David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セクハラサイコロとか、暗号テストとか、お葬式クイズとか~あまりに今風な

2010-10-31-Sun
ちと、教師の不祥事報道が続きました。

しかも、交通事故とか、痴漢などの学校外でのわいせつ行為とかではなくて、個人情報の漏洩とか公金の着服などではなく、授業やテストなど、教室という教育現場のど真ん中でおきたという点で共通しています。

ほかにもあったかもしれませんが、今回に目にしたのは、校長暗殺事件のダイイング・メッセージのクイズを定期テストの一部に出題してしまった高校の先生、恋しい人にもう一度会うためには妹を殺すのが正解というクイズを授業でしてしまった小学校の先生、授業中の私語などの指導のペナルティを「セクハラ・サイコロ」で決めて実施していた小学校の先生の3人のケースでした。

最初のは、わが愛知県の商業高校でおきました。「総合実践」という科目のテストでした。

 「校長が暗殺された。犯人は」-。愛知県立東海商業高校(東海市大田町)の中間試験で、同校教員の名前を入れた選択肢から、犯人を選ばせる問題が出されていたことが23日、分かった。架空の設定で暗号解読により回答を導く問題。同校によると、出題した男性教諭(24)は「柔軟性を試すためだった」と話しているという。
 国枝裕校長は「不適切な問題だ」として教諭に厳重注意した。
 → jiji.com:「「校長暗殺犯人は」=中間試験で不適切問題-出題教諭に厳重注意・愛知県立高」(2010/10/23)

これは、全く問題がないかといえば問題がないというわけではありませんが、素直にたいしたことはないという感想を持ちました。「職員室で校長が暗殺された。校長が血で書き残した文字を手掛かりに犯人を当てましょう」という趣旨の出題で、そのダイイング・メッセージが「41124」だったんですね。このくらいのブラックなクイズは、別に、テレビでもどこでも普通にゴールデンタイムに放送されてるんじゃないかと思います。

たぶん、授業の息抜きくらいだった、ま、問題にならなかったでしょう。ただ、選択肢が実在の先生7人の名前であったところが、ま、ちとやっちゃったかなってところがあります。もう一つ、「こんなのが試験問題かよ」という点がちょっと大きいですね。科目も「総合実践」なんて名前だから、何を実践するの~? なんて嫌味を言われてしまいかねない点も指摘できますけど、まさか、全部がこんな問題じゃないでしょうからね。

それに、実際、営業なんかではこういうちとしたおしゃべるネタが役に立つってこともあるんじゃないかと思いますよ。業種によってはね。

次に話題として入ったのが、東京の小学校の授業でのクイズの件でした。

 東京都杉並区教委は23日、区立浜田山小学校で3年生の担任の女性教諭(23)が、正解は「妹を殺すこと」というクイズを出す不適切な授業を行ったと発表した。同小は同日、保護者会を開き謝罪した。
 杉並区教委は「非常に不適切な行為。今後繰り返さないよう指導に努める」とコメント。教諭や校長に厳重注意するとしている。
 → jiji.com:「「妹殺す」が正解?=東京の小学校では不適切授業」(2010/10/24)

高校の「校長暗殺」に比べて、こっちの方が、深刻さはあります。

高校生と小学校3年生という違いも、教育的な視点からすると大きな違いです。ネタが「恋しい人と会いたいために殺人をする」というのが「正解」というクイズ(正確にはパズルになると思いますけど)を、授業中に扱うというのは、不適切と言われれば「不適切」でしょう。ただ、どういうシチュエーションでなされたのかよくわかりません。算数の授業らしいけれど、それを材料にして何を伝えたかったのかということも、この先生に聞いてみたいです。ま、今回は、そういう点からみて納得できないので、こうして話題になったということも大いに考えられますね。発想の意外さ、論理的な柔軟さという点では、昔はやった、ナンセンスパズル的なおもしろいさを認めることはできると一応は思います。

ただ、この「クイズ」について、今回のことがきっかけで知ったのですが、「サイコパス診断テスト」と言われているものの改造版みたいなんですね。
 → らばQ:すぐ簡単にできるサイコパス・テスト らばQ:すぐ簡単にできるサイコパス・テスト らばQ:すぐ簡単にできるサイコパス・テスト
 → サイコパス(性格異常)診断 サイコパス(性格異常)診断 サイコパス(性格異常)診断

