、そういう意味でも印象的でした。




印象的だったのは、エノケンの晩年。特に、脱疽で右足を切断して義足になってからの逸話。エノケンはもう一度往年の軽やかな動きで爆笑を得ようとするのですが、身体を張ろうとすればするほど、義足ばかりを見て同情してしまって、ちっとも笑ってくれないとこぼすところです。シリアスな演技なら拍手喝采なんでしょうけれどもね、喜劇人の悲しいところですね。

あと、昭和初期の浅草や東京の雰囲気ってのは、少年探偵団や怪人二十面相の時代でもあるわけで、そのあたりの空気を知ることができたというのもわたしにはよかったですね。正確な言葉は忘れたのですが、劇中で、要するに「エロ・グロ・ナンセンスを展開して人気を得た」みたいなことを言ってるんですね。当時のエロが「ラインダンスの脚」だったとは、ま、公衆の娯楽としてはそのレベルかもしれませんが、やや、意外でした。さらに言うと、ステージでは言葉だけなんですけど、健康上の理由などで、宝塚で「パノラマ島奇譚」を演じていたなどの言葉もあって、きっとエロエロだんだろうなぁと垂涎でした。

COMMENT



出人が観劇するの

2010-11-08-Mon-15:21
出人が観劇するの?

エノケンさん…

2010-11-12-Fri-21:57
名前はよくよく存じ上げますが
やはり私も現役で活躍されていたのは
知らない世代です

ドリフ
大好き。荒井注が居てくれた頃サイコー
『ディスイズアペン』思い出しては、にやけます
いまだに
ズンドコ節や大変歌い込み、ズッコケちゃん

車で聴きながら走りますよ(笑)

コント55号の映画とドリフの映画が
二本立てでやってたような記憶が
おぼろげにありますが
ちがったかなあ

出人さんへ

2010-11-19-Fri-11:26
戦国スタンプラリー
5コース制覇しました
先日、11月11日に、大須演芸場と組み込み、萬松寺、若宮八幡、大須観音
と回りました

一城の主コースを一口
侍大将コースを一口
足軽コース6口
応募しました

出人さんへ

2010-12-18-Sat-23:22
お忙しい中
すいません
戦国スタンプラリー
名誉挽回コースに当選し
ミニタオルもらいました
本日クロネコメール便にて届いており
感激しました

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2578-1afc54db

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

観劇:「しのだづま考」~京楽座公演

観劇の市民サークルに入っています。サークルは演劇鑑賞会に所属し、それは全国演劇鑑賞団体連絡会議(→Wikipedia)という全国ネットとして広がっています。もちろん、先日大被害を受けた東北地方にも同じよう...
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。