ここまで承知で質問していたとなると、生徒がサイコパスかどうかを診断していたのか? なんて話になって、ますます、複雑な要素が出てきますね~。

ただ、わたしが言いたいのは、このお二人は、いくらか問題もあるが、こうしてマスコミでニュースにするほどのことでもないんじゃないのかと言うことです。どちらも、保護者が学校に意見を言って、学校側が事実確認と事後措置を講じたら済むようなななしではないかと思うんですね。

この二人の若い先生は、こんだけテレビやゲームなどが子どもたちの間に広がっている現状の中で、なんとか、生徒の目を向けさせようとしてる結果だと思うんですね。問題にしなくてもいいんじゃないと言うことじゃなくて、ここまで、マスコミが報道しなくてもいいんじゃないのかなぁと思うのです。

だってそうでしょう、そんなこと、どうしてマスコミが知るんですか? マスコミが教育問題を嗅ぎまわってるんでしょうか? そうでなくて、誰かが、通報してるんじゃないかと思うんですよね。……だとしたら、学校と保護者、学校と社会の信頼関係がそこまで壊れてしまっていることの方が、むしろ問題なんです。

こんなことをしでかす先生が出てきたということと同時に、こんなことを書くマスコミが出てきてしまってる世の中の問題も、マスコミも考えてほしいと思うんですよね。




さて、「セクハラ・サイコロ」です。

こんなふうに報道されてました。

 埼玉県入間市立扇小学校で、6年生担当の男性教諭(59)がサイコロに「(教諭と)キス」「鼻くそ」などと書きこんで「セクハラサイコロ」と名付け、忘れ物をした児童らに罰として振らせていたことが26日、分かった。市教委の調査に教諭は、男児1人にキスをしたことや、女児らに鼻くそをつける動作をしたことは認めたという。学校は25日に保護者会を開き謝罪した。

 市教委によると、サイコロは3個あり、一つ目のサイコロには「(教諭と)恋人指切り」「ハグ」「許す」などと書かれ、二つ目は「キス」「鼻くそ」「許す」など、三つ目は6面のうち1面に「鼻くそ」、5面に「許す」と書かれていた。今月14日、保護者らの訴えで発覚した。

 市教委によると、教諭は「サイコロは子供と遊びながら作った。一つ目と二つ目は男の子用で女の子には三つ目を使っていた」と釈明。「独り善がりの指導をして申し訳ない」と謝罪したという。

 市教委学校教育課は「嫌な思いをした児童と保護者に申し訳ない」と話している。【高木昭午】

 → 毎日.jp:セクハラサイコロ:忘れ物の罰に「キス」 埼玉の小学校

「セクハラサイコロ」のネーミングがセンセーショナルです。キスはもちろんボディタッチなども、今時はタブーになりつつあるんじゃないかと想像しますので、「男児にキス」、「女児に鼻クソ」なんてのは、やっぱり、問題といえば問題になるんでしょう。実際のところ。

ただ、意外に、ネットには擁護するページもあったりします。元教え子が、その先生の思い出を書いたり、事件の報道後先生に会って話を聞いたなどというページです。わたしが見たのは、mixiのページですので、登録されてない方は読めませんけれど、少し引用します。

 俺、小6のときこの先生が担任だった、と思う。
憶測の域を出ないといえば出ないのだが、入間市の小学校教諭、年齢、今年から今の小学校に転勤になった、そして何よりこのようなサイコロを見たことがあったからなどの点から、多分あの人なんだろうなぁ・・・

まぁ、この記事を読む限りでは、よく報道されているようなただのセクハラ教師にしか見えないかもしれない。

でも、この人を俺は小学生の頃、慕ってたんだ。確かに俺が小学生の頃からこの人は他の先生と違うようなオーラというか、一言で言えば「ぶっ飛んでる」先生だった。
なんというか、周りの先生は保守的だったんだけど、この人は違った。普通に怒るときは本気で怒ってくれたし、このサイコロとかもあの人なりの悪ふざけだったと感じたし、そこまで酷くはなかった。
「鼻くそつけ」とか引いた時、鼻を手で隠して指を鼻に入れるフリをしてたりとか。俺はあの人なりのユーモアとして捉えていた。

実際にこの人のことが嫌いって人もいたけど、俺みたいに慕ってた人もわりといた。
 → ・∀・さんの日記:「すごいショック・・・言葉では表せられないけど書いてみる 2010年10月26日

 まず始めに明言しておきますが、この日記の書いてあるもの全てに確実な情報ソースがあるわけではありません。これを真実と見るか、出鱈目だと見るかはこれを読んでいる皆さん自身の判断に委ねます。

私は決してこれが真実だと皆さんに押し付ける気はありません。


まず、どこから話せばいいのか分からないですが、あのサイコロはずっと前から使用はしていたそうなのですが、ついこの前までこのサイコロは男子児童にしか振らせていませんでした。もちろん、サイコロを振らせるにはそれなりの理由があっての事です。それに、このサイコロもガチでキスやら鼻くそつけをしたのではなく、あくまでフリだったという、当時の私の時と何もスタイルは変わっていないと言ってました。それに、これもユーモアの一つとして児童達も解釈し、笑いのある楽しいクラスを演出していたそうです(私の時もそうでした)。それに、この先生は
「女子児童に触るようなことは絶対しない。セクハラで訴えられるから」
と私が小学生の時から言っていました。
「僕が教わってた時と、その先生のスタイルは変わっていないのですね?」
と念を押して聞いたところ
「当たり前だ」
と話していました。
しかし、ここ最近、男子児童が「男ばっかりずるい、女子用も作ろうよ」といった趣旨の提案をしてきて、女子用のサイコロを"生徒達と一緒に"作ったそうです。
男子児童「ハグっての入れようよ」
先生「ハグってどういう意味なんだ?」
なんていう会話をしながら作ったと言ってました。そして、この作られたサイコロをこの先生は「セクハラサイコロ」と名付けたそうです。

この件に関して私が日記を書いて、先日の保護者会に出席された数名の保護者さんから話を伺うことができました。その話によると
「この先生が懲戒免職になることに危惧を抱いたり、中には泣いてしまう児童も数名いた。」
「もしこの先生が辞めてしまうとなれば、署名活動は必至だろう。」
との事ですし、先日フジテレビの情報番組『とくダネ!』にて、この先生の担任クラスに無記名で行われたアンケートにてセクハラサイコロはあっても良いと思う生徒は33人中31人だったそうです。
たくさんの他の先生方や私のような元教え子がマスコミに対して抗議をしたほうが良いと助言をもらったとその先生は言ってました。しかし、この先生は
「俺が我慢すればいいんだ。児童や保護者にさえ信じてもらえればそれで良い」
と言っていました。
それに、現に大多数の児童・保護者には支持されているというのは、保護者会に出席した保護者の証言や無記名アンケートからも明らかなのではないでしょうか。
 → ・∀・さんの日記:「その先生に会って話を聞きました。 2010年10月28日

報道とmixiの文章の間に大きな矛盾点はないでしょう。ただ切り口が違いますね。実際、この先生の「セクハラサイコロ」は最近始まったものではなくて、どうやら前の学校から続いていたようです。問題があったらすぐにマスコミが騒ぐこの時代に、長いこと続けられたということは、逆に言えば、それなりに生徒から支持を受けていたものだったということも言えそうですけれど。

また、こんな記事もあります。

 ある元生徒の女性は、mixiで「私たちが飽きないように、いろんなことをして楽しませてくれました。私は小学校6年間で一番好きな先生です」「セクハラや、わいせつ行為などが騒がれている今、先生の行ったことが行き過ぎていたのかもしれません。そして、『嫌だと思う人もいる』ということも事実だと思います。ですが、決してロリコンや変態教師と呼ばれるような人ではありません。ユーモアにあふれたすばらしい先生です」とつづっている。
 → ヤフーニュース:「「セクハラサイコロ」のマスコミ報道に、元生徒らはmixi上で教師を擁護 サーチナ 10月27日(水)」

こっちのソースをわたしは読んでいません。

いずれにしても、「セクハラサイコロ」のネーミング自身が示すほどには、セクハラが目的ではなかったんだろうと思われます。先生自身の欲望から女児や男児の身体にタッチしたいというようなお下劣な目的ではなくて、先生自身がインタビューに答えていたように、「生徒へのサービス」ということに納得してしまいます。「そんなサービスがあるものか?」と思う人はいるでしょうか? わたしは大きな疑問は感じません。こういうゲーム感覚って、基本的に子どもは喜ぶものだと思いますから。

どんな報道でもそうなのですが、一面からレッテルを貼るような形でなされてしまうことが往々にしてあります。わたしは、この「セクハラサイコロ」に関してそういう指摘がなされていることに、素直にうなづける要素を感じるのです。

ここからは、あくまでわたしの印象でしかありませんが、上の書いた二人の先生が若かったのに対して、こっちの先生は59才です。59才で小学校の担任をするというのが、どんなものかなかなか想像できませんが、相当の努力や工夫が必要じゃないでしょうか。上の若い先生のクイズやパズルに比べて、授業中の忘れ物の注意をするのに手製のサイコロを作るなんてなかなか工夫していると思います。もちろん、セクハラはいけませんけれど。

真相は教育委員会なり、学校なりが調べればそれでいいわけで、ま、わけもわからんのに、その一面をとりあげて人格まで否定するのはよくありませんね。上に引用したヤフーニュースでも書かれています。

 教育の現場では、荒廃や相次ぐ不祥事などが報じられているが、物事にはあらゆる側面がある。セクハラ教諭、モンスターぺアレントなどの安易な言葉で、一部分だけをクローズアップすることは危険なのかもしれない。(編集担当:李信恵・山口幸治)
 → ヤフーニュース:「「セクハラサイコロ」のマスコミ報道に、元生徒らはmixi上で教師を擁護 サーチナ 10月27日(水)」

わたしが言いたいのはこういうことでもあります。つまり、マスコミのあり方ですね。果たして十分な取材に基づいているのか、一部の被害者の一方的な主張を、興味本位に切り取ったものになっていないかと思ったのです。

同時に、わたしたち情報の提供を受ける側も、そういう報道の特徴を知る必要があるということも言えるのではないでしょう。ITがどうのこうのという以前の、情報リテラシーですね。


とってつけたようになりますが、整理です。

教育関係の3つのニュースに共通点があると感じました。このセクハラサイコロを含めて、教育の現場が、テレビやゲームのノリになっているということです。そんなものがテストなのか? そんなの授業でしていいのか? というような指摘がありますが、セクハラサイコロ同様に、先生のサイドの「サービス精神」だったのではないかと思うのですね。もちろん、TPOやレベルの違いにはいろいろありますけどね。

「〇〇が殺された、犯人は誰だ?」なんてクイズはテレビでいくらでもやってるし、「〇〇診断」「○○占い」なんてのも、うちのブログもそうですが、ブラックな内容のものを含めて、子どもたちは普通に接してると思います。それを授業でしていいかどうかの判断はともかく(ま、ここが問題なのですけどね)、このサイコロを作ったのと同じような、生徒の興味や関心への歩み寄りがあると思います。

テレビやゲームで育った飽きっぽい生徒の関心を引くために、教師のする工夫がテレビやゲーム的なものになってしまいがちなんですよ、今時は。そしてついつい踏み外してしまったときに、保護者の対応が学校へ向かうのが極端な形になるんです。同時にマスコミにも情報が流れちゃう。いや、誰かがここぞと流しちゃうって要素もあるんじゃないでしょうか。

そして、マスコミが十分な取材もせずレッテル貼りのような、センセーショナルな報道をして、ワイドショーでもさらに興味本位にとりあげる。コメンテーターが決め付けたような、道徳の教科書のような単純な切り口で非難する。それをネタに、ネットなどで攻撃が広がる。そんな格好になっています。

そういう現代的な中で、せめてマスコミに流れて学校や教師が傷つく前に、家庭と学校とがうまく協力できるような関係になっていけばいいと思うんですけどね。犯人探しや糾弾をする前に、そういうことをせざるを得ない現状を把握して、悩みを共有し、解決策を模索するくらいであってほしいと思います。

COMMENT



2010-11-01-Mon-01:28
東海市の高校の この問題 以前 脳内エステIQサプリで 出ていたよ。
その時も 家庭科の先生が 犯人だったよ。
でも 脳内エステIQサプリでは 血文字ではなく ホワイトボードだったけれど。


☆日本共産党めっちゃ大嫌い男さん

2010-11-01-Mon-08:13
はじめまして

ああそうでしたか。IQサプリの問題ですか。同じ問題なら、家庭科の先生が犯人でしょうけどね。

ここまでのことになるほどの問題でもないと思うのですが、ま、この先生にももう少し考えて欲しいという部分や、この先生にもがんばってほしい部分はありますね。

報道ってなに?

2010-11-01-Mon-15:51
報道ってなに?

納得です

2010-11-12-Fri-13:26
とても素敵な考えなので引用したりリンクを貼っても良いですか?

☆青虫さん

2010-11-12-Fri-14:19
へいどうも~。

そもそも引用やリンクに許可が必要という考え方にたっておりませんので、どうぞ。トラックバックを送っていただけると、ほかにお読みの方の参考にもなるかと思います。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2576-ddc8e967

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。